" />

【決定版】セブ島のおすすめ観光スポット15選!定番から穴場まで徹底解説!

観光
26088views

セブ島は、フィリピン屈指のリゾートアイランド。セブシティ観光はもちろん、郊外ではジンベイザメと一緒にシュノーケリング、ナルスアン島やボホール島といった周辺の島を巡るアイランドホッピングなど、南国らしいアクティビティが詰まった島になります。

今回はそんなセブ島のおすすめ観光スポットを一挙ご紹介します!セブ島観光の計画を立てる際は、ぜひ参考にしてくださいね。

また、本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。で何を体験しようかな?と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください!

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

セブ島の観光地1:ジンベイザメと泳げる漁村!オスロブ

セブ市内から車で約4時間の小さな漁村・オスロブ。なんとそこでは、大きなジンベイザメと一緒に泳ぐことができます

オスロブは世界で初めてジンベイザメの餌付けに成功した場所で、ジンベイザメとの遭遇率はほぼ100%。

全長20メートルはあろうかという巨大なジンベイザメは迫力満点です。日本ではできないスリル満点の体験で、大興奮すること間違いなし!世界中の観光客が集う、セブ島の超人気観光スポットです。

セブ島オスロブでジンベイザメと泳げる!オプショナルツアーはこちら

【フライト・ホテル・空港送迎】セブ島3泊4日|ジンベイザメとシュノーケルorアイランドホッピングツアー選択可!

セブ島の観光地2:ウミガメに会いに行く!モアルボアル

セブ島南西部に位置する小さな田舎町・モアルボアル。青い海と真っ白なホワイトビーチが美しい、ダイビングスポットとして有名な町です。

日本人にとっては、まだまだ穴場な観光地のモアルボアル。実はウミガメと遭遇できる確率が高いことでも知られます。

日本では見ることが難しいウミガメに会えたら、特別な気分が味わえますよ。セブ島のなかでも人気急上昇中の観光地です。

セブ島モアルボアルで海ガメと遭遇できるかも!?オプショナルツアーはこちら

セブ島の観光地3:セブ島はビーチだけじゃない!カワサン滝

セブといえばビーチアクティビティのイメージが強いですが、実はセブの自然は海だけではありません。セブ島のおすすめの自然スポットは、オスロブ近くにあるセブ最大の滝壺を持つカワサン滝

世界の美しい滝100選にも選ばれたカワサン滝は、セブ島随一のパワースポットとしても知られています。セブ島ならではの自然の偉大さを体感できる観光スポットです。

滝壺で泳いでみるもよし、バンブーボートでの滝くぐりに挑戦するもよし、楽しみ方は人それぞれ。セブ島の海を満喫したら、ひんやりとした淡水と滝のパワーに癒されるのもおすすめですよ。

セブ島最大のカワサン滝に感動必須!オプショナルツアーはこちら

セブ島の観光地4:癒し度100%の滝!ツマログ滝

セブ島の数ある滝のなかで、カワサン滝に続いておすすめなのがツマログ滝。地元でも「マジカルカーテンを作る神秘の滝」と言われる人気のスポットです。さらさらと幅広に流れ落ちるその様子は、まさに神秘的!

マイナスイオンがたっぷりの滝壺に、セブの自然の豊かさを感じずにはいられません。

セブ島の観光地5:これぞ秘湯!マラブヨック温泉

セブ島には、なんと天然の温泉があります!マラブヨック温泉は、セブ島の山奥にひっそりと佇む天然温泉

つり橋を渡り崖を登った先にある、冒険者にのみ与えられるご褒美になります!石でできたごつごつとした湯船に浸かり、自然の音に耳を澄ませるという、なんとも贅沢なのひとときを過ごせます。セブ島でアクティビティや街歩きを楽しんた後は、ぜひマラブヨック温泉でリラックスしましょう!

