" />

【NZお金事情】ニュージーランドの通貨・物価・チップについて解説!

現地情報
287views

ニュージーランドへの旅行が決まったら、物価などのお金について気になりますよね?そこで今回は、ニュージーランドの通貨や物価、どこで両替するのがお得か、などについて紹介していきます。また、ニュージーランドのチップ事情やニュージーランドならではのマナーについても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

ニュージーランドの通貨の種類とデザイン

ニュージーランドの通貨はニュージーランドドルです(NZDまたはNZ$ともいいます)。上の写真の硬貨にはニュージーランド固有の鳥キウイが映っており、通称キウイとも呼ばれたりします。なんともニュージーランドらしい通称名ですね!また、ニュージーランドドルの硬貨は以下の5種類あります。

  • 10セント
  • 20セント
  • 50セント
  • 1ドル
  • 2ドル

すべての硬貨のおもて側に描かれているのは、エリザベス女王2世の姿。裏側は、それぞれニュージーランドならではの物が描かれています。たとえば10セントは、マオリ族の仮面であるコルルです。一見チョウチョのような可愛らしいデザインなので飾っておいても素敵ですね!1ドルは、ニュージーランド固有の植物とニュージーランドの国鳥であるキウイが描かれています。

紙幣は、以下の5種類です。

  • 5ドル
  • 10ドル
  • 20ドル
  • 50ドル
  • 100ドル

紙幣のおもて側のデザインは、ニュージーランドで活躍した人物が、裏側にはニュージーランドの固有種の鳥が描かれています。

ニュージーランドの為替

ニュージーランドの為替レートは、69円です(2019年9月現在)

ニュージーランドは主に中国やオーストラリアに輸出しているため、この二つの国の影響を受けやすくなっています。また、酪農製品や農産物の輸出が全体の30%なので、ニュージーランドドルの傾向を見る時はそちらに注意しなければなりません。オーストラリアドルと似た動きをすると言われていますが、その理由はオーストラリア経済の影響を受けやすいことが関連しているというわけですね!

両替はニュージーランドで行うのがおすすめ!?

ニュージーランドドルへの両替は、日本でもニュージーランドでも可能です。

日本で両替する場合

大手銀行であるUFJ銀行やみずほ銀行、空港、外貨宅配専門サービスがあります。
中でも外貨宅配専門サービスは、大手銀行や空港で両替するよりもお得です。レートは常に変動していますが、良い時では約2900円ほど変わります(500ニュージーランドドルを両替する場合)。

ニュージーランドで両替する場合

現地の銀行であるニュージーランド銀行や街にある両替所、ATMなどがあります。この中でも特にレートがいいと言われているのが、町にある両替所です。おすすめはe-Trans。店内はおみやげ屋さんになっていて、その中で両替もしてくれます。現地で両替する際は、ぜひこちらを利用してみてください。

結局、日本の外貨宅配専門サービスを利用する場合と現地でe-Transで両替する場合、どちらがお得かというと、実はあまり変わらないといえます。ですが、多額の金額を持っていく場合は、現地に到着してからホテルまでの交通費など最低限のお金は必要となるので、最低限のお金は日本で、残りは現地で両替した方が安全でおすすめです。

ニュージーランドの物価は高い?

ずばり、ニュージーランドの物価は、商品によって日本よりも安いか高いが異なります
レストランに関しては、日本より高いか同じくらいと言えます。基本的にニュージーランドの外食の値段は日本よりも高いため、スーパー等で食料を調達するのがおすすめです。

そこで今回は、スーパーの食料に関しては「フルーツ・野菜・乳製品・肉類」についての物価、その他、サービスに関しては交通機関についての物価について例を挙げて解説していきます。

ニュージーランド物価:フルーツや野菜

ニュージーランドといえば、フルーツがおいしいイメージを思い浮かべる方は少なくありません。そのことから、ニュージーランドに行ったら、フレッシュなフルーツや野菜をたくさん食べようと考える方もいるのではないでしょうか?
実際にニュージーランドでは、新鮮なフルーツや野菜をリーズナブルに楽しむことができます。ニュージーランドでおすすめのフルーツや野菜には、次のようなものがあります。

  • キウイ(約4~6ドル)
  • タマリロ(約18~20ドル)
  • パパイヤ(約5~6ドル)
  • フィジョア(約3~5ドル)
  • ヤム(約10ドル)

こちらの価格は1キロの価格になるので日本と比べてもだいぶ安いのがわかります。

タマリロやフィジョアは、聞いたことがない方も多いでしょう。

タマリロは、トマトのような味がするフルーツ。色は赤やゴールド、アンバーの3種類があります。

フィジョアは、ニュージーランドの秋に楽しめるフルーツ。見た目は、アボカドのような形で緑色をしています。気になる味はというと、モモのような梨のような味わいです。秋に訪れたらぜひトライしてみてくださいね!

