" />

【エリア別】北海道のおすすめ温泉20選!

宿泊
24views

国内外の観光客から、旅行先として人気の高い北海道には、日帰りにも宿泊にもおすすめの人気の温泉宿がたくさんあります。今回は、せっかくの旅行だから、ゆったりと時間を満喫したいという方におすすめしたい北海道の人気温泉宿を20つ厳選し、その魅力をご紹介します。エリア別に分かれているので、自分が訪れたいエリアの温泉宿からチェックしてみてください!

北海道おすすめ温泉地:登別温泉


北海道のおすすめ温泉地といえば絶対に外せないのが「登別温泉」です。登別は北海道の南に位置する地域のことで、豊富な湯量と泉質に恵まれた、全国でも有数の温泉地として有名です。

温泉の他にも、壮大な景色を満喫できる観光スポットや、北海道の味覚が楽しめる食事処などがあり、旅行を満喫するために必要な要素がたくさん詰まっています。温泉に浸かりながらゆったりと時間を楽しみたい方に、とってもおすすめの旅行スポットです。

望楼NOGUCHI登別


「望楼NOGUCHI登別」は、登別モダンをコンセプトにしたおしゃれでスタイリッシュな雰囲気の漂う温泉宿です。何と言っても、全室温泉展望風呂付きのスイートルームであることが特徴で、ラグジュアリーな空間が満喫できることから、記念日や特別な日のお祝い旅行にもぴったりです。

また、北海道産の食材にこだわって作られる料理も、望楼NOGUCHI登別の注目ポイントで、目で見ても楽しめる美しい料理が味わえます。館内にはバーや図書館もあるので、温泉宿内で過ごす時間も心から満喫できること間違いなしです。

名前 望楼NOGUCHI登別
所在地 〒059-0551 北海道登別市登別温泉町200−1
電話 0570-026-570
アクセス (1)札幌駅/新千歳空港より送迎バス運行
(2)JR登別駅よりタクシーで約20分
料金 一泊一人当たりの目安:30,000~50,000円
公式サイトURL https://www.bourou.com/

ホテルまほろば


「ホテルまほろば」は、ラグジュアリーな雰囲気の望楼NOGUCHI登別とは打って変わって、子どもから大人まで、一緒になって宿泊を楽しむことができる温泉宿です。登別地区で最大級の大浴場が備えられており、滑り台があるファミリー風呂なども楽しめます。

また、季節に応じた北海道の味覚を楽しめるバイキングや、会席料理もあります。客室数も多く、カップルにおすすめの小さな洋室から、家族みんなで満喫できる源泉露天風呂付きのスイートルームまで、訪れる人や目的に沿って部屋を選択することができるのも、嬉しいポイントの一つですね!

名前 ホテルまほろば
所在地 〒059-0551 北海道登別市登別温泉町65
電話 0143-84-2211
アクセス (1)JR登別駅から登別温泉行バスで約15分、下車後徒歩約3分
(2)道央自動車道登別東ICから車で約10分
料金 一泊一人当たりの目安:10,000~30,000円
公式サイトURL http://www.h-mahoroba.jp/

北海道おすすめ温泉地:北湯沢温泉


北海道のおすすめ温泉地二つ目は、峡谷に位置する伊達市の温泉郷「北湯沢温泉」です。夏の避暑地としても人気の北湯沢温泉は、自然豊かな山に囲まれているため、四季折々の自然の景色が楽しめます。

また、北湯沢温泉には、日帰り入浴にもおすすめの温泉がたくさんあります。「宿泊先は別のところにあるけど、一度人気の温泉に入ってみたい!」という方も、北湯沢温泉は気軽に訪れることができるのでおすすめですよ。

きたゆざわ森のソラニワ


「きたゆざわ森のソラニワ」は、2019年4月にグランドオープンした、比較的新しい温泉宿です。木の温かみを感じられる作りになっており、旅行中にホッと一息つきたい方にぴったりで、おしゃれで可愛い内装はフォトジェニックも抜群です。

宿の裏にある森の中には、アスレチック体験を楽しめる「ジップ&フィールドアスレチックパークムササビ」があり、木々の間を滑車を使って滑り降りるムササビ体験ができます。また、天然温泉を使用した屋外の温泉ビーチや、内部のインテリアに遊び心満載のレストランなど、子どもと一緒にワクワク体験を楽しみたい方にとっておきの温泉宿です。

名前 きたゆざわ森のソラニワ
所在地 〒052-0316 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300−7
電話 0570-026-574
アクセス (1)JR札幌駅から無料送迎バス運行
(2)新千歳空港から送迎バス運行(有料:片道1,000円)
料金 一泊一人当たりの目安:8,000~25,000円
公式サイトURL https://www.mori-soraniwa.com/

緑の風リゾート きたゆざわ


「緑の風リゾート きたゆざわ」は、手付かずの自然に囲まれた露天風呂が楽しめる自然豊かな温泉宿です。大露天風呂はなんと約150坪もの大きさで、開放的な空間の中でゆったりと温泉につかることができるほか、4つの温泉コンテンツがあるので、楽しみ方もさまざまです。

客室にもさまざまな種類があり、小さな子連れでも安心の「ベビールーム」や、女子旅にぴったりの「レディースプレミアムルーム」、トイレやバスに手すりが設置されていたり段差のない「ユニバーサルプレミアムルーム」など、それぞれのニーズにあったお部屋が用意されています。

また、緑の風リゾート きたゆざわではお食事も特徴的で、席を回って料理を届けてくれるワゴンサービスが人気。北湯沢を訪れた際には、ぜひ泊まってみたいおすすめの温泉宿ですね!

