" />

チェコの世界遺産《ホラショヴィツェ》とは?見どころ4選&行き方

観光
130views

チェコ・プラハから約2時間の距離にあるホラショヴィツェは、世界遺産に登録されている小さな村。

古き良きヨーロッパの街並みが残るチェコ国内の中でも、とりわけ独特でかわいらしい景観が魅力。絵葉書や絵本のような世界が楽しめる人気の観光スポットです。

今回は世界遺産にも登録されているホラショヴィツェの見どころおすすめの観光スポットだけではなく、プラハから行き方も紹介!

ここでしか見られない、牧歌的でメルヘンチックなホラショヴィツェの魅力をぜひご堪能ください。

チェコの世界遺産ホラショヴィツェとは?

ホラショヴィツェ(チェコ語:Holašovice、ドイツ語:Holaschowitz)はチェコの南、プラハから車で2時間ほどの場所にあるボヘミア地方の小さな村です。

ホラショヴィツェ村の中心部の大きさは、南北に約1km東西に約600mほどで、村を一周するだけなら15分もかかりません。

村自体の規模はとても小さく、20軒ほどの農場、鍛冶屋と居酒屋が2軒ずつ、小さな教会が1軒、そして民家が120軒ほど。人口はわずか140人程度です。

そして、驚きはホラショヴィツェにある建物の数は800年間まったく変わっていないということ!そのため、中世ボヘミアの村落構造やバロック様式の建物が現在に至るまで残されているのです。

そんなチェコの小さなホラショヴィツェ村には、世界各国からたくさんの観光客が訪れています。

ホラショヴィツェの歴史をざっくり解説

中世ヨーロッパの時代から、実は激動の時代をくぐり抜けてきたホラショヴィツェの歴史を少し解説しましょう。

  • 14世紀
    ホラショヴィツェは、14世紀にヨーロッパで猛威をふるったペストによって、一度壊滅的な状況に陥りました。1520年から1525年にかけてのペストの流行によって、村の人口はわずか2名にまで減少してしまったのです。その記憶は現在でも、村の外れに建てられたペスト死者墓地に立つ円柱に残されています。
  • 1930年代〜
    その後1930年に村の人口は17人に。そしてチェコ語地域の中のドイツ語圏の飛び地となって以降の1895年にはドイツ系住民が157人、チェコ人の住人は19人と回復していきました。

  • 第二次世界大戦
    しかし、第二次大戦後のドイツ系住人の追放によって村は再び荒廃状態に。冷静時代の間、ホラショヴィツェは忘れられた村となってしまいました。
  • 1990年以降〜
    その後1990年に村の修復がなされ、再び人が住むようになりました。つまり、ホラショヴィツェは歴史の中で何度も消え去りそうになりながらも、現在に至るまで懸命にその姿を残してきたのです。

1998年ホラショヴィツェがユネスコ世界遺産登録へ

1998年にUNESCOの世界遺産として登録されました。

歴史的背景や、南ボヘミア風バロック様式という珍しい建築様式の家屋が、現在に至るまで保存されていることが登録の要因になっています。

1292年 ホラショヴィツェの名が歴史に初めて登場
14世紀 ホラショヴィツェの原型として、村の形が出来たのは14世紀
オーストリアやバイエルン地方の農民たちが南ボヘミアに移住したのがきっかけで、村民たちによって南ボヘミア風バロック様式の家屋へと改築
1840年〜1880年 家屋の建て替えが始まる
1990年 大々的な修復が行われ、現在の村の姿に

当初は「ホラショヴィツェの歴史的集落保存地区」という名称でしたが、2015年に現在の「ホラショヴィツェの歴史地区」の登録名へと変更されました。

ここに注目!ホラショヴィツェの見どころ4選

では、ここからはホラショヴィツェの見どころ・おすすめの観光スポットを紹介していきましょう。

ホラショヴィツェの見どころ①独特でかわいらしい家屋

ホラショヴィツェの一番の見どころは、やはりなんと言っても南ボヘミア風バロック様式のかわいらしい家屋の数々です。

バロック様式はもともと16〜18世紀のヨーロッパで流行した、曲線や楕円が多く用いられた豪華な装飾を特徴とする建築様式のこと。

ところがホラショヴィツェの建築は、バロックの華麗な装飾と田園風景との調和が図られた「素朴風バロック」とも呼ばれる、独特の建築様式になっています。

どうしてホラショヴィツェの建物がこんなにかわいらしいデザインなのでしょう?

