" />

ウィーン旅行で役立つ言語20選!ドイツ語&英語の会話例付きで完璧★

現地情報
229views

中世の華やぎを今に伝えるオーストリア・ウィーン。旅行する日程とプランが決まったら、滞在中に必要な現地の言葉に不安を覚える方もいるのでは?

今回はウィーン旅行で使える簡単なオーストリアの言語を、厳選して20フレーズご紹介。現地で役立つ英語も合わせてご案内するので、旅の前にサラリと覚えて快適なウィーン旅行を楽しみましょう!

オーストリア・ウィーンの言語って何?英語は通じる?

オーストリアの公用語は「ドイツ語」です。ただし地理的な問題と歴史的背景から、ドイツで使われている「ドイツ語」とは発音やアクセントなどが異なります。

一般的に「オーストリアドイツ語」と呼ばれ、オーストリアならではの単語もいくつかあるので気を付けましょう。

ウィーンをはじめとする主要観光地はある程度英語が通じるので、ドイツ語ができなくても大きな心配はありません

ただし、英語がまったくできないオーストリア人もいるので、これからご紹介する基本的な文法とフレーズを覚えておくと安心です。

滞在中、挨拶やお礼などの簡単なフレーズは、進んで現地の言語を使ってみましょう!オーストリアの人々にも喜ばれ、よりスムーズで快適な旅行になりますよ。

ドイツ語の基本

ドイツ語の簡単な言葉を覚える前に、基本的な文法を知っておきましょう。

ドイツ語は北ヨーロッパで使用される言語と同じ、「ゲルマン語」に分類されます。もとは同じくゲルマン語だった英語とどこか似通ったように感じるのもそのためです。

発音はローマ字のようにアルファベットをそのまま読む場合が多く、英語に比べ単純かつ簡単です。

平叙文の並びは「動詞が2番目にくる」、という大前提を除けば基本的に自由。これは名詞につく形容詞や冠詞が変化することで主語や目的語を示し(格変化)、文中の位置を問わないからです。

  • 英語
    ★The men (その男)
     →格変化がなく主語なのか目的語なのか不明のため、文中での位置が大切。
  • ドイツ語
    ★Den Mann(その男)
     →英語のTheにあたるDenが格変化して「目的語」であることを示しているので、文中の位置は自由。

ドイツ語の人称代名詞

ドイツ語は一人称(私は)が「ich(イッヒ)」、二人称(あなた)の親しい間柄は「du(ドゥー)」、知らない人や目上の人に対しては「Sir(ズィー)」を使用します。

一人称 二人称
(親)
二人称
(敬)
三人称
(彼)
三人称
(彼女)
三人称
(それ)
単数 ich du Sir er sie es
複数 wir ihr Sir sir sir sir

*それぞれ英語のように格変化(I my me mineなど)あり。

ドイツ語の数字と読み方

ここでは基本的なドイツ語の数字1~10、20、100、1000までの数字をご紹介します。

数字 ドイツ語 読みかた
1 eins アインス
2 zwei ツヴェイ
3 drei ドライ
4 vier フィーア
5 funf フュンフ
6 sechs ゼクス
7 seiben ズィーベン
8 acht アハト
9 neun ノイン
10 zehn ツエーン
20 zwanzig ツヴァンツィヒ
100 hundert フンダルト
1000 tausend タオゼント

ウィーンで使う言語と英語①ありがとう

気持ちの良いオーストリア・ウィーン旅行にするために、欠かせないのがこの言葉。使うタイミングは日本と同じです。レストランやお店の従業員、道を聞いた人にも気軽に使ってみましょう。

ありがとう ありがとうございます
英語 Thank you Thank you very much
ドイツ語 Danke
(ダンケ)
Danke schön
(ダンケシェーン)

会話例

★ありがとう!:Danke(ダンケ)!

◆どういたしまして!:Bitte schön(ビッテ シェーン)!

