" />

マカオ市内の交通ガイド!バス・シャトルバス・タクシーを使いこなそう!

現地情報
188views

マカオの面積は115.3 km²と小さく、東京都世田谷区の半分程度の大きさの都市です。そのため、残念ながら電車は走っていません。

マカオ市内の観光スポットはコンパクトにまとまっており、徒歩での移動も可能ですが、限られた時間の中で効率よく楽しむためには、車やバスなどの移動手段を使用できると便利です!

そこで、この記事ではマカオ市内の移動手段、バス・無料シャトルバス・タクシーについてご紹介。乗車方法やマナーなど知ってくと役立つ情報をお届けします。

マカオ市内の移動手段①路線バス

マカオ市民の足と言えばバス!地元っ子が簡単に使いこなしているように見えますが、市内には約90もの路線が走っています。

観光客には少し難しいかな?と嫌煙されがちですが、覚えてしまうと簡単&便利!観光時にも役立つので、是非乗り方を覚えましょう。

マカオのバスはどんな場所を走っているの?

マカオ市内を網羅するバス。上手に使いこなすためにも、利用前にマカオの観光局で路線図を入手しましょう。

また、最近はGoogle MAPなど便利なアプリもあります。日本語で現在地と目的地を入力すれば、どのバスに乗車すれば良いか教えてくれるので大変便利です。

バス乗車時はバス番号の確認もお忘れなく!同じ停留所に複数のバスが到着するので、行き先を間違わないようにしましょう。

マカオのバスはリーズナブル!

バスの料金は一律6MOP(約80円)。もちろん香港ドルでの支払いも可能です。注意点としては、バス車内では両替ができず、おつりもでないので必ず乗車前に小銭を用意しておきましょう。6MOPなかった場合は、諦めて多めに支払いましょう。

また大人1名に対して、身長100㎝以下のお子様1名は無料で乗車可能です。

これで完璧!バスの乗車・降車方法とは?

バスは手を挙げて、乗る意思を示してください。ボーと立っていると目の前を通り過ぎてしまいます。また、バス会社は3社あり、バスの車体の色が異なりますが、基本的な乗り方は全て一緒なので慌てずに!

乗車はバスの前から。料金は先払いが基本です。バスに乗車したら運転席となりの運賃ボックスにお金を入れるなり、ICカードをかざすなりしましょう。お金を入れる場所が見当たらない場合は、運転手さんにそのまま渡せばOKです。

降車時は車内のアナウンスまたは、電光掲示板で降りる停留所を確認したら、STOPボタンを押して、後ろから降りましょう。

マカオ市内の移動手段➁無料シャトルバス(ホテル運行)

マカオには、各カジノホテルグループが運営する無料シャトルバスが計16種類走っています。香港からの船が到着するフェリー乗り場や空港、中国との国境付近からもカジノホテルに向けてシャトルバスが運行しています。

こちらのシャトルバスは、同じホテルグループ間を巡回しているので、バスを選べば無料で市内観光を楽しむことも!とは言え本来の目的とは異なるので、節度を持って利用してくださいね!

無料シャトルバスを運行しているホテルグループ

  • コタイコネクション
  • ギャラクシーマカオ
  • スターワールドホテル
  • ギャラクシーマカオ
  • ヴェネチアン・マカオ
  • サンズ・マカオ
  • MGMコタイ
  • ウィン パレス
  • ウィンマカオ
  • スタジオシティ
  • シティオブドリームズ
  • その他に各ホテル直行のバスが複数

ざっくり分けてもこれだけの無料シャトルバスが走っています。フェリーターミナルや空港から、宿泊するホテルがある方はもちろん、香港からの日帰り旅行の人など、誰でも乗車できるのが良いところ!

例えば、フェリーターミナルから直接セナド広場周辺に向かいたい!という方はグランドエンペラーホテル(英皇娯楽)行きの紫のバスがおすすめです。

このバスは人気路線なので、行列も多く遠目で見ても分かりやすいかと思います。長時間待つのかと思えば、意外に列の進みは早いので、すぐにでも移動したい!という方以外は利用を検討されてみては?

他にもタイパ島の官也街に行くのであれば、「ギャラクシー・マカオ(銀河酒店)」「ザ・ベネチアン・マカオ(澳門威尼斯人)」のシャトルバスが大変便利です。

また、マカオ旧市街地に行くのであれば、「シティ・オブ・ドリームス(新濠天地)」、「スタジオシティ・マカオ(新濠影匯)」、「ウィン・パレス(永利皇宮)」のシャトルバスで向かい、マカオ・タワーへは「スタジオシティ・マカオ(新濠影匯)」のシャトルバスを利用しましょう。

ここがポイント

最近では各ホテルから人気観光地「セナド広場」に向けてシャトルバスを出していることも!宿泊前に公式HPで必ずチェックしておきましょう!

