" />

沖縄旅行の費用の相場は?旅費を抑えるポイントも解説!

旅行準備
70235views

美しいビーチや景勝地、美味しいグルメなどが目白押しの沖縄は、全国各地から多くの観光客が訪れる人気リゾート地です。初めて沖縄旅行に行こうとしている方などは旅費がどのくらいになるのか気になりますよね。

そこで今回は沖縄旅行にかかる費用を目的別や項目別にご紹介します。旅費を抑えるポイントやおすすめ情報などもチェックして予算の範囲内で沖縄の魅力を大満喫してきてください。

タビナカ限定

沖縄旅行の費用ってどれくらい?

リゾート地として人気の高い沖縄への旅行費用は、2泊3日の場合1人約3〜20万円ほどです。旅費の幅がこれだけ広いのは、旅行時期や宿泊施設、現地でのアクティビティなどの選択肢が豊富にあるため。

選択次第で格安旅行にも贅沢旅行にもなるので予算や重視するポイントを考えて旅行の計画を立てましょう。

沖縄旅行の旅費が大きく変わる理由

沖縄旅行の旅費が大きく変わる主な理由は、平日・週末・連休・観光シーズン(夏休み)など行く時期によって料金に変動があるからです。

東京から沖縄本島への2泊3日のツアー料金の相場は以下の通り。平日と連休ではツアー代金が大きく変わってきます。

平日 3〜5万円
連休 8〜20万円

また、ピーク時期には航空券代が通常の倍以上の価格になることも。格安で知られるLCCの航空券でさえ1人4〜5万円にもなり、お得感を感じられなくなります。なかでもGWやお盆など多くの人が休みになる期間にはツアーも割高に。

さらに旅行間際に航空券を確保しようとすると座席が埋まっていたり、高いチケットしか残っていなかったりということも多いです。旅行日程が決まり次第なるべく早めに航空券やホテル、もしくはツアーを予約することをおすすめします。

目的別!沖縄旅行の予算はこれ!

沖縄は学生旅行や家族旅行、ハネムーンなど様々な目的で全国各地から多くの人が訪れる日本屈指の人気旅行先です。一緒に旅行するメンバーや旅行の目的などによって予算もそれぞれでしょう。

ここではスタンダードプラン、節約プラン、贅沢プランの3つに分けて2泊3日の旅行費用の目安(東京発大人2人の場合)をご紹介します。

まずはスタンダードなプラン料金

航空券代 30,000円
宿泊費 14,000円
交通費 6,000円
娯楽費 10,000円
合計(1人) 約60,000円

このプランはレガシーキャリアの飛行機に乗り、3つ星ランクのホテルに2泊宿泊と想定しています。観光はレンタカーを2泊3日借りて、定番観光地巡りとマリンスポーツを1〜2種類楽しむという感じです。

航空券代は購入時期や渡航時期によって変動するので、合計の旅費は大人一人50,000〜70,000円が相場でしょう。サクッと定番観光地やマリンスポーツを楽しみつつ、ホテルでゆっくり休みたいという方はこのスタンダードプランがおすすめです。

節約プラン

航空券代 15,000円
宿泊費 8,000円
交通費 5,000円
娯楽費 10,000円
合計(1人) 約38,000円

LCCの格安航空券を購入し、ビジネスホテルクラスの宿泊施設を選択した場合、旅費を抑えられます。観光には軽自動車のレンタカーを利用し、定番観光地やマリンスポーツを1〜2種類楽しむという感じです。

このプランの合計の旅費は大人一人35,000〜45,000円が相場でしょう。ハイシーズンにはLCCの航空券代金がかなり上がるので早めの予約やセール中の予約を狙ってください。

宿泊費をもっと節約したい場合には、ホテルではなくホステルやゲストハウスに泊まるという選択肢も。一人旅の方や現地で他の旅行者と交流したい方におすすめです。

贅沢プラン

航空券代 30,000円
宿泊費 20,000円
交通費 6,000円
娯楽費 44,000円
合計(1人) 約100,000円

ハネムーンや日頃頑張っている自分へのご褒美には贅沢プランで沖縄を大満喫するのもおすすめ。このプランではレガシーキャリアの飛行機に乗り、4〜5つ星ランクのホテル宿泊を想定しています。

