" />

芸術の街《プラハ》で見るべき美術館8選&音楽博物館&宮殿..総まとめ

アート・エンターテイメント
190views

中世の時代から音楽やアートとの関わりが深いプラハ。

歴史ある建物を利用した美術館や博物館を巡る一日は、プラハ旅行のおすすめの過ごし方のひとつです。

そこで今回は、プラハの美術館&博物館情報をお届け!

定番の美術館から、のんびり過ごせる穴場スポットまで、プラハのおすすめ美術館&博物館を徹底解説していきます!

プラハの美術館&博物館があるエリアは?

美術館や博物館が豊富なプラハ。コンパクトな市内には大小様々な美術館や博物館が約50施設も存在しています。

プラハ出身の芸術家の作品を展示する美術館、プラハの歴史を伝える博物館、世界的に大人気のおもちゃの博物館など、展示内容も様々。

プラハでは、大人から子供まで、誰もが興味のある展示を行っている美術館・博物館を見つけることができるでしょう。

それら美術館・博物館の多くは、カレル橋の架かるヴルタヴァ川を挟んで東西に位置する、「旧市街・ユダヤ人地区」「マラーストラナ地区」にギュッと密集しているのが特徴です。

地下鉄、バス、トラムなどの公共交通が発達しているプラハでは、観光の移動もとても便利。

プラハは徒歩や交通機関を利用してサクサク観光が楽しめる、まさに美術館や博物館巡りで一日を過ごすのにぴったりの街なのです!

プラハの移動手段・交通事情について、詳しくは「プラハの移動で迷わない!5つの交通手段を徹底攻略 」をご覧ください!

芸術の街・プラハで必見の美術館&博物館8選

まずご紹介するのは、プラハを代表する人気の美術館・博物館たち。

この8ヶ所の美術館・博物館を中心に回れば、プラハの街の歴史や文化、芸術について一通り知ることができます!

プラハ必見の美術館・博物館①ミュシャ美術館

アールヌーボーの時代に最も活躍した日本でも人気の高いチェコ出身の芸術家「アルフォンス・ミュシャ」にまつわる美術館は、旧市街広場から徒歩約10分の場所にあります。

この美術館の展示のメインとなるのは、ミュシャの描いた華やかで繊細な作品の数々。

小規模な美術館ですが、ミュシャの家族が保管していた下絵やスケッチなどプラハならではの貴重な品は、ファン必見です。

美術館内ではドキュメンタリー映像や写真なども展示されており、祖国・チェコを愛したミュシャの生涯についても詳しく知ることができます。

また、ミュシャ美術館の中にあるショップで購入できるポストカードなどグッズは、プラハ旅行のお土産にもぴったりです。

ミュシャ美術館耳寄り情報

ミュシャは、プラハの人気観光スポット・プラハ城内部にある「聖ヴィート大聖堂」ステンドグラスのデザインも手掛けています。

事前にミュシャ美術館で作者のミュシャについて予習しておくと、聖ヴィート大聖堂の観光もより一層楽しめますよ!

ミュシャ美術館 基本情報
住所 Kaunicky palac, Panska 7, 110 00 Praha 1
営業時間 10:00~18:00(年中無休)
所要時間 約1時間~
料金

大人:300 CZK

子供:200 CZK

公式サイト https://www.mucha.cz/en/(日本語表記あり)

プラハの教会について、詳しくは「プラハで見るべき教会4選!聖ヴィート大聖堂&コンサート情報まとめ 」をご覧ください!

プラハ必見の美術館・博物館②プラハ市立博物館

ユダヤ人地区の地下鉄フローレンス駅からすぐのプラハ市立博物館。

古代から現在に至るまでのプラハの歴史を中心に、芸術史や考古学関連の資料を展示しています。

旧市街広場にある観光名所「天文時計」オリジナルの文字盤を見ることができるのも、この博物館。

また、200年ほど前に作られたプラハ市を再現した巨大ミニチュアや、3D映像の上映も見逃せません。

観光の中心となるエリアから少し離れた場所にあるため、基本的に館内は静か。ゆっくりと展示を見て回ることができます。

プラハ市立博物館 基本情報
住所 Na Poříčí 52/1554 180 00 Prague 8
営業時間 9:00~18:00(月曜休み・毎月最終水曜日は20:00まで営業)
所要時間 約1時間半~
料金

