" />

映画の舞台になる美しきプラハ|市内ロケ地5選・旅行の予習映画7選

アート・エンターテイメント
3210views

中世から現代に至るまで、様々な様式の建物が保存された世界遺産の街、プラハ。中世ヨーロッパの面影を残す街は世界でも類を見ることなく、どこを切り取っても画になります。

そんなプラハは当然、様々な映画ドラマのロケ地として使われてきました。

この記事では、映画のロケ地となったプラハの観光スポットや、その場所が登場する映画をまとめました。プラハ旅行に出かける際の参考にしてくださいね!

映画の舞台に選ばれる美しきプラハ

チェコの首都、プラハはヨーロッパの中でも随一の美しき景観を保存する街。二度の大戦で戦火に見舞われなかったため、様々な時代の建築物が残り、街全体が「プラハ歴史地区」として世界遺産に登録されています。

そんな歴史と美しさを兼ね備えた街は、映画のロケ地に最適!

中世から近代ヨーロッパの史実を描いた映画作品だけでなく、ド派手なアクションが魅力のハリウッド映画のロケ地としても度々使用されています。

また、西側ヨーロッパ諸国と比べて物価が安いことも、プラハが舞台に選ばれる理由。

政府も映画撮影の誘致には積極的で、制作費の一部を還元するロケ地インセンティブ制度というものがあるほどです。

プラハの建築について、詳しくは「プラハ観光に役立つ《建築》知識!13世紀から近代建築まで11選 」をご覧ください!

ここがプラハの撮影ロケ地!定番スポット5選

街全体が世界遺産に登録されているプラハは、どこを見ても写真・映像映えする景色が広がります。

数々の映画で印象的なシーンとして、観光地として定番スポットになっている場所や建物がロケ地に使用されてきました。

ここでは、映画のロケ地としても度々使われている、プラハで必見の観光スポットを5ヶ所紹介します。

プラハで撮影ロケ地になった観光スポット①プラハ城

荘厳な外観でプラハの街の顔とも言えるプラハ城は、多くの旅行者が訪れる定番の観光スポットですが、こちらはたくさんの映画やドラマのロケ地として撮影が行われました。

アメリカ映画のシーリーズ作品として根強いファンを持つ「アンダーワールド」では、壮大なプラハ城の周辺や内部だけでなく、プラハの最大の映画スタジオにてゼロから構築されたセットでストリートチェイスシーンや屋内シーンも撮影されています。

プラハ城は複数の建物による複合施設となっているお城なので、見どころもたくさん!赤い屋根が壮観なプラハ市内の全景も見られます。プラハ城はスケールが大きいため、3時間ほどかけてじっくり見て回るのがおすすめです。

プラハ城は小高い丘の上に立っているので、アクセスするには坂を登る必要がありますが、その階段がまたフォトジェニック!

こちらの新王宮階段は、日本でも大ヒットしたドラマ「のだめカンタービレ」で登場。同じようにロケ地でシーンを再現してみてはいかがでしょうか?

住所 Pražský hrad, 119 08 Praha 1
公式サイト https://www.hrad.cz/en

プラハ城の観光情報について、詳しくは「世界最古のプラハ城ココさえ見ればOK!見どころ5選・行き方・チケット情報 」をご覧ください!

プラハで撮影ロケ地になった観光スポット②旧市街広場

プラハ市内で最も定番の観光地として、毎日多くの観光客で賑わう旧市街広場

旧市庁舎やティーン教会聖ミクラーシュ教会など建築様式の異なるたくさんの建物に囲まれていて、周りをぐるりと見渡すだけでプラハという街の歴史や文化の多様さに目をみはる場所になっています。

旧市街広場はプラハを代表する街の中心地として、たくさんの映画やドラマのロケ地として登場しています。

韓国ドラマ好きの方はご存知「プラハの恋人」では大々的に登場。

そのほか代表的な作品は、モーツァルトの生涯を描いたアカデミー賞受賞作品「アマデウス」。18世紀のウィーンの代わりに首都として使用されました。

住所 Staromestske nam., 110 00 Stare Město
公式サイト https://www.prague.eu/ja/object/places/183/staromestske-namesti

プラハの教会について、詳しくは「プラハで見るべき教会4選!聖ヴィート大聖堂&コンサート情報まとめ 」をご覧ください!

プラハで撮影ロケ地になった観光スポット③カレル橋

カレル橋はプラハ市内を流れるヴルタヴァにかかるプラハ最古の石橋。旧市街のある東側とプラハ城のある西側を結んでいます。

カレル橋の映画ロケといえば、トムクルーズ主演の言わずと知れたスパイアクション映画の大傑作「ミンションインポッシブル」の1作目のロケ地に選ばれました。

敵からトムクルーズが敵とチェイスシーンを繰り広げるなど、カレル橋は映画劇中の印象的なシーンで登場しています。

迫力のある大きな橋塔や両側に並ぶ聖人像など、カレル橋の見どころはたくさん!