セブ島の観光地6:かわいい生き物に癒される♩ボホール島

ボホール島はセブ市内からフェリーで約2時間。世界一小さなメガネザル「ターシャ」に会える島として有名です。

手のひらにおさまる小ささで、枝にしがみつく小さな手足、きょろきょろと大きく潤んだ瞳がかわいいターシャは癒し度満点!その愛くるしさには、癒されること間違いなしですよ。

ボポール島でもう1つおすすめの観光スポットが、不思議な円錐形をした丘が一面に広がるチョコレートヒルズです。目の前に広がる神秘的な景色を眺めていると、非日常を満喫することができます。

自然にできたものとは、にわかに信じがたい不思議な光景です。400mもあるジップラインやロボックリバークルーズランチなど、ユニークな観光コンテンツがギュッと凝縮された人気の島です。

ボホール島は大自然に囲まれていることから、美しい星空も大きな魅力の1つ。運が良ければ、南十字星を見られるかもしれません!

観光スポット&アクティビティ満載!ボホール島のオプショナルツアーはこちら

セブ島の観光地7:セブ最古の教会 サントニーニョ教会

セブ最古の教会として、観光客も多く訪れるサントニーニョ教会。教会の祭壇には世界で初めて世界一周を成し遂げた大航海士「マゼラン」から贈呈されたサントニーニョ像があり、フィリピンの歴史に触れるには外せない観光スポットです。

フィリピンではキリスト教への信仰が強く、地元の人は今でもお祈りに通っています。このように、セブ島には自然豊かな離島からセブシティ内の観光スポット散策まで、誰もが楽しめるアクティビティが盛りだくさん!

離島をめぐるアイランドホッピングツアーやマリンアクティビティ、人気のレストランでのディナーなど、自分に合ったツアーを探してみてくださいね。

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

セブ島の観光地8:マゼランの軌跡 マゼランクロス

セブ島の歴史スポットとしておすすめなのが、マゼランクロス。航海士マゼランが世界一周の際中に上陸した場所に造られた十字架で、今ではセブ島の人気観光スポットとなっています。

フィリピンの歴史を物語る大きな十字架に圧倒されること間違いなし!さらに、当時の様子を壮大に描いた美しい天井のアートにもご注目ください。神秘的な光景に、つい時間を忘れ見入ってしまいますよ。

サントニーニョ教会と隣接した位置にあるので、教会と合わせて観光することをおすすめします。

セブ島の観光地9:セブ島の歴史を物語る サンペドロ要塞

セブ島のおすすめ観光スポット・サンペドロ要塞は、スペイン植民地時代に造られた要塞です。現在は歴史博物館となっていますが、アメリカの統治下にあった第二次世界大戦時には、日本軍の捕虜収容所として使われていました。

決して明るい歴史ばかりではありませんが、セブ島の歴史スポットを巡ることで、より充実したセブ島旅行になるでしょう。夜のライトアップも幻想的で、建物自体の建築美にもぜひご注目ください。

セブ島の観光地10:絶景夜景鑑賞ならここ!トップス

セブ島随一の絶景スポットといえば、山の上にある展望台・トップス。セブ市内を一望できるのはもちろん、晴れている昼間ならマクタン島やボホール島まで見えます。

おすすめは何と言っても、セブの煌びやかな表情が見られる夜景山頂付近にはレストランもあるので、夜景を見ながらのディナーを楽しむこともできますよ。

セブ島の夜景だけでなく、美しい星空を満喫するのも忘れずに。セブ市内の喧騒から離れて、リラックスするのにぴったりのスポットです。

セブ島の夜景と食事が楽しめる!トップスのオプショナルツアーはこちら

セブ島の観光地11:ながーい桟橋でリゾート気分♩ナルスアン島

セブ観光の花形アクティビティといえば、アイランドホッピング!綺麗なビーチを持つ離島を巡り、南国リゾート感を存分に味わいましょう。

島の外周が100メートルにも満たないという小さな離島・ナルスアン島。その特徴は、透明なエメラルドグリーンの海の上にどこまでも伸びる長ーい桟橋があること。島の外周よりも長いというから驚きです。

