" />

プラハ観光で絶対行くべき天文時計!見どころ・行き方・お土産情報

観光
12019views

プラハの街のシンボルと言えば、天文時計

プラハ旅行に興味のある方なら、一度は耳にしたことがあるでしょう。

天文時計は、ただ豪華で美しいだけの時計ではありません!

600年の時を越えて時を刻み続けるプラハの天文時計の見どころ行き方お土産情報についてもまとめました。

観光すべき!プラハの天文時計の見どころ解説

プラハ旧市庁舎の南側の壁に設置されている天文時計は、旅行者必見のプラハの観光スポットのひとつ。

日本では「プラハの天文時計」と呼ばれていますが、チェコでは「プラハのオルロイ(Prague Orloj)」と呼ばれ親しまれている天文時計は、2つの文字盤で構成されています。

  • プラネタリウム(上段・時間を表す)
  • カレンダリウム(下段・季節を表す)

完成から600年以上経った今でも正確に時を告げています。

毎回多くの観光客が集まる一時間ごとに行われるからくりショーは、天文時計の見どころ!

このように精巧な仕掛けのある公共時計は、他の都市では見ることができません。

プラハの天文時計の歴史のあらすじ

プラハの天文時計が作られたのは、1410年

チェコで一番の時計職人のミクラシュと、天才天文学者のヤン・シンデルの2人によって設計されました。

なんと、15世紀当時の部品を修理しながら現在まで使われているというから驚きです!

完成以降、災害第二次世界大戦の際には修繕が必要になり、その度に近代の部品が使われそうになりましたが、天文時計を愛する多くの時計職人によって当時の姿のまま保存されています。

天文時計の見どころ①時と星を告げる「プラネタリウム」

天文時計上段の文字盤は「プラネタリウム」と呼ばれ、時間・年月日と太陽・月・星などの天体の動きを表しています。

時間を示す文字は、ローマ数字ヨーロッパの標準時間を、ドイツ語の数字をさす針は、古チェコ時間を示しています。

ヨーロッパの夏時間や、日昇・日没も季節によって対応するように設計されている精巧な天文時計。

街の中心で完璧な天文学と、精巧な時計職人の技の芸術を見る事ができます。

天文時計の見どころ②暦を告げる「カレンダリウム」

天文時計下段の文字盤は「カレンダリウム」と呼ばれ、完成当時は存在しませんでしたが、1870年に製作されました。

カレンダリウムの絵は、農村における四季の作業の姿を、外側にギッシリと書かれている文字は、キリスト教の教会暦(キリスト教の祝日など)が記されています。

この文字盤の針は、一日に1メモリだけ動き、一年かけて一周するように作られています。

天文時計の見どころ③キリストの12使徒が現れる「からくり人形ショー」

プラハの天文時計前が最も盛り上がるのが、毎日09:00〜23:00までの正時に行われるからくり人形のショー。

プラネタリウム両脇のガイコツが鐘を鳴らし出すと、時計上部にある小窓からキリストの12使徒が現れるという仕掛けになっています。

併せてトランペットの音楽が流れると中世ヨーロッパの雰囲気に!

プラハの天文時計のショーは市内観光で必見の催しになっているので、毎時多くの観光客がこの旧市庁舎前に集まります。

近くで見たい方は少し早めに行って混雑し始める前に、場所取りをしておくのがおすすめですよ!

プラハのマリオネットの歴史やおすすめ人形劇について、詳しくは「プラハでおすすめ人形劇&劇場3選!市内マリオネット店リスト
」をご覧ください!

天文時計の見どころ④展望台からのプラハの絶景

プラハの天文時計がある時計塔は上まで登ることも可能。

展望台からは、プラハ城旧市街広場ヴァルタヴァ川など、プラハの街を一望できる絶景スポットになっています。

街全体が世界遺産という美しいプラハの街を撮影するには絶好のおすすめスポット。

入場チケットは130コルナ(約600円)です。

プラハで注目の塔について、詳しくは「『百塔の街』プラハの絶景塔BEST5|インスタ映えポイントまとめ 」をご覧ください!

