" />

プラハでビールに酔う!銘柄5選&ビールの名店ベスト3

グルメ
113views

美しい街並みが魅力のチェコですが、実は世界一のビール消費大国という側面を持っています。

プラハ観光ではビールを飲まないわけにはいきません!

この記事では、チェコの首都プラハのビール事情についてご紹介。

ビールが飲めるおすすめ店美味しいビールの種類など、ビールにまつわる情報を徹底解説します! 

ビール大国チェコ!知っておきたいプラハのビール事情

ビール大国といえば、ドイツやベルギーを思い浮かべる人が多いのでは?

でも実は、世界一のビール大国は、チェコ共和国。

チェコは国民一人あたりのビール消費量が世界一!この記録は25年以上破られず、2017年の年間一人あたりのビール消費量は、なんと143.3リットルだというから驚きです。

また、チェコはピルスナービールの発祥の地でもあります。

日本の大手銘柄のビールはほとんどピルスナービールになるので、チェコ現地でも日本人にも親しみのある味わいのビールが楽しめます。

チェコビールの特徴

チェコで主流のピルスナービールはモルト感が強く、風味や苦みをしっかりと感じる味が特徴。

日本のビールでいうと、エビスビールやプレミアムモルツが好きな人にぴったりです。

また、日本のビールと比べるとアルコール度数は若干低め

ちなみに、11°のような表示はアルコール度数ではなく麦汁濃度を示したものなので勘違いしないように!

ベルギービールの標準は11°ぐらいで、数値が高いほどコクが強くなります。

ピルスナービールとは?

ピルスナーは19世紀にチェコのピルゼン地方が発祥の黄金色のビール。

淡色麦芽とノーブルホップ、そして軟水を使っているのが特徴で、ホップの味が効いたすっきり飲みやすいビールです。

プラハのビールは格安?

物価が安いことで知られるプラハですが、ビールの安さは特別。

同じ量で比較したときに、ミネラルウォーターよりも安いことで有名です。

例えば標準サイズの500mlのビールは、レストランやビアホールで飲んでも1杯200円ほど

スーパーでは、日本円で約50円程度で安く買うこともできます。

ただし、観光客向けのお店では、若干料金が高くなるので注意が必要。

有名な観光スポットから離れた、地元の人が多く集まるお店に行くのが安く飲むコツですよ。

プラハでビールが飲めるのはどんなお店?

ビール大国のチェコでは、たいていのレストランでビールが飲めます

チェコの伝統的な料理は、どれもビールに合うものばかり!

また、ホスポダピヴビッツェといったビールに特化したお店もたくさんあります。

  • ホスポダ 日本でいう居酒屋のようなお店 
  • ピヴビッツェ ビアホールやビール専門店

それぞれのお店ごとに決まったビールメーカーと契約をしているので、基本的に生ビールはそのメーカーの銘柄だけが飲めるようになっています。

瓶ビールであれば、様々な銘柄を取り扱っているお店があるのでぜひチェックしてみましょう。

プラハではビールは18歳から飲める!

チェコの法律では、18歳から飲酒が可能。

プラハを旅行しているときはチェコの法律が適用されるので、なんと日本人でも18歳からビールが飲めるのです。

ただし、お酒は体質に合わない可能性もあるので、日本でお酒を飲んだことがない人は、現地での飲酒を避けるのが懸命でしょう。

チェコではビールの注ぎ方がオーダーできる!

ビール大好きチェコ人は、お店でビールの注ぎ方まで指定する風習があります。

主な注ぎ方は、HLADINKA、MLIKO、SNYTの3種類です。

  • HLADINKA
    最も標準的な注ぎ方。日本でよく見られるのと同じように、泡とビールとの割合が1:3ほどになります。
  • MLIKO
    ここ最近流行のMLIKOは、グラスの中身が真っ白になるほど泡の多い注ぎ方です。泡のクリーミーさとビールの甘さを楽しみます。
  • SNYT
    両者の中間にあたる注ぎ方のSNYT。泡とビールとの割合が1:1程度になります。
  • COCHTAN
    ちなみに、全く泡のないCOCHTANという注ぎ方もありますよ!