大人:150 CZK

子供:60 CZK

公式サイト http://en.muzeumprahy.cz/

プラハ必見の美術館・博物館③プラハ国立博物館

新市街地区のヴァーツラフ広場南側にあるプラハ国立博物館は、収蔵品数約1400万点という、チェコ国内最大規模を誇る総合博物館です。

チェコ共和国で発見された文化財を中心に、ボヘミア地域の歴史・自然・芸術まで幅広い分野に渡ります。

プラハ国立博物館は、約200年前の1818年に創設

シンメトリーのデザインが目を引く博物館の建物は、19世紀末に建てられたもので、国の文化財にも指定されています。日没後のライトアップされた姿も必見。

建物内部の装飾も美しく、中央ホールは大ヒット映画「ミッション・インポッシブル」のシリーズ一作目の撮影にも使用されました。

中世から続く博物館の歴史を肌で感じることができるでしょう。

また、2018年10月に完了した建物内部の全面リニューアルによって、展示空間は2倍の広さよに!

プラハで美術館・博物館巡りをするなら、絶対に外せないスポットです。

プラハ国立博物館 基本情報
住所 Václavské nám. 68, Praha 1
営業時間 10:00~18:00(年中無休)
所要時間 約3時間~半日
料金

大人:460 CZK

子供(6~15歳):340 CZK

公式サイト https://www.nm.cz/en

プラハ必見の美術館・博物館④共産主義博物館

旧市街広場から徒歩10分ほどの位置にある共産主義博物館は、冷戦時代のプラハの市民の生活やチェコ(チェコスロバキア当時)国家の様子を伝える展示を行っている博物館です。

展示内容の解説は、チェコ語・ドイツ語のほかに英語でも表記されていますが、チェコの政治にまつわる歴史が主となるため、英語が得意でなければ理解するのは難しいかも。

しかし、共産党によるプロパガンダポスターや、「プラハの春」「ビロード革命」が起こった当時の様子を写した歴史映像など視覚的に楽しめる展示も充実しています。

ほんの30年ほど前までは共産党の独裁制による社会主義国家であったチェコの歴史を現地で学ぶ時間は、大変有意義なものとなるでしょう。

共産主義博物館 基本情報
住所 V  celnici 1031/4 110 00 Praha 1
営業時間 9:00~20:00(年中無休)
所要時間 約1時間~
料金

大人:290 CZK

子供:250 CZK

公式サイト https://muzeumkomunismu.cz/en/

プラハ必見の美術館・博物館⑤プラハ・ユダヤ博物館

旧市街広場から徒歩5分という短時間で行くことができる、プラハ・ユダヤ博物館。

旧市街の北側、ヨゼフォフと呼ばれるユダヤ人地区にあります。

1906年創設で、現在存在しているユダヤ博物館のなかでは世界最古の博物館のひとつ。

館内ではユダヤ教の歴史や文化に関する資料を展示しています。

また、プラハ・ユダヤ博物館のある周辺一帯には、ユダヤ文化にまつわるスポットが数多くあります。

「シナゴーグ」というユダヤ教の教会や、独特の雰囲気を持つ旧ユダヤ人町、ホロコーストによって迫害された人々の名前が刻まれた追悼碑、多くの墓石が重なるようにに連なる旧ユダヤ人墓地など。

共通チケットを購入すれば、プラハ・ユダヤ博物館とすべての周辺施設に入場できてとてもお得!

ユダヤ人地区一帯は日本ではあまり馴染みのないユダヤの人たちの歴史と文化についてより深く知ることができるので、おすすめです。

注意!

ユダヤ人地区にあるスペイン・シナゴーグ(The Spanish Synagogue)は、現在改装工事のため閉鎖中

2020年冬に再オープン予定です。

プラハ・ユダヤ博物館 基本情報
住所 U Staré školy 1 110 00 Praha 1
営業時間

冬季 9:00~16:30

夏季 9:00~18:00

(土曜・ユダヤ教の祝日は休館。詳しくは公式サイト参照)

所要時間 約1時間~
料金

【共通チケット】

大人:500 CZK

子供(6歳~15歳):350 CZK

公式サイト https://www.jewishmuseum.cz/en/info/visit/

プラハ必見の美術館・博物館⑥ビール博物館

チェコと言えばビール!と言っても過言ではないほど、ビール大国のチェコ。

一人あたりのビール消費量で世界一であるチェコとビールは切っても切り離せない関係です。

そんなチェコの人々が愛するビールについて学ぶことができるのが、旧市街広場から徒歩5分ほどのビール博物館。

ビールの歴史や、昔ながらのビールの醸造方法を解説したパネル、原材料チェコビールのボトルコレクションなど、ビールに関する様々な展示が小さな建物のなかに凝縮されています。

そして、この13世紀に建てられた博物館の地下では、4種類のビールの試飲も楽しめますよ!