観光はレンタカーを2泊3日借りて定番観光地巡りとマリンスポーツを2〜3種類楽しむ感じです。

ホテルの施設も充実しているので、ホテル内のスパを利用したり豪華な食事を楽しんだりして贅沢なひと時を過ごすのもいいですね。贅沢プランの合計の旅費は大人一人100,000〜120,000円が相場です。

沖縄旅行で外せない費用

沖縄旅行で外せない費用をご紹介します。旅行時期による費用の差、レンタカー代、食事代などの情報をチェックして旅費がどれくらいになるか計算してみてください。

①航空券代・宿泊費

沖縄旅行の費用を考える上でもっとも重要なのが、航空券代です。通常期とハイシーズンJALやANAとLCCでは価格に大きな差があります。

JALやANAは通常期の普通運賃が約45,000円なのに対し、LCCのジェットスターは通常期の普通運賃は約24,000円、さらに購入する時期によっては約6,000円で購入できることもあります。JALやANAも運がよければ約10,000円で購入できることもありますが、人気が高くなかなか難しいです。

一方、ハイシーズンにはLCCの航空券も普通運賃が約36,000円に上がり、JALやANAの約48,000円との差が小さくなります。どの航空会社も早期割引やセールなどがあるのでこまめに情報をチェックしましょう。

宿泊費は沖縄本島那覇市のスタンダードホテルで大人二人で宿泊した場合、一人一泊7,000円ほどです。一人の場合は基本的にホテル代金が割高になると考えておいてください。

②現地でのレンタカー代(移動費)

沖縄本島ではレンタカーで観光スポットをめぐる観光客がとても多いため、レンタカーの選択肢も豊富。那覇市で2泊3日1000〜1300ccの乗用車を借りる場合、基本料金は8,000〜13,000円前後です。これに保険料やガソリン代、高速料金代などがかかってきます。

時期によって価格が変動し、ハイシーズンには台数不足で当日予約では借りられない場合もあるので注意が必要です。2泊3日という限られた時間で沖縄を満喫するために、空港近くの店舗でレンタカーを借りて時間を無駄にすることなくすぐに観光に出かけましょう。

高速道路の料金は那覇から美ら海水族館まで普通車で1,580円、軽自動車で1,300円です。レンタカーを利用しない場合はバスとモノレールの1日乗車券がお得で便利でしょう。

③食事代

沖縄滞在中の1日あたりの食事は、朝食(500円)、昼食(1,000円)、夕食(2,500円)とちょっとした間食などが1,000円と考え、合計5,000円ほどでしょう。ただし、夜に居酒屋でお酒をたくさん飲みたい方やホテルレストランで食事をしたいという方は合計6,000〜7,000円と考えてください。

沖縄には地元民に愛される安くて美味しい食堂などもたくさんあるので、ローカル食堂で沖縄そばやゴーヤチャンプルなどのご当地グルメを堪能するのもおすすめです。沖縄料理はボリュームがあるのでいくかの料理を複数人でシェアするのもいいですね♪沖縄の食事価格の目安は以下の通り。

  • ゴーヤチャンプル:400〜800円
  • 沖縄そば:400〜700円
  • ランチ定食:800〜1,200円
  • ハンバーガー:250〜700円
  • サーターアンダギー:60〜120円
  • 居酒屋:4,000〜6,000円

沖縄旅行余裕があれば追加したい費用

ここでは予算に余裕があれば追加したい費用をご紹介します。好みの問題もあるので、自分が沖縄旅行で何を重視するかを考えつつ、自分に合った旅費の使い方を決めましょう。

①お土産代

仕事を休んで沖縄旅行に行く場合などは職場の人へお土産を買っていくという方もいるでしょう。職場以外にも家族や友人などにお土産を買っていきたいと思う方も旅費を計算するときにお土産代も考えておく必要があります。

那覇空港には沖縄の定番土産が揃っていますが、バラマキ用のお土産や自分への旅の記念品などは観光の合間に気に入ったものを見つけたときに買うのがおすすめです。沖縄のお土産にかかる費用の目安は以下の通り。