海と空の青さが映えた真っ白なビーチは、これぞリゾート!フォトジェニック画な写真を撮るスポットも盛りだくさんです。

ナルスアン島では、リゾート感たっぷりの桟橋に座って日光浴したり、透き通った海で心ゆくまで泳いでみたり。遠浅かつ穏やかな海でのんびりシュノーケリングを楽しんだり、さまざまな楽しみ方ができます。

セブ島ナルスアン島でアイランドホッピング!オプショナルツアーはこちら

セブ島の観光地12:ダイビングにぴったり♩ヒルトゥガン島

隆起サンゴ礁が島になっているヒルトゥガン島は、海洋保護区に指定された、魚の種類が豊富な美しい島です。マクタン島からはボートで約30分と、セブからのアクセスも便利なのが特徴。

シュノーケリングのメッカ」とも呼ばれるほど、シュノーケリングに適したスポットが多く、穏やかで透明度の高い海は一度潜るとやみつきになってしまいます。世界中のダイバーが唸るという美しい海が満喫できるヒルトゥガン島は、セブ島を訪れたら一度は足を運びたい観光スポットです。

セブ島ヒルトゥガン島でアイランドホッピング!オプショナルツアーはこちら

セブ島の観光地13:何もないが心地よい♩カオハガン島

セブの港からボートで約1時間。たどり着くのは東京ドーム1つ分ほどの小さな島・カオハガン島です。電気も水道も通っておらず「何もない島」と言われるほど素朴な島ですが、そこにはゆったりと満ち足りた時間が流れ、600人ほどの島民たちが心豊かに穏やかな暮らしを送っています。

のんびりとしたカオハガン島では、透明度抜群の海でシュノーケリングが楽しめます。また、カオハガン島は25年以上前に、日本人が購入した島として有名です。

カオハガン島の特産は美しいキルト。なんと1つが出来上がるのに2ヶ月を要するというから驚きです。

デザインはとっても可愛らしく、手軽に持ち運べるキルトはセブ島旅行のお土産にぴったり!セブ島からのアイランドホッピングで、ぜひ訪れてみてください。

セブ島の観光地14:セブ島の自然を体感!マラパスクア島

舗装道路や自動車もなく、今でもたくさんの自然が残るマラパスクア島は、真っ白な美しいビーチが魅力の離島。ニタリザメやマンタが見られることで有名で、ダイビングはもちろん、携帯電話をオフにして海辺でゆったりと日光浴するだけでも十分満喫できます。

そんなマラパスクア島はセブ北部に位置しているため、1泊のツアーで訪れるケースがほとんど。短期間の滞在でも時間を有意義に使える、日帰りツアーもあるので、滞在時間に限りがある方は要チェックです!

セブ島の観光地15:セブのリゾートエリア!マクタン島

セブ本島から橋で結ばれたマクタン島。セブ市街からは車で30分ほどとアクセスも良く、風光明媚なこの島は海外からの移住にも人気の島となっています。

他の離島へのアクセスも良いのも特徴です。セブのリゾートといえばマクタン島と言われるほど人気のリゾートエリアで、実際に多くの有名リゾートホテルが立ち並んでいます。

かつてマゼランからの襲撃を受けたマクタン島は、当時の王「ラプラプ」の知恵と勇気で戦いを勝利したとされているそう。戦いの様子を伝えるマクタンシュラインは、セブ島の歴史を語る上で重要なスポットとして必見です。

セブ島でも人気の離島!マクタン島のオプショナルツアーはこちら

セブ島3泊4日の観光モデルコース

セブ島は3泊4日という比較的短い滞在でも、ポイントを抑えることで十分満喫できます。あまり滞在時間に余裕がない方は、ぜひ参考にしてください!