試飲できる銘柄は指定されていますが、1杯がそれぞれ中ジョッキほどのサイズで提供されるのは、まさにビール大国チェコならでは。

美術館や博物館巡りの休憩ポイントとしても利用できるので、訪れるビール好きが後を絶たちません。チェコらしい変わり種博物館です。

ビール博物館 基本情報
住所 Husova 7, 110 00 Prague 1
営業時間 11:00~20:00(年中無休)
所要時間 約1時間~
料金

280 CZK

公式サイト http://beermuseum.cz/?lang=en

プラハのビール事情について、詳しくは「プラハでビールに酔う!銘柄5選&ビールの名店ベスト3」をご覧ください!

プラハ必見の美術館・博物館⑦レゴ博物館

ブロック玩具の「LEGO(レゴ)」といえば、きっと誰しもが一度は遊んだことのある、世界中で大人気のおもちゃ

プラハには、そのレゴを使って作られた2500以上の作品群を見ることができる世界最大級のレゴ博物館があります。

作品は20のテーマに分かれて展示されていて、なかにはレゴブロックで再現された国立博物館プラハ城のモザイク画天文時計など、プラハならではの作品も。

最も古い作品は1958年作、数の最も多い作品では1万個以上のレゴブロックが使用されています。

レゴで遊べるスペースが設けられていたり、1階部分がレゴのお土産ショップになっているなど、子供たちにとって夢のような博物館ですが、精巧に作られた作品群は大人にも見応え充分。

場所は旧市街広場から徒歩10分ほど。

レゴ博物館 基本情報
住所 Národní 362/31, PSČ 110 00, Praha
営業時間 10:00~20:00(年中無休)
所要時間 約1時間~
料金

大人:250 CZK

子供:150 CZK

(身長120cm以下の子供は70 CZK)

公式サイト https://www.muzeumlega.cz/en/

プラハのお土産情報について、詳しくは「2019最旬!プラハお土産スポットまとめ|人気雑貨・お菓子・ビールetc」をご覧ください!

プラハ必見の美術館・博物館⑧フランツ・カフカ博物館

カレル橋の西側のマラーストラナ地区、ヴルタヴァ川沿いにあるフランツ・カフカ博物館

「城」や「変身」などの作品を世に送り出し、40歳という若さでこの世を去った、チェコ出身の世界的な作家「フランツ・カフカ」にまつわる品々を展示しています。

館内では、カフカの遺した原稿や絵のほかに、カフカと関わりのあった女性たちにフォーカスしたコーナーや、カフカが暮らしていた頃のプラハの様子など、カフカに関連する幅広い内容の展示を見ることができます。

生前のカフカはネガティブな人物であったということから、館内の照明を暗めに設定するなど、演出の面にもこだわりが。

博物館全体でカフカの世界観を表現している個性派博物館です。

フランツ・カフカ博物館 基本情報
住所 Cihelná 2b 118 00 Prague 1
営業時間 10:00~18:00(年中無休)
所要時間 約1時間~
料金

大人:260 CZK

子供:180 CZK

公式サイト https://kafkamuseum.cz/en/

プラハならでは!音楽にまつわる博物館3選

プラハはアートだけでなく、オーストリアのウィーンと並ぶ「音楽の街」としても有名。

いたるところでクラシック音楽が流れ、路上で演奏しているアマチュアバイオリニストなどの姿も多く見かけます。

そんな日常の中に音楽が溶け込んだプラハでは、音楽にまつわる博物館へ行ってみましょう!