実はこれ、当時の人が村の外から花嫁を呼び込むためだったのです。

ノンビリとした風景の中にかわいらしいデザインの家が並ぶ様子はとてもメルヘンチックで、思わずウキウキと心が踊って来るようですね。

ホラショヴィツェ観光案内所・基本情報
現地名 Infocentrum Holašovice
所在地 Holašovice 6 373 84 p. Dubné
電話番号 +420 387-982-145
営業時間 9:00~17:00
休日 月曜・火曜・日曜日
公式HP(英語) http://www.holasovice.eu/

ホラショヴィツェの見どころ②華麗な装飾や窓の飾り

ホラショヴィツェではかわいらしい家が立ち並ぶ様子だけではなく、それぞれの家に施されている装飾や窓枠にも注目!

パステルカラーを基調としたかわいらしい飾りは、家屋によってデザインが異なり、その家を特徴づけるものとなっています。

窓辺に飾られた花も、まるで絵本のような世界。

村民たちが家並みを守り、独自の文化を保存してきたからこそ、世界遺産にも登録されたというわけ。

観光案内所の近くの民家は陶芸工房になっています。

当時の人々の生活の様子を見学できたり、南ボヘミア地方のモチーフをアレンジした陶器小物の販売、オリジナルアイテムのオーダーも受け付けていますよ!

ホラショヴィツェ陶芸工房・基本情報
現地名 Keramická dílna
所在地 Holašovice 25, 373 84 Jankov
電話番号 +420 777-076-232
営業時間 9:00~17:00
休日 なし
公式HP https://keramikamuglovi.wgz.cz/rubriky/homepage

ホラショヴィツェの見どころ③ネポムクの聖ヨハネ礼拝堂

ホラショヴィツェの見どころの3つ目は、ネポムクの聖ヨハネ礼拝堂。観光案内所の向かい側に位置しています。

1755年に建てられたネポムクの聖ヨハネ礼拝堂は、ホラショヴィツェのシンボル的な存在。
4月には春の訪れを告げるメイ・ポール(5月の柱)を立てて行う春祭りや、謝肉祭、農業祭などの村の大切なイベントが行われています。

礼拝堂はとてもフォトジェニックなので、ぜひ写真に収めたい建築ですね。観光客もこぞって写真を撮るスポットになっています。

ホラショヴィツェの見どころ④ストーンヘンジ

ホラショヴィツェになぜストーンヘンジがあるのか?

実はこれ、観光名所としてイギリスの本家ストーンヘンジを模したものではなく、ペストの災厄に見舞われて亡くなった人たちを祀った墓地になっています。

小高い丘に据えられたホラショヴィツェのストーンヘンジは、村の歴史を現代に伝えるモニュメントでもあります。

厳粛な気持ちにもなりますが、天気のいい日にはホラショヴィツェの街並みだけではなく、ボヘミア地方で最も美しい城と称されるフルボカー城を捉える絶景が見られるため、ホラショヴィツェ観光の際には見どころの観光スポットでもあります。

プラハからホラショヴィツェまでのアクセス!3通りの行き方

チェコの首都・プラハからホラショヴィツェまでは直線距離で約120km。南ボヘミアの田舎町であるホラショヴィツェは、決して交通の便がいい場所とは言えません。

プラハからホラショヴィツェへは、3通りの行き方から選びましょう!

プラハからホラショヴィツェへの行き方①長距離バスを利用する

チェコ国内の長距離移動は、電車よりも本数が多く料金も安いバスの利用がおすすめです。

  1. バスでプラハからホラショヴィツェまで向かう際には、長距離バスで、まずチェコ南部の都市「チェスケー・ブジェヨヴィツェ」を目指すことになります。「Regio Jet」というバス会社か「Flix Bus」の二択になります。
  2. チェスケー・ブジェヨヴィツェに到着したら、ローカルバスに乗り換えてホラショヴィツェを目指します。所要時間は30~40分
    バスの本数は限られているので、帰りの時間も確認しておきましょう。

Flix Busの利用方法は以下の通りです。

Flix Busの利用方法
  1. 公式サイト(https://shop.global.flixbus.com/)にアクセス
  2. From(出発地)に「Prague」(プラハ)、To(目的地)に「Český Krumlov」(チェスキー・クルムロフ)を入力
  3. Departure(出発日)とReturn(到着日)を選択し、「Search」をクリック
  4. 便を選択
  5. 「Book」をクリック
  6. 個人情報を入力
  7. 希望シートの選択と追加手荷物を選択(7kgまでの手荷物と20kgまでの預け入れ手荷物は無料)し、Proceed to paymentをクリック
  8. クレジットで決済
  9. 支払い完了後、指定のメールアドレス宛にeチケットが届く
  10. プラハのメインバスターミナル(Praha Florenc)のFlix Bus乗り場から乗車