ポイント

返答の「どういたしまして」は、もうひとつ「Gern geschehen(ゲルン ゲシェーエン)」の言い方も。こちらは「自分が(あなたに)したかっただけだから、どうぞ気にしないで」の意味が含まれます。

ウィーンで使う言語と英語➁こんにちは

こちらもオーストリア・ウィーン旅行で、ぜひ頻繁に使ってほしい挨拶の言葉。レストランやお店に入ったとき、相手に話しかけるときも、まずは「こんにちは」からスタートです。

「黙ってお店(レストラン)に入って、黙って去る」。日本では許される振る舞いですが、オーストリアではかなり不作法です。お店の人と目があった際は、まずは「笑顔で挨拶」を心がけましょう。

こんにちは(敬) こんにちは
英語 Hello Hello
ドイツ語 Gruess Gott
(グリュス ゴット)

Hallo
(ハロー)

会話例

★こんにちは、ここ空いてますか?(レストランやカフェで):
 Gruess Gott, Ist hier frei(グリュス ゴット、イスト ヒア フライ)?

◆こんにちは、はい、どうぞ:
 Gruess Gott, Ja  bitte(グリュス ゴット ヤー ビッテ)!

ポイント

本来ドイツ語の”こんにちは”は、「Guten Tag(グーテンターク)」ですが、オーストリアでは「Gruess Gott (グリュス・ゴット)」が主流。「Hallo」は一般的な挨拶の言葉として頻繁に使われています。さらに親しい間柄では「Servus(ゼアヴス)」や「Hi(ハイ)」といった挨拶の言葉も。

ウィーンで使う言語と英語➂さようなら

「こんにちは=Gruess Gott (グリュス・ゴット)!」とセットで覚えたい別れ際の言葉。レストランやお店を出るときはもちろん、道を聞いた人へ「ありがとう」の言葉とともに積極的に使いましょう。

さようなら
英語 Good bye
ドイツ語 Auf Widersehn
(アウフ ヴィーダーゼーン)

会話例

★ありがとう、さようなら!:
 Danke schön, Auf Widersehn 
 (ダンケシェーン、アウフ ヴィーダーゼーン)!

◆さようなら!:
 Auf Widersehn
 (アウフ ヴィーダーゼーン)!

ポイント

「さよなら」を意味するドイツ語の「Tshuss (チュース)」は、オーストリアでは親しい相手のみに使うカジュアルな言葉です。

ウィーンで使う言語と英語④お元気ですか?

観光中に顔見知りになったホテルの従業員やお店の人へ、気軽に使いたい挨拶の言葉。日本のように堅苦しく考える必要はありません。「こんにちは」につづく、軽い挨拶の言葉として覚えるとよいでしょう。

お元気ですか?
英語 How are you?
ドイツ語 wie geht es Ihnen?
(ウィー ゲート エス イーネン)

会話例

★こんにちは、お元気ですか?:
 Gruess Gott, wie geht es Ihnen
 (グリュス  ゴット、ウィー ゲート  エス イーネン)?

◆こんにちは、ありがとう、元気です:
 Gruess Gott, Danke, Mir geht es gut
 (グリュス ゴット、ダンケ!ミア ゲート エス グーロト).

ポイント

より丁寧な会話として、相手にも「元気ですか?」と聞いてみましょう。

ウィーンで使う言語と英語⑤すみません

人に何かを訪ねるとき、くしゃみをしたとき、前の人が邪魔で通れないときなどに使う便利な言葉。レストランでウエイターを呼ぶときにも使えます。

すみません
英語 Excuse me
ドイツ語 Entschuldigung
(エントシュルディグング)

会話例

★すみません、通してください:
 Entschuldigung, darf ich bitte mal durch
 (エントシュルディグング ダァフ イッヒ ビッテ マール ドゥルヒ)

ポイント

レストランでウエイターを呼ぶときは、「Entschuldigung」の語尾を上げて発音しましょう。もう少し丁寧ないい方なら「Entschuldigen Sie bitte(エントシュルディゲン・ズィー・ビッテ)」が適切です。そのほかにも深い謝罪を示す場合もこの言葉が使われます。

ウィーンで使う言語と英語⑥ごめんなさい

何かを頼まれて(尋ねられて)、断るときに使う言葉。「申し訳ないけど~」という意味が込められています。

ごめんなさい
英語 I am sorry
ドイツ語 Es tut mir leid
(エス トゥット ミア ライト)

会話例

★すみません、最寄り駅はどこですか?:
 Entschuldigung, so der nächste Bahnhof ist?
 (エントシュルディグング、ゾー デア ネーヒステ バーンホーフ イスト?)