プラハで絶対行きたい!ビールの名店ベスト3

プラハの街には伝統と歴史あるホスポダピヴビッツェがたくさん点在しています。

お店によってビールの銘柄や雰囲気が全然違うので、プラハ旅行中はぜひいろんな店に足を運びたいところですね。

ここでは特におすすめの名店を3つを紹介しましょう!

プラハで行きたいビールの名店①ウ・ピンカスー(U Pinkasu)

ウ・ピンカスーはプラハで初めてピルスナービールを販売したことで有名なビアホール。

1843年創業の歴史ある名店です。

庶民的な雰囲気が漂うお店で、価格もリーズナブルなので気軽に立ち寄ってみましょう!

ヴァーツラフ広場のすぐ近くなのでアクセスも抜群。テラス席も含めて多くの観光客で賑わいます。

伝統的なチェコ料理はもちろん、ちょっとしたおつまみも豊富なので、軽く一杯飲むにもおすすめのお店です。

店名 U Pinkasu
住所 Jungmannovo Namesti 15/16 110 00 Prague 1
営業時間 午前10:00〜午後11:00

プラハで行きたいビールの名店②ウ・カリハ(Hostinec U Kalicha)

ウ・カリハは、チェコの人気小説「兵士シュヴェイクの冒険」の作家が通ったことで知られるビールの名店

現在でも多数の有名人が訪れる店として知られ、店内にはたくさんのサインが見られます。

ローストポークやローストビーフなど定番のチェコ料理が揃い、ピルスナービールとの相性も抜群!

観光客が集まる旧市街からは少し離れているので、地元の常連客がたくさん集まります。

店内では音楽の演奏などもあり、昔ながらのローカルな雰囲気が味わえるのでおすすめです。

店名 Hostinec U Kalicha
住所 Na Bojisti 12-14, Prague 120 00
営業時間 午前11:00〜午後11:00

プラハで行きたいビールの名店③ウ・フレクー(U Fleků)

ウ・フレクーは500年以上の歴史を持つプラハ最古のビアホール

1,000人以上を収容できる大型店で、店内は9つのホールに分かれています。

ビールのメニューは、なんとビアホールに併設された醸造所で作られた黒ビールの1種類のみ

軽くて何杯も飲めるすっきりとした味が特徴です。

グラスが空くと次々とビールを注がれる仕組みなので、飲めないときはコースターでグラスを塞ぎましょう。

店名 U Fleků
住所 Kremencova 1651/11, Prague 110 00
営業時間 午前10:00〜午後11:00

プラハならでは人気のビール銘柄5選!

ビール大国チェコには個性豊かなたくさんのビールの銘柄がありますが、その数は400以上と言われています。

最近では、伝統的な製法でチェコビールを醸造する小規模のブリュワリー(醸造所)も増えてきています。

では、ここでは定番の銘柄やプラハのブリュワリーで作られたおすすめのビールを紹介しましょう!

チェコビールの人気銘柄①ピルスナー・ウルケル

ピルスナー・ウルケルは最も有名なチェコビール

世界中で親しまれているピルスナービールの元祖にあたるビールです。

刺激の強い炭酸によるのどごしと苦味の強いホップのコクが、口の中で長い時間楽しませてくれるのが特徴。

黄金に輝く色合いにきめの細かい泡は見た目にも美しいので、プラハ旅行では、まず間違いなく飲みたい定番のビールです!

チェコビールの人気銘柄②ブドヴァイゼル・ブドヴァル

ブドヴァイゼル・ブドヴァルは、ピルスナー・ウルケルと並んでチェコで定番のビール

地下320メートルからくみ上げた水を使っているほか、原料にもこだわったプレミアムビールです。

一口飲むとホップの芳醇な香りが広がる、コクの深さが特徴。

よく見ると、ブドヴァイゼルのつづりは、アメリカの有名なビール「バドワイザー」と同じことに気がつくはず。しかし、こちらが本家元祖です。

見学も楽しめるブドヴァイゼルのビール工場は国営というから驚きです!

