" />

【道央】苫小牧・ニセコ・千歳など観光スポット18選

観光
122views

4つのエリアを持つ広大な北海道。北海道に旅行に行きたいと思っても、その土地その土地の魅力や、どこへ行くのがおすすめなのか、たくさんの観光スポットがあって悩んでしまうことも多いかもしれません。

そこで今回は、北海道旅行を考え中の方に、道央エリアの観光スポットの中からおすすめをご紹介します。有名な観光地はお手の物という方も、ぜひ一度道央エリアの魅力をチェックしてみてくださいね!

そもそも道央エリアとは?

道央エリアとは北海道の中心地である札幌市や、小樽市、千歳市、室蘭市、苫小牧市などを含むエリアのことで、道内面積の約30%を占める大きなエリアです。さまざまな観光スポットがあり、地域ごとに特徴も異なるエリアなので、同じ道央エリアの観光でも訪れる場所によって雰囲気が変わるのが道央エリアの魅力です。

ではここからは実際に、道央エリアに位置するおすすめの観光スポットについてご紹介していきます。

道央観光スポット①苫小牧・樽前山

札幌から車で1時間、ほっき貝の有名な北海道苫小牧市に位置する活火山が「樽前山」です。樽前山は7合目までは車で登ることができ、山頂までの所要時間は約50分なので、気軽に登山が楽しめると人気の山です。頂上から望む景色はもちろん、登山道からの眺めも絶景なので、登っている間も楽しめるのが魅力です。

気軽に登山が楽しめる苫小牧の樽前山ですが、登る際にはいくつか気をつけなくてはならない注意点があります。樽前山は噴火警戒レベル1の火山とはいえ、まだ火山活動の行われている活火山です。そのため、山頂周辺は立ち入り禁止区域となっているので登山の際にはしっかりと確認しましょう。また、比較的軽装でも登ることのできる樽前山ですが、万が一に備えて上着を一枚用意しておくと安心です。

名前 樽前山
住所 〒059-1265 北海道苫小牧市字樽前
アクセス (1)苫小牧ICから車で約20分
(2)新千歳空港から車で約60分
(3)苫小牧市街から車で約40分
(4)西港フェリーターミナルから車で約50分
サイトURL http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankojoho/kankoannai/tarumaezan/

道央観光スポット②苫小牧・樽前ガロー

苫小牧のおすすめ観光地ふたつ目は、苫小牧で絶景の渓谷が楽しめる「樽前ガロー」です。多くの写真家やトレッキングを楽しむ人が訪れる人気の観光スポット・樽前ガローは、春夏秋冬、それぞれ違った絶景が楽しめるのが魅力のひとつです。

橋の上から見ると小川の流れるゆったりとした雰囲気の渓谷で、それだけでも綺麗な絶景は楽しめますが、せっかく苫小牧まで足を運んだからには、小川まで降りてみない選択肢はありませんよね!下から見上げる緑の苔に包まれた渓谷は、神秘的な雰囲気の漂う光景です。緑の苔が楽しめる夏も、紅葉が綺麗な秋も、一面雪に包まれた冬も、ぜひ苫小牧の樽前ガローまで足を運んで、絶景を楽しんでくださいね!

名前 樽前ガロー
住所 〒059-1265 北海道苫小牧市字樽前
電話 0144-32-6448
営業時間 24時間
アクセス 新千歳空港から車で道央自動車道を通って約50分
苫小牧東ICから国道36号線に入り、登別方面へ向かうと「樽前ガロー」の看板がある
サイトURL http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankojoho/kankoannai/nature_garo.html

道央観光スポット③千歳・ロイズチョコレートワールド

千歳の「ロイズチョコレートワールド」は、新千歳空港の中に位置する空港内のチョコレート工場です。ロイズチョコレートワールドには、チョコレートを作っている過程をガラス越しに見学できるエリアや、チョコレートについて知ることができるミュージアム、ロイズチョコレートワールドのオリジナル商品が並ぶショップがあり、大人も子どもも楽しめます。

ロイズチョコレートワールドのオリジナル商品の中でもおすすめなのが、ポップで可愛い「ロイズポップチョコ」です。うし、くま、ふくろうなど北海道の動物をかたどったロイズポップチョコは、北海道のお土産としても人気です。新千歳空港を利用する際には少し足を伸ばして、国際線旅客ターミナルへの連絡通路上にある、ロイズチョコレートワールドを訪れてみてくださいね!