チェコが生んだ2人の音楽家について知ることのできる博物館など、おすすめの3ヶ所をご紹介します。

プラハで音楽に浸れる博物館①チェコ音楽博物館

音楽ファンや特に楽器を演奏する方におすすめなのが、マラーストラナ地区にあるチェコ音楽博物館

チェコ音楽博物館は、2004年にオープン。歴史ある美術館や博物館の多いプラハでは比較的新しい施設です。

名前の通り、チェコの音楽史や楽器に関する展示を行っており、歴史的な価値のある珍しい楽器も豊富に揃えられています。

必見なのが、モーツァルトが演奏したピアノの展示。モーツァルトととの縁の深いプラハならではの、貴重な展示品です。

さらに、この博物館では楽器の姿を見ることができるだけでなく、その音色をヘッドホンで試聴することも可能。

見ただけではわからないそれぞれの楽器の持つ魅力を、存分に堪能することができますよ。

チェコ音楽博物館 基本情報
住所 Karmelitská 2/4, 118 00 Praha 1
営業時間 10:00~18:00(火曜休み)
所要時間 約1時間~
料金

大人:120 CZK

子供:80 CZK

公式サイト https://www.nm.cz/en/visit-us/buildings/czech-museum-of-music

プラハで音楽に浸れる博物館②ベドジフ・スメタナ博物館

プラハの中心を流れるヴルタヴァ川のドイツ語名は「モルダウ川」。そう、日本でも広く知られている交響詩「わが祖国」の第2曲の「モルダウ」です。

楽曲からイメージされる通りゆったりと流れるヴルタヴァ川の河畔に、「わが祖国」やオペラ「売られた花嫁」などを作曲した、チェコ出身の音楽家ベドジフ・スメタナ」の生涯とその業績についての展示を行っている、ベドジフ・スメタナ博物館が建っています。

ルネッサンス様式の美しい建物は、かつてスメタナが暮らしていた宮殿を博物館に改装したもの。

館内では、スメタナが書いた手紙や写真、50歳頃に聴力を失ってしまったスメタナ本人の耳の骨など、スメタナに関する展示品を見ることができます。

場所は、旧市街広場から徒歩で10分ほど。

比較的空いていて、楽曲「モルダウ」のインスピレーションとなったヴルタヴァ川を眺めながら、ゆっくりと過ごすことのできる博物館です。

ベドジフ・スメタナ博物館 基本情報
住所

Novotného lávka 1 110 00 Praha 1

営業時間 10:00~17:00(火曜休み)
所要時間 約1時間~
料金

大人:50 CZK

子供:30 CZK

公式サイト https://www.nm.cz/en/visit-us/buildings/bedrich-smetana-museum

プラハで音楽に浸れる博物館③ドヴォルザーク博物館

アントニン・ドヴォルザークは、ベドジフ・スメタナとともに、チェコを代表する作曲家として世界的に有名な人物。代表作には、交響曲第9番「新世界より」などが挙げられます。

そんなドヴォルザークにまつわる博物館があるのは、観光の中心地から離れた、カレル橋の南東「新市街エリア」

静かな住宅街に佇む、赤い壁の建物と入り口の華やかな門が博物館の目印です。

小さな博物館ですが、館内にはドヴォルザークが実際に使用していたピアノや作曲を行っていた机、直筆の楽譜などを展示しており、ドヴォルザークの楽曲を聴いて楽しむこともできます。

入場料も安いので、ファンなら一度訪れる価値有り。

ドヴォルザーク博物館 基本情報
住所 Ke Karlovu 20Prague 120 00
営業時間 10:00~17:00(月曜休み)
所要時間 約1時間~
料金

大人:50 CZK

子供:30 CZK

公式サイト https://www.nm.cz/en/visit-us/buildings/antonin-dvorak-museum

かつて宮殿だった・・プラハで歴史ある3つの美術館!