チェコビールの人気銘柄③スタロプラメン

スタロプラメンは、プラハに醸造所がある地ビール

知名度ではピルスナー・ウルケルに劣りますが、国内生産量はトップを誇るピルスナーです。

チェコの大麦とドイツのホップを使って作られたビールで、味はやや辛口

酸味や苦味、甘みなどバランスが取れているとビール好きの間でも評価の高いビールとなっています。

チェコビールの人気銘柄④コゼル

コゼルはチェコで最も有名な黒ビール

コクと強い甘みが特徴で、アルコール度数は低め。あまりビールが得意ではないという人にもトライして欲しい銘柄です。

黒ビールにも関わらず、後味がスッキリしている珍しい特徴もあります。

ヤギのラベルが印象的で、お土産にもぴったりのビールです!

チェコビールの人気銘柄⑤クルショヴィッツェ

クルショヴィッツェは少し変わったビール。ライトとダークの2種類があります。

ライトはフルーティーさを感じる甘さが特徴。あっさりした味で、普段あまりビールを飲まない人でも飲みやすいと感じるでしょう。

ダークはいわゆる黒ビールですが、ボディはかなり軽く、甘みも控えめ。

まろやかであっさりとした喉越しが特徴です。

お土産にぴったり!スーパーで買えるプラハのおすすめビール3選

チェコの美味しいビールはお土産としてぜひ日本に持って帰りたいですよね。

プラハでお土産用のビールを買うなら、スーパーで買うのがおすすめ。

お土産店や空港で買うよりも値段が安く、種類も豊富です。

ここでは上記で紹介したチェコの定番ビール以外に、スーパーで買えるおすすめビールを紹介します!

プラハのスーパーで買える人気のビール①ブラニーク

ブラニークはプラハ郊外に醸造所がある、プラハの地ビール

国内生産量トップを誇るスタロプラメンと同じ醸造所で作られています。

ブラニークは軽くて爽やかなテイストで、ぐびぐびとのどごしを味わいたい人におすすめのビール。

ホスポダやピヴビッツェではあまり見かけない珍しいビールでもあります。

スーパーでは500ml入り1本あたり10〜12チェココルナ(約45〜55円)で購入可能です。

プラハのスーパーで買える人気のビール②ガンブリヌス

ガンブリヌスは、お土産代を安く済ませたい人におすすめ。

ピルスナー・ウルケルの会社による、より安い価格帯のビールです。

低価格ながらしっかり味のバランスが取れたビールで、苦味を感じつつも後味あっさりなのが特徴です。

スーパーでは500ml入り1本あたり12〜15チェココルナ(約55〜68円)で購入可能です。

プラハのスーパーで買える人気のビール③ベルナルド

ベルナルドは1954年から続く、家族経営の小さな醸造所で作られているビール。

素材にこだわり、伝統的な製法で作られた評価の高いビールです。熱処理を一切加えないというのが特徴。

ベルナルドには様々な種類がありますが、おすすめはボヘミアンエール

柑橘系のフルーティーな風味に、コリアンダーシードのスパイシーな刺激が加わった、爽やかながら飲みごたえのあるビールに仕上がっています。

スーパーでは500ml入り1本あたり17〜20チェココルナ(約77〜100円)で購入できます。

お土産にするときの注意!

ビールをお土産として日本に持ち帰るときの注意点として、知っておかないといけないのは免税について。

酒税の免税範囲760ミリリットル程度のボトルが3つまでとなっています。

超過分については税関に申告して酒税を支払う必要があります。

また国際線では、手荷物として一定量以上の液体を持ち込むのは禁止。

空港の免税店以外で買ったビールをお土産にする場合は、必ずトランクに入れて預ける必要があります。

プラハのお土産情報について、詳しくは「2019最旬!プラハお土産スポットまとめ|人気雑貨・お菓子・ビールetc」をご覧ください!

ビール好きにおすすめ!プラハのビール工場見学

ビール好きに是非おすすめなのがビール工場の見学

大きな施設で大量のビールが作られる様子は、童心に帰って楽しめる施設です。

ビール工場見学では、作り方原料についても詳しく学べるようになっています。

ここでは、プラハから気軽にいけるおすすめのビール工場を2つ紹介しましょう!