名前 ロイズチョコレートワールド
住所 〒066-0012 北海道千歳市美々987−22 新千歳空港ターミナルビル 3F
電話 050-3786-3771
定休日 なし
営業時間 8:00~20:00
アクセス 新千歳空港ターミナルビル3階スマイル・ロード
サイトURL https://www.royce.com/brand/contents/chocolateworld/

道央観光スポット④千歳・キリンビール北海道千歳工場

千歳にある「キリンビール北海道千歳工場」は、ビール工場の工場見学やレストランでの食事、そしてビール好きにはたまらないビールの試飲が楽しめる千歳のおすすめ観光スポットです。

無料の工場見学ツアーは所要時間約80分で、「キリン一番搾り生ビール」のこだわりの製法や美味しさの秘密について知ることができます。80分の中で工場見学は約60分、残りの20分は試飲時間として設定されています。新千歳空港から車で約20分、JR千歳線の「千歳駅」からは無料のシャトルバスも出ているため、アクセスも抜群ですよ!

名前 キリンビール北海道千歳工場
住所 〒066-8711 北海道千歳市上長都949−1
電話 0123-24-5606
定休日 月曜日
営業時間 9:00~17:00
アクセス (1)JR千歳線「長都駅」から徒歩約10分
(2)JR千歳線「千歳駅」から無料シャトルバス運行
(3)札幌から中央バス千歳線「市営工業団地」下車、徒歩約10分
(4)新千歳空港から国道36号線の札幌方面へ約20分
(5)千歳駅から約10分
(6)恵庭ICから約15分
サイトURL https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/chitose/

道央観光スポット⑤千歳・サーモンパーク千歳

道の駅なのに水族館というユニークな特徴を持つ「サーモンパーク千歳」は、千歳川に生息するたくさんの魚たちや、卵を産みに戻ってきた鮭を観察することができる、大人も子どもも一緒に楽しめる観光スポットです。

敷地内には鮭の人工孵化放流事業の行われている千歳川が流れており、時期によっては鮭が川を登ってくる姿を見ることもできちゃいます。また、新千歳空港から車でわずか15分ほど、JR千歳駅からは約5分ほどで到着するアクセスの良さも人気の理由です。

名前 サーモンパーク千歳
住所 〒066-0028 北海道千歳市花園2丁目4−2
電話 0123-29-3972
定休日 年末年始
営業時間 9:00~18:00
アクセス (1)JR「千歳駅」から車で約5分
(2)新千歳空港から車で約10分
(3)千歳ICから車で約10分
サイトURL http://salmonpark.com/

道央観光スポット⑥ニセコ・ふきだし公園

札幌市の南西方向に位置するニセコのおすすめ観光スポット「ふきだし公園」は、日本名水百選にも選ばれた美味しい湧き水が有名です。毎年、約80万人ほどの観光客が国内外から足を運び、ニセコの美しい自然を楽しんだり、「京極の噴き出し湧水」として北海道遺産にも認定されている湧き水を汲んで味わったりしています。

夏場でもひんやりとしたマイナスイオンたっぷりのふきだし公園は、避暑に訪れるのも最適の観光スポットです。訪れた際にはぜひ湧き水のみではなく、名水コーヒーと名水コーヒーゼリーも味わってみてくださいね!

