" />

【ミラノ大観光名所】大聖堂(ドゥオモ)の見どころを徹底解説!

観光
12568views

イタリ・ミラノ観光へ行くなら必見のミラノ大聖堂(ドゥオモ)。せっかくドゥオモに行くならば、見どころは知っておきたいところですよね。そこで今回は、ミラノ大聖堂の魅力を大紹介します!また、アクセス方法、注意点についても紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)とは?

ミラノで一番有名な観光名所のミラノ大聖堂(ドゥオモ)[イタリア語:Duomo di Milano]は、ミラノの中心地のドゥオモ広場にあり、近くにはスカラ座などがあります。建築が開始されたのは、1386年までさかのぼり、大司教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノ領主ジャン・カレアッツォ・ヴィスコンティの命令によるものです。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)は高さが108メートル・奥行157メートル・幅は93メートルあり、大きさや広さでは世界で2番目を誇っています。1300年代から着工がはじまり、完成まで約5世紀という長い年月がかかっている傑作!世界最大級のゴシック建築であり、特に135本ある尖頭は圧巻です!

他にもファサード(正面入り口)や多数の彫刻、屋上からの眺め、ステンドグラスなど見どころ満載!さらに聖堂に使われている石柱や天井の高さなども注目ポイントです。また、イタリアには現在45か所以上の世界遺産がありますが、ミラノ大聖堂(ドゥオモ)は世界遺産に入っていません。世界遺産でなくてもミラノ大聖堂には魅力がたくさん。以下、ミラノ大聖堂の見どころを徹底的に紹介していきます!

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)見どころ①:ファサード(正面入り口)

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の青銅でできている入り口の5つの各扉には、細かな彫刻があり、扉それぞれに名前が付けられています。西洋建築では、多くの人の目につきやすい正面のデザインといったものをとても大切にしており、重要な価値をもつものと考えられているためです。

有名な中央の最大の扉は、キリストと聖母マリアのストーリーが描かれています。また、中央扉の右側は、生まれたばかりのキリストを抱く聖母マリアの姿、そして、中央扉の左側はキリストが処刑された時の聖母マリアの悲しむ姿が見れるでしょう。キリストと共に聖母マリアの喜びと悲しみが巧みに表現されていますね。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)見どころ②:ステンドグラス

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の内部は、何十枚ものステンドグラスで飾られおり、当時文字の読めない人にも聖書お話を伝えようと、ステンドグラスの一枚一枚に聖書の内容を伝えるデザインが施されています。ステンドグラスは、19世紀に入り一部交換もされていますが、ほとんどが14~15世紀につくられたものが多いのが特徴です。ぜひ、ステンドグラスに差し込む光とともに、すばらしステンドグラスを観察してみましょう。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)見どころ③:聖バルトロメオなどの彫刻

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)には、全部で約3500の彫刻があります。外観にも彫刻が多数あり、教会の発展に力を注いだ人物や聖人達の彫刻です。

特に目を引くのは、聖バルトロメオの彫刻でしょう。聖バルトロメオは、聖書にも登場する人物でキリストの十二使徒の1人と伝えられています。逮捕され、生きたまま生皮をはがされて亡くなったようです。その姿が彫刻にも表現されており、彼の肩には自分の生皮をかけているとされています。

彫刻だけでも当時の芸術の高さや、人々の彫刻に込められた思いを感じることができるのではないでしょうか。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)見どころ④: ROOFTOPS(屋上)

屋上に行くには、階段を上っていく方法とエレベーターで行くという2つの方法があります。チケット購入の際には、屋上までのアクセス手段を選択しましょう。おすすめは、風景を眺めながら登れる階段です。屋上は、ミラノの素晴らしい眺めが一望できるスポットになっています。また、彫刻の細部まで見ることができ、尖塔の素晴らしさや壮厳なたたずまいを身近に感じることができるのでおすすめです。天気の良い日には、屋上に行ってみましょう。

ROOFTOPS(屋上)

営業時間:09:00~19:00(チケット購入は18:00まで)

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)公式ページ

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)見どころ➄: ARCHAEOLOGICAL AREA (地下の考古学エリア)

地下の考古学エリアもおすすめです。地下へは、入り口近くの階段を下りて行くとたどり着けます。ここには、かつての教会や洗礼堂の遺跡など、ミラノ大聖堂(ドゥオモ)広場の地下で発見されたものが展示されているエリアです。数千年前の遺跡が見れるため、考古学的にも大変貴重なものとなっています。地下の見学をして古代の世界を感じてみませんか?

ARCHAEOLOGICAL AREA (地下の考古学エリア)

営業時間:09:00~19:00(チケット購入は18:00まで)

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)公式ページ

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)見どころ⑥:尖塔

当時の流行であるゴシック建築で建てられたミラノ大聖堂(ドゥオモ)には、135本の尖塔があります。天に向かって真っすぐ伸びている尖塔の先には、それぞれ別の聖人が立っています。一番高い尖塔には、黄金のマリア様が立っており、ミラノを見守っているようですね。屋上からもマリア様を眺めることができますよ!