プラハのビール工場①スタロプラメン醸造所

プラハ市内にあるスタロプラメンの醸造所は、市内中心部からトラムに乗って20分ほどでアクセス可能です。

ビールの製造所そのものを見学することはできませんが、CGや映像を使ってスタロプラメンの歴史について学べるツアーが行われています。

地下のバーではスタロプラメンの試飲も可能。

ホスポダやスーパーではあまり見かけないダークビール無濾過のビールも飲めるので、ぜひ飲み比べを楽しんでみてください。

施設名 NavstEvnicke centrum Staropramen
住所 Pivovarska 9, Prague 150 00
営業時間 午前10:00〜午後6:00
料金 269チェココルナ(試飲+ガイド)

プラハのビール工場②ピルスナーウルケル醸造所

ピルスナーウルケル醸造所はビールの聖地と呼ばれるピルゼンにある工場。

大量のビール瓶が流れる生産ラインや銅製の糖化槽の見学、製造工程についてレクチャーを受けたりと、本格的な工場見学が楽しめます。

お楽しみはやっぱり試飲タイムですよね。大きな木の樽に入った無濾過のビールは絶品!

工場内併設のレストランではビールと一緒に食事も楽しめる施設になっています。

プラハからの所要時間は車で片道1時間ほど

公共交通機関でアクセスするならバスがおすすめです。

見学料金がセットになったオプショナルツアーも催行していますよ!

施設名 Pilsner Urquell Brewery
住所 U Prazdroje 64/7, Pilsen 301 00
営業時間 午前8:00〜午後6:00(7月〜8月は午後7:00まで、10月〜3月は午後5:00まで)
料金 250チェココルナ(試飲+ガイド)

これぞ珍スポット!プラハでおすすめのビールスパ2選

ビールスパは、ビール大国のチェコだからこそ楽しめる珍しい観光スポット。

その名前の通りビールのお風呂に入れる施設です。

ホップと酵母で出来たお風呂に浸かりながらビールが飲み放題なのも嬉しいポイント。

ここではプラハにあるおすすめのビールスパを2つを紹介しましょう!

プラハのビールスパ①Original Beer Spa

帰る頃にはお肌がスベスベになる!Original Beer Spaは、プラハの地下鉄で気軽にアクセスできるビールスパ。

スパに入りながら飲み放題のビールを楽しんだり、パンの用意もあります。

上がった後はベットで横になってゆっくりくつろぐことも可能。

予約や支払いも事前にネットで済ますことができる便利なスパです。

施設名 Original Beer Spa
住所 Žitná 658/9, 110 00 Nové Město
営業時間 午前10:00〜午後10:00
料金 1人1タブ: 2,000チェココルナ

プラハのビールスパ②Beer Spa Bernard

プラハのセントラルプラザにある「Beer Spa Bernard」は、観光客の間で人気の高いビールスパです。

入浴剤のようにお風呂にホップやイーストを入れて、香りを楽しみます。

入浴時には水着を持っていく必要があるので注意してくださいね。

施設名 Beer Spa Bernard
住所 Týn 644/10, 110 00 Staré Město
営業時間 午前11:30〜午後10:00
料金 1人1タブ: 2,590チェココルナ

ビールざんまいのプラハ観光を堪能しよう!

ビール大国チェコの首都プラハには、美味しいビールを楽しめるビアホールやレストランがたくさん。

上質な素材を使った美味しいビールがとことん楽しめます。

定番ビールから地ビールまで種類は400以上。それぞれで違う味わいを楽しめるので、ビール好きは是非ともプラハ旅行中に飲み比べをしてみてください。

スーパーではかなり安くビールを買えるので、お土産にもぴったりですよ!

酔っ払って大きな失敗をしてしまわないようにだけはお気をつけて、ビールざんまいのプラハ観光を楽しみましょう!

RECOMMEND プラハのおすすめ記事

RELATED ARTICLES グルメカテゴリの関連記事