名前 ふきだし公園
住所 〒044-0131 北海道虻田郡京極町字川西45
電話 0136-42-2111
営業時間 24時間
アクセス 京極バスターミナルから徒歩約15分
サイトURL http://www.town-kyogoku.jp/kanko-event/fukidashi-park/

道央観光スポット⑦ニセコ・羊蹄山

ニセコにある「羊蹄山」は、女性の持つエネルギーを高める力を持つ山で、女性らしい品格を引き出してくれるパワースポットとして人気を集めている観光スポットです。羊蹄山は、北海道の先住民族であるアイヌの人々が「マチネシリ(女の山)」と呼ばれており、登山を楽しむことができます。

羊蹄山の登山コースは4つあり、それぞれ比羅夫コース・真狩コース・喜茂別コース・京極コースと呼ばれています。所要時間はコースによって変動しますが、目安は登り4時間~6時間です。運が良ければ美しい雲海も楽しむことができるので、ニセコを訪れた際にはぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

名前 羊蹄山
住所 〒044-0131 北海道虻田郡倶知安町字川西
アクセス 倶知安駅からバス(「羊蹄山自然公園前」下車)で約40分

道央観光スポット⑧ニセコ・神仙沼

ニセコにある「神仙沼」は、無数の沼が存在するニセコ山系の中でももっとも美しいと言われている、神秘的な雰囲気の漂う沼です。青い水面が特徴で、一度訪れたら、ふとまた訪れたくなるような魅力があります。

神々や仙人が住んでいる沼という名前の由来通り、神秘的で不思議な雰囲気の神仙沼では、条件が揃えば、青色の水面に対岸の木々が美しく映し出されます。四季折々の楽しみ方があるので、どの時期に訪れてもその時期ならではの魅力が満喫できますよ!

名前 神仙沼
住所 〒048-2201 北海道岩内郡共和町前田
アクセス 小沢駅から車で30分

道央観光スポット⑨積丹町・神威岬

北海道積丹郡積丹町にある「神威岬(カムイみさき)」は、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属しています。「カムイ」とはアイヌ語で「神」を表す言葉で、かつて神威岬は女人禁制の場所でもありました。岬の突端へは、「チャレンカの小道」という散策路を通って徒歩で向かいます。

駐車場からの所要時間はおよそ約20分ですが、ところどころにアップダウンもある道なので、サンダルなどではなく、丈夫な靴を履いて訪れるのがおすすめです。夏季期間には札幌から高速バス「高速しゃこたん号」が運行しているので、札幌から訪れる予定のある人はそちらも利用して訪れてみてくださいね!

名前 神威岬
住所 〒046-0321 大字神岬町
アクセス (1)新千歳空港から車で約3時間半
(2)小樽駅前からバス(「神威岬」下車)で約2時間半(夏季のみ)

道央観光スポット⑩積丹町・黄金岬

積丹町の美国に位置する「黄金岬」は、断崖絶壁の美しい海岸線が望める観光スポットです。美国港から整備された遊歩道を歩き、400メートルほど進むと展望台の入り口に到着します。展望台の入り口は3箇所あります。

展望台から眺める美国の町並みや青く澄んだ美しい日本海は、北海道の雄大な自然を感じさせてくれること間違いなしです。特に訪れるのにおすすめなのは夏の時期で、黄金岬からは「積丹ブルー」と呼ばれるコバルトブルーの海を見ることができます!

名前 黄金岬
住所 〒046-0201 北海道積丹郡積丹町大字美国町船澗
アクセス (1)新千歳空港から車で約3時間(積丹観光せんたぁ駐車場から徒歩で約12分 )
(2)小樽駅前からバス(「美国バス停」で下車)で85分

道央観光スポット⑪余市・ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

余市にある「ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所」は、ウイスキー好きなら外せない観光スポットです。日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地で蒸溜所やウイスキーの博物館見学、ウイスキーの試飲を体験し、ウイスキーの歴史を学んだり製造の工程をすることができます。

無料試飲コーナーでは、ウイスキーだけではなく、ジュースやお茶も提供されているので、ドライバーの方も子どもと一緒でも楽しめますね!電車で訪れる場合には、JR函館本線の「余市駅」から徒歩3分です。