◆ごめんなさい、分かりません:
 Es tut mir leid、Ich weiss es nicht
 (エス トゥット ミア ライト、イッヒ ヴァイセス ニヒト)

ポイント

日本のように、やたらと「ごめんなさい」を連発するのは不自然になるので気を付けましょう。「Es tut mir leid」は「お気の毒です」の意味もあるので、友人や知人に不幸があった場合、慰めの言葉としても使用できます。

ウィーンで使う言語と英語⑦はい・いいえ

オーストリア・ウィーン旅行で必ず覚えておきたい返事の言葉。自分の意志を明確に表現するためにも、恥ずかしがらずにハッキリと発音しましょう。

はい いいえ
英語 Yes No
ドイツ語 Ya(ヤー) Nein(ナイン)

会話例

★お元気ですか?:wie geht es Ihnen(ウィー ゲート エス イーネン)?

◆はい、元気です!:Ja, Mir geht es gut(ヤー、ミア ゲート エス グーロト)!

ポイント

英語で「いいえ、結構です」を意味する「No,Thank you」は、ドイツ語で「Nein,Danke」になります。

ウィーンで使う言語と英語⑧ください

あらゆる場面で使える便利な言葉。誰かに何かをお願いするときには、積極的に使いましょう。

ください
英語 Please
ドイツ語     Bitte(ビッテ)    

会話例

★メニューください:Speisekatre bitte(シュパイゼカーテ ビッテ)

★少々お待ちください:einen Moment bitte(アイネン モメント ビッテ)

ポイント

人にお願いされて承諾する場合「はい、どうぞ」として、「Ja, Bitte(ヤー ビッテ)」など使い方はいろいろ。

ウィーンで使う言語と英語⑨分かりません

いわれた言葉が理解できないときに使う言葉。オーストリア滞在中はドイツ語で話しかけられる場合もあります。曖昧な態度をしめさず、はっきりと「分かりません」と答えましょう。

分かりません
英語 I do not understand
ドイツ語 Ich verstehe nicht
(イッヒ フェアシュテーエン ニヒト)

会話例

★オーストリア人から質問:”???????”

◆ごめんなさい、分かりません:
 Es tut mir leid, Ich verstehe nicht, was du sagst.
 (エス トゥット ミア ライト、イッヒ フェアシュテーエン ニヒト)
 私はドイツ語ができません:
 Ich kann nicht Deutsch
 (イッヒ カン ニッヒト ドイチュ)
 英語でお願いします:
 Auf Englisch bitte
 (アウフ エングリッシュ ビッテ)

ポイント

質問は理解できるけど、答えが分からない場合は「知りません」を意味する「Ich weiss es nichtイッヒ ヴァイセス ニヒト)」を使います。

ウィーンで使う言語と英語⑩大丈夫

相手を気遣うとき/気遣われたときの返答に使う言葉。オーストリアでは頻繁に使われる言葉なので覚えておくと便利です。

大丈夫ですか?
英語 Everything is OK?
ドイツ語 Alles OK?
(アッレス オーケー?)

会話例

★大丈夫ですか?:Alles OK?(アッレス オーケー?)

◆大丈夫です!:
 -Kein Problem(カイン プロブレーム)
 -Ich bin schon Ok(イッヒ ビン ション オーケー!)

ポイント

大丈夫ですか?を意味するドイツ語は沢山あります。英語の「Everything all right?」を意味する「Alles Ordnung(アッレス オルドゥヌング)?」、「all right?」を意味する「Alles Klar(アッレス クラー)?」など。

ウィーンで使う言語と英語⑪これは何ですか?