ライトアップされた夜景の様子も必見です。

住所 Karlův most, 110 00 Praha 1, チェコ
公式サイト https://www.prague.eu/cs/objekt/mista/93/karluv-most

プラハの夜景スポットについて、詳しくは「厳選!プラハの夜景スポット5選&夜景ホテル・レストラン総力特集 」をご覧ください!

プラハで撮影ロケ地になった観光スポット④ストラホフ修道院

ストラホフ修道院は12世紀に立てられた修道院。規律を守りながらキリスト教の教えを実践するための場所で、今でも数十人の修道士が集団生活を送っています。

このストラホフ修道院の図書館が登場するのは、スパイアクション映画として人気の007シリーズの「カジノ・ロワイヤル」

ハリウッドの大作映画のロケ地に選ばれたストラホフ修道院で最大の見どころは世界で最も美しいと称される図書館です。

温もりのある木製の本棚と天井の美しいフレスコ画が、美しさと華麗さのある光景を作り出しています。

住所 Strahovské nádvoří 1/132, 118 00 Praha 1-Strahov, チェコ
公式サイト https://www.strahovskyklaster.cz/

プラハで撮影ロケ地になった観光スポット⑤エステート劇場

プラハで最初に建てられた本格的な劇場である「エステート劇場」。840席という小規模な劇場ですが、劇場が持つ歴史とその美しさから多くの観光客を魅了する場所です。

こちらは、モーツァルトにゆかりの深い劇場として有名。モーツァルト作のオペラ「ドン・ジョヴァンニ」が初めて上演された劇場であるほか、モーツァルトが幾度も指揮をとったことで知られています。

ということで、当然モーツァルト関連映画にはロケ地として登場するエステート劇場。映画「アマデウス」や「プラハのモーツァルト」といった中世ヨーロッパの音楽にまつわる物語を描いた映画で度々登場しています。

住所 Železná, 110 00 Staré Město, チェコ
公式サイト https://www.narodni-divadlo.cz/en

プラハの劇場について、詳しくは「音楽の聖地・プラハで見るべき劇場6選|見どころ・チケット入手方法 」をご覧ください!

プラハが舞台になった必見の映画7

このように、プラハはドラマや映画のロケ地として幾度も利用されてきました。そのリストの中には、誰もが一度はタイトルを聞いたことがある世界的に有名な映画作品もあるはず。

プラハに旅行に出かける前に映画で予習しておけば、旅行中にロケ地の話題でも盛り上がれるでしょう!

ここではプラハが舞台になった映画7本を紹介しましょう。

プラハが舞台の映画①のだめカンタービレ 映画版

上野樹里と玉木宏という人気俳優が共演し、テレビドラマが人気となった漫画が原作の「のだめカンタービレ」クラシック音楽を題材にしたラブコメディーで、テレビドラマは3期に渡って放映され、劇場版映画も制作されました。

テレビドラマの続編として2回に分けて公開された映画版はほとんどがヨーロッパで撮影され、プラハの美しい街並みもたくさん登場しています。

この映画の劇中でも特に重要な場所は、旧市街近くにあるスメタナホール。主人公のだめのデビューコンサートが開かれた場所として描かれており、作品のファンなら必ず訪れたくなるスポットです。

タイトル のだめカンタービレ 最終楽章
公開年 2009年(前編)、2010年(後編)
監督 武内英樹(前編)、川村泰祐(後編)
主な出演者 上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、など

プラハの音楽・コンサート情報について、詳しくは「音楽の都・プラハで必聴!コンサート3選・華麗なるホール5選 」をご覧ください!

プラハが舞台の映画②スパイダーマン

人気アメコミヒーローシリーズ、スパイダーマンの映画シリーズでもプラハがロケ地として使われました。

該当の作品は、ヒーローたちが結集するアベンジャーズシリーズの最新作「エンドゲーム」後の世界を描いた作品として、2019年に公開された最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

印象的なシーンとして登場するのは定番観光スポットのカレル橋です。主人公のピーター・パーカーとヒロインのMJが、深夜の誰もいない閑散とした橋の上で話し合うという場面が登場します。

タイトル スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
公開年 2019年
監督 ジョン・ワッツ
主な出演者 トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、など

プラハが舞台の映画③アマデウス

これまでも、本記事で度々紹介している「アマデウス」。

作曲家のアントニオ・サリエリの視点からアマデウス・モーツァルトについての物語を描いた不朽の名作で、ブロードウェイミュージカルを映画化した作品として制作されました。

史実にフィクションを織り交ぜながらモーツァルトの生涯について描いており、モーツァルトの曲とそれにまつわるエピソードも学べる映画となっています。

モーツァルトがこけら落としを行ったことで有名なエステート劇場をはじめ、ストラホフ修道院フラッチャニ広場といった場所が何度も登場します。プラハ旅行前にアマデウスの映画は一見の価値ありです!