名前 ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所
住所 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7−6
電話 0135-23-3131
定休日 年末年始
営業時間 9:15~17:00
アクセス (1)小樽駅からバスで約35分
(2)小樽駅から列車で約25分
(3)余市駅前から徒歩約2分
サイトURL https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

道央観光スポット⑫余市・余市宇宙記念館スペース童夢

北海道余市町にある道の駅「スペース・アップルよいち」の中にある「余市宇宙記念館スペース童夢」は、宇宙を身近に感じることのできる宇宙科学館です。無重力の不思議や地球の環境について知ることができるほか、太陽系の探査を体験する「3Dシアター」や四季折々の星空を楽しむことのできる「プラネタリウム」などがあり、大人も子どもも一緒に楽しめる展示・アトラクションがたくさんです。

また、宇宙での衣食住を感じることのできるコーナーもオープンし、宇宙でのトイレや宇宙食、宇宙ベッドなどを見ることもできます。施設内には「ミュージアムショップ」もあるので、宇宙好きな友達へのお土産もここでチェックできちゃいますね!

名前 余市宇宙記念館スペース童夢
住所 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町6丁目
電話 0135-21-2200
定休日 月曜日
営業時間 9:00~17:00
アクセス (1)札樽自動車道小樽ICから国道5号へ、その後国道229号を経由し約30分
(2)JR函館本線「余市駅」下車、徒歩約7分
サイトURL http://www.spacedome.jp/

道央観光スポット⑬登別・地獄谷

登別といえば外せないのが登別温泉の源泉である「登別地獄谷」です。谷に沿って多くの噴気孔や湧出口が点在しており、もくもくと勢いよく白煙を上げている様子が地獄のようであることから、「地獄谷」と呼ばれるようになりました。

地獄谷の看板の周辺には、登別を訪れたら写真を撮らずにはいられない写真スポット「鬼祠」があり、大きな青鬼と赤鬼が出迎えてくれます。温泉街に位置する宿泊施設からでも10分ほどで行くことができるので、登別に訪れた際にはぜひ足を運んでみてくださいね!

名前 登別地獄谷
住所 〒059-0551 北海道登別市登別温泉町無番地
アクセス 登別駅からバスで約15分

道央観光スポット⑭登別・伊達時代村

登別の「伊達時代村」は、江戸時代の街並みや文化をまるごと再現したカルチャーパークで、忍者のアクションショーや時代劇コメディなどが楽しめる観光スポットです。村内には資料館もあり、パフォーマンスを見るだけではなく、忍者や登別の開拓史について学んだり、時代衣装をレンタルして来てみることもできちゃいます。

また、お腹が空いたら食事処もあるので安心です。江戸前ラーメンのお店や和食のお店、甘味処があるので、ご飯にも3時のおやつにもおすすめですね!ぜひ登別への温泉旅行の際は、登別の伊達時代村で江戸気分を満喫してください。

名前 登別伊達時代村
住所 〒059-0463 北海道登別市中登別町53−1
電話 0143-83-3311
定休日 年中無休(点検で休みになるときもあるので事前に確認するのがおすすめです。)
営業時間 9:00~17:00
アクセス (1)登別駅から「足湯入口行き」バスで約8分
(2)道央道登別東ICから車で約3分
サイトURL http://edo-trip.jp/

道央観光スポット⑮夕張市・石炭博物館

夕張市に位置する「石炭博物館」は、石炭と炭鉱の全てを学ぶことができる、夕張ならではの体験型博物館です。石炭がどのようにしてでき、どんな風に使われてきたのかについてや、実際の坑道や石炭の大路頭などを見学することもできちゃいます。

平成31年に発生した模擬坑道火災の影響により、一時は閉館をしていましたが、現在はリニューアルオープンを経て再度開館しています。夕張という土地だからこそ、訪れた時には石炭博物館ものぞいてみるのがおすすめです!