簡単な挨拶に慣れたら次に覚える言葉はこれ。レストランのメニューにある単語や、お店の商品で分からない物があったら店員に聞いてみましょう。

これは何ですか?
英語 What is this?
ドイツ語 Was ist das
    (ヴァス イス ダス?)    

会話例

★これは何ですか?:Was ist das?(ヴァス イス ダス?)

◆これは白ビールです:Das ist ein Weißbier (ダス イス アイン ヴェイスビアー)

ポイント

質問に対しての返答はもちろんドイツ語になるので、ボキャブラリーの数に自信がない人は英語を使いましょう。

ウィーンで使う言語と英語⑫良い一日を

「さよなら」といっしょに使いたい別れ際の言葉。日本では馴染みの薄いフレーズですが、オーストリア滞在中は(誰に対しても)別れ際に進んで使ってみましょう。

良い一日を
英語 Have a good day
ドイツ語 Einen schönen Tag 
(アイネン シェーネン ターク)

会話例

★さようなら、良い一日を!:
 Auf Widersehn, Einen schönen Tag
 (アウフ・ヴィーダーゼーン、アイネン シェーネン ターク)!

◆ありがとう、あなたもね!:
 Danke, gleichfalls
 (ダンケ、グライヒファルス)!

ポイント

午前中、または午後の早い時間に使いましょう。金曜日や土曜日には「良い週末を!」を意味する「Schönes Wochenende! (シェーネス ヴォッヘンエンデ)」のフレーズが最適です。

ウィーンで使う言語と英語⑬もう一度言ってください

相手のいうことが聞き取れなかったときに使う言葉。ある程度ドイツ語が理解できる人は、恥ずかしがらずにお願いしてみましょう。

もう一度言ってください
英語 Could you please repeat it again?
ドイツ語 Können Sie das wiederholen?
 (ケネン ズィー ダス ヴィーダァホーレン)

会話例

★オーストリア人から質問:”??????”

◆もう一度言ってくれますか?:
 Können Sie das wiederholen  (ケネン ズィー ダス ヴィーダァホーレン)?

ポイント

早すぎて聞き取れない場合は、「もう少しゆっくり喋ってください」を意味する「Sprechen Sie bitte langsam(シュプレッヘン ズィー ビッテ ラングサマー)」を使いましょう。

ウィーンで使う言語と英語⑭~はどこですか?

オーストリア観光中に、必ず役に立つ言葉。地図を片手に訪ねると効率的です。

~はどこですか?
英語 Where is ~?
ドイツ語 Wo ist~?(ヴォ イスト)

会話例

★トイレはどこですか?:
 wo ist die Toilette ヴォ イスト ディ- トアレッテ?)?

★駅はどこですか?
Wo ist der Bahnhof (ヴォ イスト デアー バーンホーフ?)?

ポイント

「~はどこですか?」の「~」にあたる名詞の前には必ず冠詞が入ります。ドイツ語の冠詞は複雑なので、旅行中は必要な単語の冠詞をセットで覚えておくと便利です。

ウィーンで使う言語と英語⑮幸運を!

大きなことにチャレンジする友人や、励ましの気持ちを込めて使う言葉。旅行中に使う出番はないかもしれませんが、オーストリア現地の人から旅立つあなたに向けて発せられるかもしれません。

幸運を!
英語 Good luck!
ドイツ語 Viel Glück! (フィール グルック!) 

会話例

★さよなら、幸運を!:
 Auf Widersehn, Viel Glück (アウ ヴィーダーゼーン、 フィール グルック!)

◆ありがとう:
 Danke!(ダンケ!)

ポイント

そのほかにも励ましを意味するフレーズは沢山あります。頑張ってを意味する「Toi toi toi(トイ トイ トイ)」。誕生日や応援など、さまざまなシチュエーションで使える「Alles Gute(アッレス グーテ)」など。

ウィーンで使う言語と英語⑯これは幾らですか?

ショッピングに役立つ言葉。ただしドイツ語の数字を覚えないかぎり返事の価格は分からないので、数字の聞き取りが完璧になってから使いましょう。

これは幾らですか?
英語 How much is this?
ドイツ語 Wie viel kostet das?
(ヴィー フィール コステット ダス)

会話例

★これは幾らですか:Wie viel kostet das?(ヴィー フィール コステット ダス)?