無料シャトルバス利用時の注意点

無料シャトルバスと言ってもボランティアで運行しているわけではありません。もちろん、カジノでお金を使ってもらうことが目的です。

なので、バスによっては宿泊者の証明やカジノでお金を使った証明(ホテルのカジノカード等)の提示を求められる路線もあります。(スタジオシティーのバスやグランド・リスボアのバスなどは証明が必要)ルールは突然変わることもあるので、その時はバスの係りの人の指示に従ってくださいね!

他にも、カジノの先にあるチケットカウンターでチケットを発行しないといけない、という条件がある場合もあります。この場合、カジノ内にお子様は入れないので、親子2名だった場合は諦めましょう。

マカオ市内の移動手段③タクシー

行きたい場所にピンポイントで行けるタクシー!料金も日本に比べると安く、大きな荷物がある時や複数人で利用する時は非常に便利です。気になる料金は以下の通り。

初乗り料金 1.6kmまでMOP19
以降240m毎 MOP2

30分の乗車でMOP80(約1,070円)ぐらいが目安です。日本よりも少し安いため、荷物が多い時など是非利用したいところ!人数と行き先によってはバスを乗り継ぐよりもお得になるかも?!

知っておきたいタクシー利用時の基礎知識

空港・フェリーターミナルからの出発、島間の移動。また大きな荷物を持っている場合はMOP2~5程度の追加料金が発生します。ちょっと高いかも?と思ったら、まずはこちらの追加料金が加算されていないか計算しましょう。

例えば、空港から大きなキャリーを持って移動する場合、空港発の分の追加料金と荷物分の追加料金の両方が加算されるため通常よりも割高になります。

また夕方17時~19時くらいはタクシーがなかなか捕まらない時間帯です。どうしても利用したい場合は最寄のホテルに呼んでもらいましょう。運転手は英語が通じないことも多いので、行き先を漢字で書いたメモを用意しておくとスムーズに!

タクシートラブルは?

残念ながら絶対にない!とは言い切れません。一時期は本当に評判が悪く、わざと遠回りをしたり、メータータクシーなのに場所を伝えるとMOP200ね!なんて先に値段を言われるといった報告が頻発しました。

最近はトラブルが減ってきた感じはありますが、0になったわけではないので、怪しいと思ったらすぐに降りてくださいね。

お得で便利なマカオパス

マカオでは、スイカのような交通系ICカード「マカオパス」の販売があります。このカードを利用すれば、バスの料金が半額のMOP3に!しかも1時間以内の乗り換えは無料になる優れものになっています。

もちろん使用上の注意点もあり!

最初のチャージ料金はMOP100(発行にはバスの保証金MOP30を含むMOP130が必要)と乗車料金MOP3に対して、かなりの高額チャージ!33回乗らないと消費できません。

でも大丈夫!こちらのICカードはコンビニやスーパーなどの買い物時の利用もOK!お店によってはマカオパス支払いで特典を受けられる場合もあるので、上手く活用したいところ。

マカオパスはどこで買える?

主にコンビニなどで購入可能です。空港に着いたら、到着ロビーのセブンイレブンで購入しておきましょう!

また、マカオフェリーターミナルにはコンビニがないので、ターミナルビル1階の旅行代理店で購入可能です。しかし、手数料(MOP10)がかかるので。フェリーターミナルから各ホテルの無料シャトルバスを利用して、市内まで出てからコンビニや世界貿易センターで購入するのをおすすめします。

世界貿易センターへは、サンズホテルまで無料のシャトルバスに乗り、サンズから友誼大馬路(大通り)を5分ほど歩くと到着します!

マカオ市内で配車アプリは利用できるの?

残念ながらマカオ市内でUber(ウーバー)は使用できません。香港では使用できるので、マカオでも当然!と思っているとビックリします。

マカオ市内の移動を快適に!

3種類の乗り物をご紹介しました!どれもマカオ市内の移動には大変便利な乗り物たちです。個人的にはマカオパスを使ってバスに乗るのが簡単でいいかな?と思いますが、複数取り混ぜて、ウロウロすると旅行の幅が広がりますよ♪

車窓からの眺めも各乗り物で結構違うので、目的地がなくても無料シャトルバスなどは乗ってみるのがおすすめ!アトラクションとしてもマカオの交通機関を楽しんでみてください♡

RECOMMEND マカオのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事