名前 夕張市石炭博物館
住所 〒068-0401 北海道夕張市高松7‐1
電話 0123-52-5500
定休日 火曜日
営業時間 10:00~17:00(4月〜9月)
10:00~16:00(10月〜3月)
アクセス (1)新千歳空港から車で約70分(一般道利用の場合)
(2)札幌から車で約100分(一般道利用の場合)
サイトURL https://coal-yubari.jp/

道央観光スポット⑯夕張市・幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば

40年前に公開されてから、多くの人に愛され続けている映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地となった夕張には、「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」という観光スポットがあります。

「幸福の黄色いハンカチ」は、北海道の各地でロケが行われていた映画でしたが、メインのロケ地は夕張でした。幸福の黄色いハンカチ想い出ひろばでは、映画に関連する貴重な資料や小道具が展示されていたり、実際に映画の中で使われた炭鉱住宅が残っていたりと、今でもファンを魅了する魅力がたくさんあります。

せっかく夕張を訪れるのなら、旅行前に「幸福の黄色いハンカチ」を観て、幸福の黄色いハンカチ想い出ひろばへ足を運んでみてくださいね!

名前 幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば
住所 〒068-0422 北海道夕張市日吉5
電話 0123-57-7652
定休日 冬期間はおやすみ
営業時間 9:00~17:00
アクセス (1)札幌駅から車で約1時間10分
(2)新千歳空港から車で約1時間
(3)夕張駅から車で約5分
サイトURL https://yubari-hankachi.com/

道央観光スポット⑰室蘭市・白鳥大橋

室蘭市のシンボル「白鳥大橋」は、1998年に開通した、全長約1,380メートルの東日本最大のつり端です。室蘭市内のほとんどの場所から眺めることのできる白鳥大橋は、夜間にはライトアップもされるためとても綺麗です。

自動車専用の道路なので、渡りたい方はドライブ必須ですが、この白鳥大橋は「カップルで渡ると結ばれる」という噂もあるのですよ!ぜひあなたの大切な人と一緒に白鳥大橋を渡り、室蘭の工場夜景も楽しみながら素敵なひと時を過ごしてみてはいかがでしょう!

名前 白鳥大橋
住所 〒050-0067 北海道室蘭市陣屋町1丁目
アクセス 室蘭ICから車で約5分
サイトURL http://www.city.muroran.lg.jp/main/org6400/hakucho_index.html

道央観光スポット⑱砂川市・北海道こどもの国

日本の都市公園100選にも選ばれた、砂川にある「北海道こどもの国」は、子どものための豊富な遊具や施設を揃える観光スポットです。無料で遊べる遊具や大きな滑り台の他、有料エリアのふしぎの森やバーベキュー場などたくさんの魅力が詰まっており、一歩足を踏み入れてみれば、子どもも大喜びすること間違いなしです。

たくさんの施設やエリアがあるので、楽しみ方は人それぞれです。無料のエリアの遊具ではしゃぐもよし、有料エリアを訪れてエリア内を探検するもよし、家族でバーベキューを楽しむもよし、子どもと楽しむ道央エリアの旅行には欠かせない観光スポットです。

名前 北海道こどもの国
住所 〒073-0108 北海道砂川市北光401−1
電話 0125-53-3319
定休日 施設や期間によってさまざま
営業時間 9:00~17:00
アクセス 砂川駅から車で約15分
サイトURL http://www.hokkaidoukodomonokuni.or.jp/

道央旅行で北海道の魅力を再発見!

北海道の観光スポットを、道央エリアに注目してご紹介しました。道央エリアの観光スポットは、自然が満喫できるところもあれば体験が楽しめるところもあり、ロマンチックな夜景スポットもあれば子どもとはしゃげる観光スポットもあります。

旅行に行く人と一緒に、自分のプランにあった観光地に足を運び、北海道の魅力をたくさん感じてくださいね!

RECOMMEND 北海道のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事