タイトル アマデウス
公開年 1984年
監督 ミロス・フォアマン
主な出演者 F・マーリー・エイブラハム、トム・ハルス、など

プラハが舞台の映画④レ・ミゼラブル

フランスの作家 ヴィクトル・ユゴーが書いた小説「レ・ミゼラブル」は、ミュージカル作品として多くの人に愛されてきました。

2012年にアメリカとイギリスの合作で映画化され、世界的に大ヒットしたのは記憶に新しい方も多いでしょう。

プラハがロケ地に使われたのは1998年版の映画レ・ミゼラブル。劇中にはプラハ城前に大きく広がるフラチャニ広場が登場しています。

見晴らしが良いフラチャニ広場は、あの“世界一美しいスターバックスがある場所です。

小説の映画化ではなくミュージカルの映画化なので、内容もミュージカル映画となっています。映画は長時間に及ぶ大作なので、見るときはしっかり準備を整えてからどうぞ。

タイトル レ・ミゼラブル
公開年 1998年
監督 ビレ・アウグスト
主な出演者 リーアム・ニーソン、ジョフリー・ラッシュ、ウマ・サーマンなど

プラハのカフェ情報について、詳しくは「プラハのカフェ総力特集14選!歴史ある老舗から最新の絶景カフェまで 」をご覧ください!

プラハが舞台の映画⑤007

先述の通り、大人気スパイアクションシリーズ007では、2006年に公開された「007 カジノ・ロワイヤル」で、プラハがロケ地に使用されました。

ストラホフ修道院の世界一美しいと称される図書館が、映画劇中では英国議会の設定で登場しています。

他にもチェコのロケト城やその城下町が登場。プラハからは電車で3時間ほどでアクセスできますので、作品を見て気になった場合はロケ地巡りに行ってみましょう!

タイトル 007 カジノ・ロワイヤル
公開年 2006年
監督 マーティン・キャンベル
主な出演者 ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、など

プラハの美術館・博物館情報について、詳しくは「芸術の街《プラハ》で見るべき美術館8選&音楽博物館&宮殿..総まとめ 」をご覧ください!

プラハが舞台の映画⑥ミッション: インポッシブル

こちらも前述のカレル橋が大々的に登場する映画、「ミッション: インポッシブル」。プラハは1996年に公開された第1作目のロケ地になりました。

カレル橋とその周辺ではトムクルーズ扮するイーサンハントが階段を駆け降りる印象的なシーンが撮影され、付近にはアメリカ大使館という設定で登場した建物も残っています。

爆破シーンなども撮影されたので、映画劇中でわかりやすく登場しています。

ミッションインポッシブルの一作目は映画としても名作なので、ぜひプラハ旅行の予習にご覧ください!

タイトル ミッション:インポッシブル
公開年 1996年
監督 ブライアン・デ・パルマ
主な出演者 トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト、エマニュエル・ベアール、など

プラハが舞台の映画⑦プラハのモーツアルト

「プラハのモーツアルト」は、モーツァルトを主人公として描かれた恋愛映画。プラハの地で「ドン・ジョヴァンニ」というオペラを完成させた史実に基づいて、フィクションも交えながら切ない恋模様を描いています。

全編のロケをプラハとその近郊で行っており、モーツァルトが「ドン・ジョヴァンニ」を演奏したエステート劇場や、プラハから南に離れたチェスキー・クルムロフ城など、実際にモーツァルトが訪れた場所を舞台として撮影しています。

映画内でオペラが上映されるシーンはエステート劇場ではないものの、映画を見て劇場を訪れると、より感慨深い気持ちで観光することができますよ。

タイトル プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード
公開年 2017年
監督 ジョン・スティーヴンソン
主な出演者 アナイリン・バーナード、ジェームズ・ピュアフォイ、など

世界で一番美しい街?チェスキークルムロフについて、詳しくは「チェコで行くべき《チェスキークルムロフ》とは?4つの見どころ・行き方 」をご覧ください!

プラハがロケ地になった映画を見て旅行準備を整えよう!

さまざまな時代の建物が保存されている美しいプラハの街は、何も知らずに訪れても十分に観光を楽しめる場所です。

しかし、プラハの街が登場する映画を観てから訪れると、まるで映画の中の世界に入り込んだような気分で、散策もさらにワクワクするはず!

ぜひ、プラハに旅行に行くときは、事前にプラハがロケ地となった映画を観て予習をしておくことをおすすめします!

Pure Noise
WRITER Pure Noise
のんびりした旅も、アクティブな旅も、どちらも大好きな会社員。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND プラハのおすすめ記事

RELATED ARTICLES アート・エンターテイメントカテゴリの関連記事