" />

プラハの世界遺産特集|歴史地区で見るべきポイント&近郊の世界遺産2選

観光
224views

チェコの首都プラハは、中世の美しいヨーロッパの街並みを今も残す、歴史ある都市。

百塔の町」「黄金の町」など、様々な呼び名でその魅力を讃えられるプラハ市内の一区画は、まるごと世界遺産に登録されています。

今回は、プラハの美しさと歴史を肌で感じることのできる、プラハ市内の世界遺産スポット5つと郊外の世界遺産2ヶ所をご紹介。

どれもプラハ旅行で見逃せない、必見スポットばかりですよ!

世界遺産『プラハ歴史地区』ってどこ?

「モルダウ」でおなじみの、プラハ市内のちょうど中心を東西に分断するように流れるヴルタヴァ川(モルダウ川)

そのヴルタヴァ川の東岸にある「旧市街から新市街地区」と、西岸の「フラッチャニ地区・マラーストラナ地区」の4つのエリアを合わせたエリアがプラハ歴史地区と呼ばれています。

プラハ歴史地区は、4エリア合わせて約8.66平方キロメートル

この小さなエリアに、ゴシック、ロマネスク、ルネッサンス、ロココなど、11世紀~18世紀にかけての様々な時代・建築様式の建造物が現存しています。

世界遺産「プラハ歴史地区」は、エリア内12ヶ所の個別の建築物を含む景観が1992年、エリア全体がユネスコ世界遺産に登録されました。

約500年という厚みのあるヨーロッパの歴史を物語る建築物は、建築技術・景観デザイン・人類の歴史において重要な意味を持つと評価されています。

プラハのヴルタヴァ川について、詳しくは「プラハのヴルタヴァ(モルダウ)川を攻略!クルーズ・絶景ホテル・散策ガイド 」をご覧ください!

プラハ市内の世界遺産で見るべきスポット5選

プラハ歴史地区内で、世界遺産に登録されている主な建築物は12ヶ所

この記事では、これらの世界遺産12ヶ所のなかから、ここだけは絶対に外せない!という5つのスポット厳選してご紹介していきます。

プラハ市内観光で見るべき世界遺産①プラハ城

プラハ城といえば、プラハ観光で誰もが訪れる世界遺産スポット。世界最古にして最大の城としてギネスブックにも登録されています。

小高い丘の上からプラハの街を見下ろすように建てられたプラハ城は、日没後にはライトアップされ、より荘厳な雰囲気が楽しめます。

プラハ城は、一般的にイメージされるヨーロッパの城と違い、敷地内に大聖堂庭園修道院博物館などを有していることが特徴で、これらの施設は建てられた年代も様々。プラハ城内だけでも、約1000年間分の建築様式を見ることができるのです!

プラハ歴史地区が世界遺産として登録された理由を、まさに現しているスポットだといえますね。

プラハ城 基本情報
住所 Hradčany, 119 08 Praha 1
営業時間

6:00~22:00(年中無休)

入場料
  • 大人 250CZK~
  • 子供 125CZK~(6歳以下無料)
公式サイト https://www.hrad.cz/en/prague-castle-for-visitors

プラハ城の観光情報について、詳しくは「世界最古のプラハ城ココさえ見ればOK!見どころ5選・行き方・チケット情報 」をご覧ください!

プラハ市内観光で見るべき世界遺産②カレル橋

ヴルタヴァ川にかかるカレル橋は、ヴルタヴァ川の東西の岸にある「旧市街・新市街」と「マラーストラナ地区」を結んでいます。

全長500メートル超幅約10メートルも及ぶバロック様式の大きなカレル橋も、プラハ歴史地区の一部として、世界遺産に登録されています。

カレル橋の見どころは、橋の両端の欄干に設置された合計30体の聖人像と、絶景が望める2つの橋塔。なかでも、聖人「聖ネポムツキー像」は、台座のレリーフに触れると幸運が訪れると言われ、幸運にあやかりたい観光客が順番待ちをするほどの人気です。

カレル橋も日没後にはライトアップされ、特に、遠目に見るプラハ城との遠景は感動的な美しさ。昼と夜で異なる雰囲気を楽しめる、おすすめの散策スポットです。

カレル橋 基本情報
住所

Karlův most Praha 1- Staré Město / Malá Strana

営業時間

24時間

入場料 無料
公式サイト https://www.prague.eu/en/object/places/93/charles-bridge-karluv-most

プラハのカレル橋について、詳しくは「プラハ観光まずは《カレル橋》から!見どころ・行き方総まとめ 」をご覧ください!

プラハ市内観光で見るべき世界遺産③旧市街

ヴルタヴァ川の東岸にある旧市街は、プラハ市内のどこへ行くにもアクセスが良く、プラハ観光の中心となるエリア。世界遺産に登録されている旧市街そのものも、プラハで最も魅力的な街並みとして有名です。

細い路地の多いプラハでは珍しい、大きく開けた「旧市街広場」には、左右対称の2つの塔が目印のティーン教会や、バロック様式の外観が美しい聖ミクラーシュ教会など見どころがたくさん!

800年以上続くプラハ最古のマーケットでは、チェコグルメやお土産を買って楽しめます。

どこを撮ってもフォトジェニックな旧市街は、中世の時代から変わらない歴史ある景観。活気ある旧市街広場を散策すると、歴史の中にタイムスリップしたかのような気分を味わえますよ。

旧市街広場 基本情報
住所

Staroměstské náměstí 110 00 Praha 1- Staré Město

営業時間

24時間

入場料 無料
公式サイト https://www.prague.eu/en/object/places/183/old-town-square-staromestske-namesti

プラハのお土産情報について、詳しくは「2019最旬!プラハお土産スポットまとめ|人気雑貨・お菓子・ビールetc」をご覧ください!