ニュージーランド物価:乳製品や肉類

ニュージーランドは、酪農が盛んです。そのことから、乳製品はリーズナブルに手に入ると思いがちですがそうでもありません。例えば、牛乳1リットルの場合は約2.70ドル、チーズは250gで3.3ドルです。日本と比べてちょっと高いという印象でしょう。

肉類は、ラム肉が1キロで約18ドル、鶏肉1キロが約13ドル、牛肉は1キロ約19ドルとなっています。肉類も日本と比べて割高という印象を受けるでしょう。

ですが、ニュージーランドの乳製品や肉類は安全性が高く、健康志向の方の多いヨーロッパでも評されているほど。牛乳に関しては、ベーシックな牛乳からノンホモジナイズ、オーガニックなど種類が驚くほど豊富です。ノンホモジナイズとは、脂肪分を小さくし過ぎないこと。こうすることによって、搾りたての牛乳の味わいを残すことができます。

乳製品や肉類の物価は決して安いとは言えませんが、酪農大国の乳製品や肉類の品質は確かなので、試す価値は十分にあります!

ニュージーランド物価:交通機関

ニュージーランドの主な交通手段としては、バスを利用するのが一般的です。他にも、フェリーや列車、長距離バスなどがあります。もちろん、日本で主流の電車もニュージーランドにはありますが、あまり都市をまたぐような移動には利用されません。

また観光の際には、24時間運行しているスカイバスを利用するのがおすすめです。空港と都市部を繋いでいることはもちろん、主要な時間帯であれば10分間隔でバスが来るため、そう困ることもありません。

ここで、スカイバスを含む主要な交通機関の運賃の物価を一覧としてまとめておきます。なお、こちらはオークランド国際空港から市内までの距離についての交通費です。大体の相場が掴めるはずですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • シャトルバス(約33ドル)
  • タクシー(約38~75ドル)
  • スカイバス(約18ドル)

ニュージーランドでチップは必要?

ニュージーランドでは、チップを渡す習慣特にはありません

しかし、レストランやホテルで食事をした際に、いい接客を受けた場合は約1~2ドルを渡すことが。だからと言って、強制ではなくあくまでもいい接客を受けた場合にお礼として渡します。そのため、チップを渡さないからと言って接客の質が落ちることはありません。

もしもレストランで、チップを払いたいと思った場合、基本は現金で払います。クレジットカードの場合は、チップ込みの金額を支払いましょう。高級レストランの場合は、すでにチップが含まれている金額のことも多いです。

また、チップを払う際は接客前に払うのがおすすめです。よりよい接客を受けたい場合は、接客を受ける前にチップを渡しておくとそれに応えようとしてくれる場合も少なくありません。それに加え、値段を上乗せに払わせるといった無駄なトラブルを避けることもできます。

日本と違う?ニュージーランドならではのマナー

海外に行くと、日本と異なるマナーに驚かされることも多いでしょう。ニュージーランドでも、日本とは異なるマナーは存在します。ここでは、代表的なニュージーランドのマナーについて3つご紹介します。

1つ目は、喫煙について。ニュージーランドでは、年々禁煙のお店や施設が増えています。そのため、たばこを吸いたい場合は、当然ですが必ず許可を取ってから吸いましょう。

2つ目は、交通ルール。ニュージーランドでは、ラウンドアバウトをよく見かけます。ラウンドアバウトとは、円型の信号のない交差点のこと。最近では日本でも導入している場所もあります。ですがまだまだ日本人にとって、ラウンドアバウトは主流ではないため、戸惑ってしまうことも多いでしょう。ラウンドアバウトのルールは左回りに進み、中に先に入った人が優先です。レンタカーなど、車の運転をする際は気をつけて運転しましょう。

3つ目は、人の目を見て話すこと。ニュージーランドの方は、人の目を見て話すことをマナーとしています。日本人は恥ずかしがり屋の方が多いと思いますが、ニュージーランドではマナー違反。ニュージーランドに行く前にマナーを確認してから行きましょう。

ニュージーランドに行く前に物価やマナーなどをチェックしよう!

ニュージーランドのお金事情について紹介してきました。旅行前に、その国の物価について知ることで、より有意義な旅行を楽しむことができるでしょう。ニュージーランドのお金のデザインについては、豆知識として知っておくと日本へ帰国後、友達や家族にお土産話として話すことができます。

また、ニュージーランドならではのマナーについても、知っているのと知っていないのでは現地の方の反応も全く変わってくるはずです。旅行前にニュージーランドのお金についてやチップやマナーをチェックしておきましょう。

RECOMMEND オークランドのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事