旧市街などプラハの街中を歩いていると、豪華な装飾が施された立派な建物を目にします。

これらの建築は、中世の時代に貴族たちが建設し、メンテナンスを繰り返しながら今日まで保存されてきた歴史ある宮殿たち。

現在は美術品やアートを展示する美術館として使用されています。

ここでは、プラハ市内に部門別に分かれて点在している「プラハ国立美術館群」の一部を含む、3つの宮殿をご紹介します。

プラハの宮殿美術館①キンスキー宮殿

プラハの観光名所・旧市街広場に、はみ出すように建っているキンスキー宮殿

18世紀後半に建てられたこの宮殿は、移りゆくプラハの歴史のなかで様々な用途で利用されています。

19世紀にドイツ語教育の学校として使用されていたときには、チェコ出身の作家「フランツ・カフカ」もこの宮殿でドイツ語を学びました。

現在は2階と3階部分がプラハ国立美術館群の一部として利用されており、テーマごとに世界各地の美術館の作品など、期間限定の展示が開催されています。

美術館への入場料は、開催されているエキシビジョンによって変動するため、事前に公式サイトで確認をしましょう。

館内は静かで落ち着いているため、観光客で混み合う旧市街の喧騒を離れて、リラックスするのにもおすすめです。

旅行する時期によっては、世界的な巨匠の作品を目にすることができるかも!

キンスキー宮殿 基本情報
住所

Staroměstské náměstí 12 110 00 Praha 1

営業時間 10:00~18:00(月曜休み)
所要時間 約1時間~
公式サイト https://www.ngprague.cz/en/budova/palac-kinskych/

プラハの宮殿美術館②ロブコヴィツ宮殿

ロブコヴィツ宮殿は、プラハ城東門の側にある、城内で唯一の私設美術館

1668年に建てられたこの宮殿では、中世の芸術家たちを資金面で支えるスポンサーとなっていた貴族、「ロブコヴィツ家」が収集した美術品の数々を目にすることができます。

個人が収集した美術品を展示した美術館ということもあり、内容は有名画家の絵画作品から陶磁器まで様々。

一時期モーツァルトやベートーヴェンを支援していたことから、彼らの貴重な自筆の楽譜なども展示されています。

また、この美術館では、入場時に日本語に対応したオーディオガイドを無料で借りることができるので、英語が分からなくてもじっくり楽しめるのもポイントです。

美術館に併設されたカフェのテラス席から眺めるプラハの街並みは感動的!プラハ城の観光の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

ロブコヴィツ宮殿 基本情報
住所 Jiřská 3, 119 08 Praha 1
営業時間 10:00~18:00(年中無休)
所要時間 約1時間~
料金

大人:295 CZK

子供(7歳~15歳):220 CZK

公式サイト https://www.lobkowicz.cz/lobkowicz-palace

プラハの宮殿美術館③ヴェレトゥルジュニー宮殿

マラーストラナ地区のさらに北側にあるヴェレトゥルジュニー宮殿も、前述のキンスキー宮殿と同じく、プラハ国立美術館群のひとつ。

中世の面影を残すキンスキー宮殿やロブコヴィツ宮殿とは異なり、機能性を重視した近代的な外観の建物が特徴です。

ヴェレトゥルジュニー宮殿は、作品が作られた時代別や国別に4フロアに分かれている大型の美術館

美術館内部もモダンで開放的な空間となっており、常設展では19世紀から20世紀にかけてのアートを展示しています。

ルソー、ピカソ、クリムト、ミュシャなどの近代に活躍した著名な画家たちの作品が揃う豪華な内容ですが、ヨーロッパの他国の美術館と比べると圧倒的に静かで空いているため、有名画家の作品をのんびりと見ることができる穴場スポットになっています。

全体を見て回るなら、半日はかかると覚悟しておきましょう。

ヴェレトゥルジュニー宮殿 基本情報
住所 Dukelských hrdinů 47 Holešovice Prague
営業時間

10:00~18:00(水曜のみ20:00まで営業。年中無休)

所要時間 約4時間~半日
料金

大人:220 CZK

子供:120 CZK

公式サイト https://www.ngprague.cz/en/budova/veletrzni-palac/

プラハで美術館&博物館三昧の一日を!

徒歩や公共交通機関で移動できる範囲に、たくさんの美術館や博物館が集中しているプラハは、一日まるごと芸術に浸ることのできるアート好きにはたまらない都市。

各美術館・博物館がそれぞれ展示内容にも工夫を施し、老若男女を問わず、幅広く芸術に触れる機会を与えてくれています。

プラハ市内には、この記事では紹介できなかった小さな美術館や博物館がまだまだたくさんあります。

プラハを旅行する際には、ぜひ、美術館・博物館巡りを観光プランに組み込んでみてくださいね!

RECOMMEND プラハのおすすめ記事

RELATED ARTICLES アート・エンターテイメントカテゴリの関連記事