  • ちんすこう:300〜600円
  • 紅いもタルト:700円
  • シーサー置物:1,000円〜
  • 琉球グラス:800円〜
  • 泡盛:1,300円〜

②現地マリンアクティビティの費用

沖縄といえば、美しいビーチとそこで楽しむマリンアクティビティも大人気です。年間を通して温暖な沖縄では、長い間マリンスポーツを楽しめるとして、夏休みだけでなく春や秋に海を楽しみに訪れる人がたくさん。近年は海外からやってきた新しいマリンスポーツも注目されています。

定番のバナナボートやシュノーケリングの他、泳ぎが苦手な方にも人気のホエールウォッチングやシーウォークなど選択肢が豊富にあるので気になるものをチェックして予約しておきましょう。いくつかがセットになったお得なプランも必見です。料金の目安は以下の通り。

  • シュノーケリング:3,000〜5,000円
  • ダイビング:8,000〜10,000円
  • パラセーリング:8,000円
  • ウェイクボード:4,000円
  • バナナボート:2,000円
  • シーウォーク:7,000円

③沖縄離島への移動・宿泊費

沖縄旅行が二回目の方や日程に余裕のある方は本島から少し足を伸ばして離島を訪れるのもおすすめです。本島から橋を渡って車で行くことができる島もありますが、飛行機で人気の高い石垣島や宮古島などを訪れて離島ならではののんびりとした雰囲気を満喫してはいかがでしょうか。

石垣島までは所要時間50分で約26,000円宮古島までは所要時間50分で約20,000円で、那覇空港からそれぞれ1日7〜8便運航されています。他にも久米島や与那国島などもビーチが美しく、のどかな景色に癒されると評判です。

羽田発で那覇に1泊+離島(石垣島・宮古島)に2泊で、40,000〜50,000円というお得なツアーもあるので、離島も訪れたいという方はまずは最適なツアーがないかチェックすることをおすすめします。

沖縄旅行節約のポイントは?

沖縄旅行の費用を抑えるもっとも最適な方法は、閑散期を狙うことです。繁忙期と呼ばれる時期には航空券代もホテル代もかなり上がるため旅費も高くなってしまいます。旅行時期を選べるのであれば以下のポイントを踏まえて計画を立てましょう。

  • 金・土曜日発でなく月〜木曜日発
  • 夏以外を選ぶ
  • GW・お盆・年末年始を避ける

閑散期のなかでもツアー価格が低くなる傾向にあるのが、12月上〜中旬、1月中〜下旬、4月中〜下旬です。夏は基本的に高くなりますが、梅雨明けの6月中旬〜7月上旬、9月は比較的安く沖縄旅行を楽しむことができます。

8月頃に発売される8月下旬〜9月のツアー、2月頃に販売される2月下旬〜3月のツアーはお得なものが多いのでこの時期に急遽沖縄旅行に行こうと決めた方は旅行会社のセール情報をチェックしてみてください。

ポイントを押さえて沖縄旅行をお得に!

以下のポイントを抑えることで、沖縄旅行をよりお得に。予約前に是非チェックしてみてくださいね!

  • 閑散期や平日発にする
  • レンタカー付きツアーを探す
  • 朝食付きホテルを選ぶ
  • 早めの予約で早期割引を活用
  • 空港にあるクーポン冊子を活用
  • お菓子や食品のお土産はスーパーで
  • LCCを選ぶ
  • 割増料金のない昼間のフライトを選ぶ
  • 食事場所はコスパの良いお店を事前リサーチ

少しの工夫で旅費をぐっと抑えられることが分かりましたね。沖縄旅行が決まったら、まずは価格比較サイトなどで料金を比べ、少しでもお得に沖縄旅行を楽しみましょう!浮かせたお金でちょっと贅沢な食事をいただくだなんてのも素敵ですね。

自分に合った旅行プランで沖縄を満喫!

沖縄旅行にかかる費用についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

連休の旅行先として人気の高い沖縄は、航空券やホテル代の変動が大きく、旅行時期や現地の過ごし方によって数万円〜数十万円と旅費の価格帯も幅広いです。まずは大体の予算と優先したいことを考えて自分に合った旅行プランを立てましょう。

ikata
WRITER ikata
旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND 日本のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 旅行準備カテゴリの関連記事