プラハ市内観光で見るべき世界遺産④天文時計

「プラハの天文時計」とは、旧市街広場にある旧市庁舎の壁に設置された、からくり仕掛けの大きな時計のこと。約600年前からプラハの街で時を刻み続けているという、長い歴史を持つこの天文時計。チェコ語では「プラハのオルロイ」という名前で親しまれています。

プラハの天文時計の見どころは、からくり仕掛けの人形ショー。文字盤の左右に配置された4体の彫像と、上部の窓から現れる12使徒の像が、1時間ごとに時間を知らせるパフォーマンスを行っています。

綿密に計算された天文時計の仕組みと、からくり人形を目当てに、天文時計の前には常に人だかりが絶えません。

子供から大人まで、家族みんなで楽しめる世界遺産スポットです。

天文時計 基本情報
住所

Staroměstské náměstí 1/3 110 00 Praha 1- Staré Město

営業時間

24時間

※からくり人形のパフォーマンスは、9:00~23:00まで

入場料 無料
公式サイト https://www.prague.eu/en/object/places/3129/astronomical-clock

プラハの天文時計について、詳しくは「プラハ観光で絶対行くべき天文時計!見どころ・行き方・お土産情報 」をご覧ください!

プラハ市内観光で見るべき世界遺産⑤ストラホフ修道院の図書館

プラハ観光の穴場スポットである、プラハ城近くにあるストラホフ修道院の図書館

16~18世紀に造られた歴史ある図書館としての価値のほか、その見事な内装から“世界一美しい図書館”とも称されています。

図書館内には、天井に描かれたフレスコ画と優美な内装が美しい「哲学の間」と、バロック様式の細工が施された天井を持つ「神学の間」という2つの部屋があり、どちらの部屋の本棚も中世からの貴重な書物がぎっしり!

残念ながら観光客は部屋の中へ立ち入ることはできませんが、中世の街・プラハならではのゴージャスで重厚な雰囲気の図書館は、一見の価値有り!です。

ストラホフ修道院の図書館 基本情報
住所 Strahovské nádvoří 1/132 CZ 118 00 Prague
営業時間

9:00~17:00(年中無休)

入場料
  • 大人 120CZK(撮影許可は+50CZK必要)
  • 子供 60CZK

(6歳以下無料)

公式サイト https://www.strahovskyklaster.cz/en/

プラハ近郊のおすすめ世界遺産⑴チェスキークルムロフ

チェコ・プラハの郊外にある世界遺産「チェスキー・クルムロフ」は、プラハからバスや車で3時間ほどの距離に位置する、南ボヘミア州の小さな街。

日本人観光客からの人気が高く、チェコでは、首都・プラハに次いで多くの観光客が訪れています。

チェスキー・クルムロフは、プラハの歴史地区と同じ1992年に、ユネスコの世界遺産に登録されました。

小さな町中にそびえる大きなお城「クルムロフ城」と、“世界一美しい町”とも評されるルネッサンス様式の町の景観が歴史的価値が評価されています。

街全体が世界遺産となったチェスキー・クルムロフは、どこを歩いてもフォトジェニックで素敵な景色ばかり。

小さな町なので、プラハからの日帰りツアーなどの限られた時間のなかでも、十分に観光が楽しめるのも魅力です。

世界で一番美しい街?チェスキークルムロフについて、詳しくは「チェコで行くべき《チェスキークルムロフ》とは?4つの見どころ・行き方 」をご覧ください!

プラハ近郊のおすすめ世界遺産⑵ホラショヴィツェの歴史地区

ホラショヴィツェは、南ボヘミア地方独特の外観を持つ可愛らしい農家が立ち並ぶ、牧歌的な雰囲気の小さな村。プラハやチェスキー・クルムロフと同じく、町並みの歴史的な価値が評価され、1998年に村全体が世界遺産に登録されました。

ホラショヴィツェの見どころはなんといっても、素朴な外観の家並み。パステルカラーの壁や、それぞれ少しづつ違う外壁の飾りが特徴です。

城下町として栄えたプラハやチェスキー・クルムロフとは異なる、おとぎの世界のようなメルヘンチックで可愛らしい雰囲気の町が広がります。

注目POINT

プラハからホラショヴィツェまでは、陸路で2時間の距離。しかし、公共のバスを使う場合、チェスケー・ブジェヨヴィツェという都市での乗り換えを含めて所要時間は約4時間

チェスケー・ブジェヨヴィツェからホラショヴィツェを結ぶバスは本数が限られているため、ゆっくり観光を楽しむには、帰りのバスの心配が不要な現地ツアーを利用して訪れるのがおすすめです。

プラハの移動手段・交通事情について、詳しくは「プラハの移動で迷わない!5つの交通手段を徹底攻略 」をご覧ください!

プラハ市内も郊外も世界遺産の宝庫!

全12ヶ所の世界遺産を有するチェコ。特に「プラハの歴史地区」、「チェスキー・クルムロフ」、「ホラショヴィツェ」は海外からの観光客に人気のスポットになっています。

中世の町並みを現在まで大切に保存しているのは、現地の人々の努力あってのもの。歴史的価値や景観の美しさは唯一無二のものばかりです。

特にプラハは、コンパクトなエリアにたくさんの世界遺産スポットが集まっているので観光にも便利です。

プラハ旅行の際には、ゆっくり街散策をするなど、街全体が世界遺産だという特別な空間を存分に味わってみてくださいね!

RECOMMEND プラハのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事