プラハからホラショヴィツェへの行き方②現地ツアーを利用する

プラハからホラショヴィツェにまでは乗り換えがあり、予約に手間取るローカルバス移動。ちょっと不安な場合は、現地のオプショナルツアーを利用がおすすめです。

現地オプショナルツアーは、同じく世界遺産に指定されている人気の観光都市、チェスキー・クルムロフがセットになっているものが多く、一日で2つの世界遺産を同時に観光できるので人気のコースになっています。

バスツアースケージュール一例
8:00~8:30 ホテル出発
10:00~10:30 ホラショヴィツェ到着・自由散策
11:30 ホラショヴィツェ出発
12:00頃 チェスキー・クルムロフ到着・自由散策
15:00 チェスキー・クルムロフ出発
18:00頃 プラハ着・解散
料金目安 大人/2万5000円前後、子ども/1万5000円前後

プラハからホラショヴィツェへの行き方③レンタカーを利用する

プラハでは国際空港や中央駅のほか、市内の各所にある営業所でレンタカーを借りることが出来ます。「Hertz」や「Europcar」、「Avis」などの大手レンタカー会社が揃っているので、事前にネットで予約しておきましょう。

特にHertz(ハーツ)の予約サイトは日本語にも対応しているのでおすすめです。レンタル料金はクラスにもよりますが、各種保険込みで1日1万円前後

ホラショヴィツェ到着後は、観光案内所の近くの無料駐車場も利用可能です。

海外でのドライブは、標識や異なる交通ルールなどハードルも高い一方、自由な観光ができるので、可能であればぜひ検討してみてくださいね!

プラハの移動手段・交通事情について、詳しくは「プラハの移動で迷わない!5つの交通手段を徹底攻略 」をご覧ください!

ホラショヴィツェの天気はプラハと違う?おすすめのシーズンは?

ホラショヴィツェ観光のベストシーズンはズバリ夏!

チェコは内陸国で、緯度は北海道より高い位置にあるため、湿度が低く夏はとても快適に過ごせます

また、春や秋のホラショヴィツェも朝晩こそ冷え込みますが、日中は天気も安定しているので安心して観光を楽しめます。

プラハとの違いは冬の景色。

プラハでは雪が降ることはあっても積もることは珍しい天気ですが、郊外のホラショヴィツェでは冬場はしっかり積雪します。

雪が積もったホラショヴィツェの風景はとても素敵なのですが、オフシーズンで村のレストランやバーも閉まっていることが多いので、冬はホラショヴィツェ観光には不向きのシーズンだと言えます。

プラハの天気について、詳しくは「プラハのベストシーズンは夏!年間天気・おすすめ服装情報 」をご覧ください!

ホラショヴィツェと観光したい!チェスキー・クルムロフとは?

現地オプショナルツアーで、ホラショヴィツェと周遊するコースが一般的なチェスキー・クルムロフ

チェスキー・クルムロフは、ホラショヴィツェと同じように街全体が世界遺産に指定されている、チェコ国内でも有数の人気観光地です。

ホラショヴィツェの建築とは全く異なる、16世紀ルネサンス様式の街並みは「世界で一番美しい街」とも称され、とても見応えがありますよ!

ホラショヴィツェからチェスキー・クルムロフまでは車で30分程度の距離のため、チェスキー・クルムロフ観光もぜひ楽しんでください。

世界で一番美しい街?チェスキークルムロフについて、詳しくは「チェコで行くべき《チェスキークルムロフ》とは?4つの見どころ・行き方 」をご覧ください!

世界遺産・ホラショヴィツェ観光を満喫しよう!

かわいらしい家並みが素朴なホラショヴィツェ。歴史と文化の街・プラハや中世ヨーロッパの雰囲気を堪能できるチェスキー・クルムロフと並んで、チェコ旅行では絶対に訪れたい観光地です。

プラハからの交通の便はあまり良くありませんが、郊外の静かなゆったりとした時間を過ごすこともできます。

なによりチェコの人たちの日常生活を垣間見ることができるのも、ホラショヴィツェ観光の醍醐味と言えるでしょう。

今回の記事を参考にして、歴史や文化が凝縮されてたホラショヴィツェ観光をぜひ堪能してくださいね!

 

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事