  • 1日目 セブ市内散策:サントニーニョ協会やサンペドロ要塞などの観光スポットをはじめ、コロンストリートといったセブ市内のローカルスポットを巡りましょう。フィリピン料理を堪能するのも忘れずに!
  • 2日目 アイランドホッピング&ショッピング:マクタン島からバンカーボートで離島のナルスアン島やヒルトゥガン島を巡りましょう。セブ市内に戻ったら、アヤラモールなどでお土産探しをするのもおすすめ。
  • 3日目 ボホール島:世界最小のターシャ見学やロボックリバークルーズでのフィリピン料理ブッフェ、チョコレートヒルズなどを楽しみます。
  • 4日目 ジンベイザメツアー・帰路へ:早朝にホテルを出発し、ジンベイザメと及ぶシュノーケリングとカワサン滝を満喫します。その後直接空港に向かいましょう。

セブ島の治安は大丈夫?

セブ島の治安は、他の東南アジアの観光地に比べると比較的安定しています。しかし。世界中から観光客が訪れるため、有名観光地やマーケットの人混みなどでは軽犯罪に注意が必要です!

セブ島で特に発生しやすい軽犯罪といえば、スリや置き引き。常にバックは体の前に抱えて持ち、必要最低限の貴重品のみを持ち歩くようにしましょう。レストランやカフェなどでも、貴重品から目を離さないようにするのが鉄則です。

さらに詳しいセブ島の治安情報はこちら

セブ島人気アクティビティランキング1~3位

最後に、セブ島での人気ツアーランキングを紹介します。ぜひ今後の旅行プランを立てる際の参考にしてくださいね!

第1位:ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング体験+秘境カワサン滝

タビナカオリジナルルートで、遭遇率100%を誇る野生のジンベイザメと一緒に泳げるツアーです!シュノケーリング後は、秘境の滝壺でたっぷりとマイナスイオンを浴びて癒されましょう。ホテルまでの往復送迎&日本語ガイド付きなので、初セブ旅行の方にもおすすめのツアーです。

>>>人気ランキング第1位「ジンベイザメツアー」の体験はこちら

第2位:ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング

セブ島最南端のオスロブでジンベイザメと一緒に泳げるツアーです!タビナカで最も人気があるツアーの1つで、初めてのセブ島旅行者に特におすすめのツアーです。日本語での対応が可能なので、英語が苦手な方にもおすすめです!

>>>人気ランキング第2位「ジンベイザメツアー」の体験はこちら

第3位:アイランドホッピング体験

長い桟橋が有名なナルスアン島と高い透明度を誇るヒルトゥガン島という、セブを代表する2つの島で、シュノーケリングを楽しめるツアーです。フォトジェニックな白い砂浜と真っ青な空を満喫しましょう!

>>>人気ランキング第3位「アイランドホッピング」の体験はこちら

【フライト・ホテル・空港送迎】セブ島3泊4日|ジンベイザメとシュノーケルorアイランドホッピングツアー選択可!

セブ島には、他にも秘湯温泉ツアー、エステなどのリラクゼーション体験も充実しています。まだセブ島で何をするのか決まっていない方は、豊富なツアーからお気に入りの過ごし方を見つけてみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

>>>セブ島の人気アクティビティはこちら

WRITER 葉田 萌
1990年生まれ。高知県出身。高校・大学時代に2度のイギリス留学を経験する。留学中は相棒のぬいぐるみとイギリス国内、ヨーロッパ各地を小さなリュックサック一つで旅行。帰国後は大学在学中に結婚、出産し、オーストラリア育ちの夫と共に長女のバイリンガル育児に奮闘中! 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回紹介するのは定番の海ではなく、セブ島の夜遊び事情です。日本では味わうことのできないような、東南アジアらしい夜の活気に溢れたセブ島の夜遊びについて紹介していきます。また…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事