プラハの天文時計の行き方・からくりの時間

天文時計は、プラハ市内観光の要となる旧市街広場に位置しているので、プラハ市内観光の予定が立てやすいのが旅行者には嬉しいポイントですね。

旧市街エリアに近い場所にホテルを予約すれば、昼夜で異なる時計の様子が楽しめます。

プラハ旧市庁舎や天文時計については、日本語ガイド付きの現地オプショナルツアーも催行されています。

名称 Prague Orloj
プラハ旧市庁舎の天文時計
住所  Staroměstské nám. 1, 110 00 Josefov
電話番号 420 236 002 629
天文時計のからくりショー 09:00〜23:00(毎時0分)
旧市庁舎 月  :11:00〜19:00
火〜日:09:00〜19:00
時計塔 月  :11:00〜22:00
火〜日:09:00〜22:00
定休日 なし
旧市庁舎入場料 250コルナ(約1,000円)
時計塔入場料 130コルナ(約600円)
アクセス方法 地下鉄A線 Staromestska駅から徒歩4分
ウェブサイト https://www.prague.eu/en

プラハのオプショナルツアーについて、詳しくは「プラハ観光は《オプショナルツアー》参加で120%満足できる!おすすめ市内&郊外ツアーまとめ 」をご覧ください!

プラハ土産は天文時計のアイテムで決まり!お土産店リスト

プラハの街のシンボルであり、プラハの街の名物にもなっている、天文時計。

当然、プラハには天文時計をモチーフにした数々のお土産を買うことができます。

ここでは、たくさんある天文時計お土産の中から、思わず買いたくなってしまう、天文時計のアイテムが揃う、プラハでイチオシのお土産屋さんをご紹介しましょう!

プラハの天文時計土産店①ハヴェルスカー市場

ハヴェルスカー市場には、プラハの天文時計をモチーフにした様々なお土産が揃います。

おすすめはやはり、腕時計掛け時計

世界一美しい時計と称されるプラハの天文時計を小さくして、日本へ持って帰るのはいかがでしょう?

そのほか、自分でからくりを動かせるカレンダーや、手鏡なども売られています。

名称 Havelská
ハヴェルスカー市場
住所 Havelská 13, 110 00 Staré Město
最寄駅 地下鉄A・B線 Můstek駅 徒歩5分
電話番号 420 602 962 166
営業時間 月〜金:06:00〜19:00
土  :07:00〜19:00
日  :08:00〜18:30
定休日 なし
ウェブサイト https://www.prague.eu/cs/objekt/mista/843/havelsky-trh

プラハの天文時計土産店②フローレンティウム

なんでも揃うショッピングモールでもプラハ天文時計のお土産は定番。

マグネットポストカードタオルTシャツお皿など、天文時計に関するあらゆるものがグッズ化されています。

天文時計近くの露店でもたくさんのアイテムを目にしますが、作りが荒く質が悪いものもあるので、こうしたショッピングモール内のお土産店なら安心ですよね。

名称 Florentinum
フローレンティウム
住所 Na Florenci 2116/15, 110 00 Florenc
最寄駅 地下鉄B・C線 Florenc 徒歩7分
電話番号 420 225 377 577
営業時間 07:00〜22:30
定休日 なし
ウェブサイト http://www.florentinum.cz/

プラハのお土産情報について、詳しくは「2019最旬!プラハお土産スポットまとめ|人気雑貨・お菓子・ビールetc」をご覧ください!

プラハの天文時計の呪い伝説とは?

15世紀から伝わるプラハの天文時計には様々な逸話が残されています。

例えばこんな逸話。

天文時計の伝説

完成当時、「ヨーロッパの他都市に同じような時計を作られたくない」と考えたプラハのある評議会議員が、天文時計を製作した時計職人の目を潰し、これ以上時計製作ができないようにしてしまいました。

目を潰された時計職人は、他の者が天文時計を修理できないように仕掛けを壊し、「次にこの天文時計が動く時には、プラハに災いが訪れる」という呪いをかけたという。

有名な伝説になっています。

信ぴょう性は定かではありませんが、実際に長い間修繕されず止まっていた天文時計が動き出した時には、プラハによくない事が起きたとか。

このように古い時計なのでいくつものストーリーがありますが、それほどプラハの天文時計は市民の関心を集めてきた、という証。

今でも伝説を信じている人もいるようですが、プラハ市民には待ち合わせ場所としても親しまれている天文時計。

時にはプロポーズに使われることもあるので、観光中に素敵な場面に出くわすかもしれません!

美しい天文時計はプラハ観光で必見のスポット

精巧な作りと、見事に美しい天文時計は、からくりの仕掛けでも旅行者を楽しませています。

中世の景観が残るプラハの街で、当時から変わらない天文時計に歴史のロマンを感じるのはいかがでしょう?

誰もが立ち寄るプラハ市内観光の定番スポットですが、間違いなく是非訪れるべきスポットです!

WRITER May
学生時代にはオーストラリア・マレーシア・アメリカに在住、その後アメリカの航空会社に就職。通訳に転職し、アジア・ヨーロッパで活躍。海外在住と外資系企業での豊富な経験から、生の海外情報をお伝えします♪ 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND プラハのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事