◆25€です:fünfundzwanzig euro(フュンフ ウンド ツヴァンツィヒ オイロ)

ポイント

ドイツ語の数字二桁は、下一桁から読み始めます。初心者にとって数字の聞き取りは難しいので、英語を使用するか、トラブルを避けるためにも電卓やレジの数字できちんと金額を確認しましょう。

ウィーンで使う言語と英語⑰高い・安い

価格の高い・安いに対して使う言葉。治安のよいオーストリアでは滅多にありませんが、ぼったくり被害にあった際の価格交渉に覚えておくと便利な単語です。

高い 低い
英語 Expencive Cheap
ドイツ語 Teuer(トイヤー) Billig(ビリヒ)

会話例

★これは幾らですか?:
 Wie viel kostet das?(ヴィー フィール コステット ダス)?

◆20€です:
 zwanzig Euro(ツヴァンツィヒ オイロ)

★え、それは安いですね!/高いですね!:
 Oh! Das ist billing ! /Teuer !(オー!ダス イスト ビリヒ!/トイヤー!)

ポイント

買い物や食事後の会計の際にはレシートをもらいましょう。「レシートをください」を意味するドイツ語は、「Koennte ich bitte eine Quittung haben( ケンテ イヒ ビッテ アイネ クヴィットゥング ハーベン)?」です。

ウィーンで使う言語と英語⑱これください

お店で買いたいものが決まったときに使う言葉。欲しいものを指しながら使いましょう。

これください
英語 This one please
ドイツ語 Das bitte(ダス ビッテ)

会話例

★これください:Das bitte(ダス ビッテ)

◆ほかに何かありますか?:Kommt noch was dazu(コムト ノッホ ヴァス ダツ)?

★いいえ、結構です:Nein, danke(ナイン ダンケ)

ポイント

高級レストランやブティックでは、より丁寧な言い方「Ich möchte das(イッヒ メヒテ ダス)」を使うと良いでしょう。

ウィーンで使う言語と英語⑲お会計お願いします

レストランやカフェで役に立つ言葉。ウェイターが近づいてきたら素早く声をかけましょう。声をかけてから時間がかかる場合もあるので、急いでいる場合は早めの行動が大切です。

お会計お願いします。
英語 May I have the bill please?
ドイツ語 Zahlen bitte(ツァーレン ビッテ)

会話例

★お会計お願いします:Zahlen bitte(ツァーレン ビッテ)

★現金で支払います/カードで支払います:
 -Ich zahle bar ( イヒ ツァーレ バー)
 -Ich zahle mit Kredit Karte (イヒ ツァーレ ミット クレディット カルテ)

ポイント

レストラン内では「(英語)メニューください」を意味する「(englische)Speisekatre bitte((エングリッシュ)シュパイゼカーテ ビッテ)」も覚えておくと便利です。

ウィーンで使う言語と英語⑳助けて!

身の危険を感じた際や緊急時に使える言葉。万が一の場合は、大きな声で叫びましょう!

助けて!
英語 Help me!
ドイツ語 Hilfe!(ヒルフェ!)

会話例

★助けて:Hilfe!(ヒルフェ!)

★警察を読んでください!:Rufen Sie die Polizei(ルーフェン ズィー ディ- ポリツァイ)!

ポイント

トラブルの際に使えるそのほかの言葉として「やめて」を意味する、「Hör auf(ヘア アウフ)!」も合わせて覚えておきましょう。

オーストリアの言語を使ってウィーン旅行を楽しもう!

いかがでしたか?初めてのオーストリア・ウィーン旅行でも存分に楽しんでいただけるよう、英語とオーストリア公用語のドイツ語をご紹介しました。基本的な現地の言語を知っていれば、より楽しい観光が満喫できるはず。

積極的にオーストリアの人々との会話を楽しんで、心に残る素敵な旅にしましょう!

RECOMMEND ウィーンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事