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)見どころ⑦:夜のライトアップ

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の美しさは日中でも十分に楽しめますが、夜のライトアップも一段と素晴らしく、インスタ映えするのでお勧めです。大理石の美しさがより際立ち、ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の存在感に圧倒されるでしょう。昼だけでなく、時間があれば夜の時間の観光もおすすめですよ!また、外観の写真撮影は年中可能ですので、時間を気にすることなく写真撮影を楽しんだ後は、周辺のレストランへ行ってみましょう。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)へのアクセス方法

ミラノの中心部であるミラノ中央駅からミラノ大聖堂(ドゥオモ)へのアクセス方法は、主に2つあります。以下に紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

タクシーで行く場合

 ミラノの中心部のCentrale FS(ミラノ中央駅)からDuomo(ミラノ大聖堂)までの料金は約13ユーロ、所要時間は約15分です。荷物の多い時や長時間のフライト、小さなお子様連れの時などは、無理せずにタクシーを利用しましょう。

 地下鉄で行く場合

ミラノの中心部のCentrale FS(ミラノ中央駅)からDuomo(ドゥオモ駅)までは4駅なので7分ほどで到着します。地下鉄の3号線の黄色い電車に乗り、1.5ユーロでアクセスできる方法なのでおすすめです!地下鉄の到着駅Duomo(ドゥオモ 駅)からミラノ大聖堂(ドゥオモ)までは、徒歩1分ほどで到着するので、天気が悪い時も便利に利用できるのが嬉しいですね。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)での注意点!

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)を観光する際には、いくつか留意しておくことがあります。ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の営業時間やチケット購入方法、聖堂内で気を付けることについて紹介しますので、参考にして下さいね。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の営業時間について

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の営業時間は、聖堂内の場所によって違っているので注意が必要です。チケットの購入は、営業時間の1時間前には終了しますので、注意しましょう。

Cathedral(大聖堂)
住所 Piazza Della Duomo, Milan,Italy
電話 +39-02-7202-3375
営業時間  営業時間:08:00~19:00(チケット購入は18:00まで)
URL http://www.duomomilano.it/
ROOFTOPS(屋上)とARCHAEOLOGICAL AREA (地下の考古学エリア)
営業時間  営業時間:09:00~19:00(チケット購入は18:00まで)
URL http://www.duomomilano.it/

ミラノの大聖堂(ドゥオモ)のチケットについて

以前は、入場料無料でしたが、現在はミラノ大聖堂(ドゥオモ)の内部へ入場する際には、料金が必要になっています。現地で購入する場合は、建物の右手の方にありますが、混雑してることも多いので、時間に余裕をもって並びましょう。また、オンラインで購入する場合は、チケット1枚につき2ユーロの手数料がかかるので、注意して下さいね。

【チケットの種類とおすすめチケット】

場所ごとのシングルチケットもありますが、おすすめは、①Duomo Pass Lift(屋上までエレベーターを使用)・②Duomo Pass Stairs(屋上まで階段を使用)・③Fast Track Pass ROOFTOPS(Fast Track by lift)(屋上まで優先エレベーターを使用)の3種類があり、それぞれ屋上までのアクセス方法が異なっており、72時間有効のチケットです。また、この3種類のチケットの料金で、共通に見学できるスポットを記載しましたので、参考にして下さいね。

おすすめのチケットの種類と料金
チケットの種類 値段
①Duomo Pass Lift (屋上までエレベーターを使用) €17.5
②Duomo Pass Stairs(屋上まで階段を使用) €13.5 
③Fast Track Pass Rooftops(屋上まで優先エレベーターを使用) €25.5

※オーディオガイド(日本語)は、€5です。参考:現在(2019年7月)、1€は120円

上記①~③のチケットの料金に含まれているもの
  • CATHEDRAL(大聖堂)
  • CRYPT OF ST. CHARLES(地下の聖堂)
  • ARCHAEOLOGICAL AREA(地下の考古学エリア)
  • DUOMO MUSEUM(聖堂内美術館)
  • CHURCH OF SAN GOTTARDO(サン・ゴッタールド教会)
  • ROOFTOPS (屋上)
  • スマホ以外の館内での撮影

チケット予約サイト:https://www.duomomilano.it/en/buy-tickets/

セキュリティチェックと治安について

セキュリティチェック

入り口では、セキュリティチェックを実施しています。テロ対策などのため、大きな荷物などは持ち込めないので、入る前には事前に預けるなどしておきましょう。

周辺の治安

また、ミラノ大聖堂(ドゥオモ)周辺間の治安は、それほど悪くはありませんが、スリや置き引き、さらに物売りには注意が必要です。特にタダと言われて、もらった後に、料金を要求されたりするトラブルも多く発生しているようです。不要なものはきっぱりと断りましょう。

服装と写真撮影について

聖堂内の服装

聖堂であるため、短パンやノースリーブといった服装では入場できません。特に女性の方は気を付けて下さいね。必ずセキュリティの人に注意を受けるようです。

写真撮影

また、写真撮影については、外部の写真撮影はもちろん無料ですが、ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の入場料のみで見学した場合、スマホ以外での撮影は、別途料金(2ユーロ)が必要になっているので、注意しましょう。

ミラノ大聖堂(ドゥオモ)の観光を楽しもう! 

ミラノにそびえ立つ世界最大級のゴシック建築である、ミラノ聖堂(ドゥオモ)は、多数の尖塔やステンドグラス、ファザードなど、圧倒するスケールと荘厳な雰囲気を併せ持っている建物です。ミラノ大聖堂(ドゥオモ)は、500年という長い年月をかけて人間の英知を結集して建てられた人類の傑作

聖堂内を見学する際には、お得な上記のPASSチケットを購入してじっくりと見学しましょう。また、外観は、年中観光が可能なため、昼夜を問わず見学できるのも魅力的。ミラノ大聖堂(ドゥオモ)は、世界中の観光客が押し寄せる観光スポットであり、人々にひとしおの感動を与え続けるでしょう。ミラノでショッピングやグルメを楽しんだ後は、ぜひミラノ大聖堂(ドゥオモ)を観光して下さいね♪

RECOMMEND ミラノのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事