名前 緑の風リゾート きたゆざわ
所在地 〒052-0316 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300−2
電話 0142-68-8126
アクセス (1)JR札幌駅から無料送迎バス運行
(2)新千歳空港から送迎バス運行(有料:片道1,000円)
料金 一泊一人当たりの目安:11,000~30,000円
公式サイトURL https://midorinokaze-resort.com/

北海道おすすめ温泉地:阿寒湖温泉


まりもで有名な北海道の阿寒湖も、有名な温泉地のひとつとしてたくさんの観光客が集まる人気スポットです。「阿寒湖温泉」は阿寒湖の南岸にあり、約30軒ほどの温泉宿やホテルが集まる湖畔でもっとも賑やかな温泉街。

そんな阿寒湖温泉には阿寒湖温泉協同組合があり、同組合には「水森天音」という名前の公式キャラクターもいます。阿寒湖温泉街を訪れたい際にはぜひ、このキャラクターにも注目してみてくださいね!

あかん遊久の里鶴雅


「あかん遊久の里鶴雅」は阿寒湖畔に佇む、北海道の雄大な自然を体感できる温泉旅館です。アイヌコタンや遊覧船乗り場から徒歩約5分と、アクセスも抜群のリッチでありながら、旅館の裏には美しい湖が広がる、極上の旅にぴったりの宿泊先です。

あかん遊久の里鶴雅では、選んだ客室によってその印象が大きく異なり、阿寒湖の景色を眺めながらゆったりと過ごせる別館の和洋折衷の客室や、アイヌ文化を感じながら滞在することができる「レラの館」、より上質な滞在を求める人にぴったりの、暖かな雰囲気の漂う「こもれび」などがあります。あかん遊久の里鶴雅で、阿寒湖の自然も温泉も、そして客室で過ごす非日常の時間もぜひ満喫してくださいね!

名前 あかん遊久の里鶴雅
所在地 〒085-0467 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6−10
電話 0154-67-4000
アクセス (1)釧路空港から車で約60分
(2)女満別空港から車で約75分
料金 一泊一人当たりの目安:10,000~40,000円
公式サイトURL https://www.tsuruga.com/

ニュー阿寒ホテル


「ニュー阿寒ホテル」は、「阿寒湖の大自然とひとつになる森と湖のリゾート」がコンセプトの人気温泉宿で、屋上にある天空ガーデンスパが最大の魅力です。天空ガーデンスパでは阿寒湖と空と一体化するような景色が楽しめ、旅行で非日常体験をしたい方にとってもおすすめです。

また、ニュー阿寒ホテルでは、和室・洋室・特別室の3つの部屋タイプの中から、滞在目的に合わせてお部屋を選ぶことができるのも人気の理由の一つ。また、ホテルの周辺には道東の自然を体感できるおすすめスポットもたくさんあります。ニュー阿寒ホテルを訪れた際には、四季折々の阿寒湖周辺の魅力を肌で感じてみてくださいね!

名前 ニュー阿寒ホテル
所在地 〒085-0467 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目8−8
電話 0154-67-2121
アクセス (1)釧路/北見から車で約1時間30分
(2)帯広から車で約2時間
料金 一泊一人当たりの目安:7,000~14,000円
公式サイトURL https://www.newakanhotel.co.jp/

北海道おすすめ温泉地:十勝川温泉


北海道の「十勝川温泉」は、日本でも珍しいモールの湯が湧出している温泉郷です。モールの湯とは、葦などの植物が長い時間をかけて堆積し、出来上がった亜炭層を通って湧き出る温泉のことで、北海道遺産にも選定されています。

一般的な鉱物性温泉に比べて、世界でも希少な植物性温泉のモール温泉を満喫できる十勝川温泉は、北海道旅行の中でもぜひ一度は訪れたい温泉スポットと言えますね!

十勝川温泉第一ホテル


「五感を満たす極上の時間」がコンセプトの「十勝川温泉第一ホテル」には二つの館があり、宿泊目的に合わせて泊まる施設を選択することができます。「豊洲亭」には、スパやモール温泉展望露天風呂付きのスイートルームがあり、大切な人と特別な時間を過ごしたい方に、「豆陽亭」は和風モダンの建物の中で、気ままに滞在を楽しみたい方におすすめです。

十勝川温泉第一ホテルでは、公式ホームページから予約すれば5%オフになるキャンペーンも行われていたり、ホームページ限定のおすすめプランもあるので、宿泊を希望する方は一度、公式ホームページをのぞいてみるといいでしょう。

名前 十勝川温泉第一ホテル
所在地 〒080-0263 北海道河東郡音更町十勝川温泉南12丁目
電話 0155-46-2231
アクセス (1)JR帯広駅から車で約20分
(2)帯広駅北口バスのりばから「第一ホテル」までバスで約30分
料金 一泊一人当たりの目安:10,000~40,000円
公式サイトURL https://www.daiichihotel.com/

十勝川温泉 観月苑


「十勝川温泉 観月苑」は、十勝川の最大の魅力である美人の湯・モール温泉が満喫できる温泉宿です。十勝の自然をゆったりと感じながら、くつろぎの空間で旅行を満喫したい方におすすめで、カラオケルームや十勝焼酎・十勝ワインが味わえるエリアもあり、館内での楽しみ方はさまざまです!

公式サイトからの予約で、館内で使える割引券がもらえるキャンペーンなどが行われていることもあるので、十勝川温泉 観月苑を予約する際には公式ホームページをチェックしてみてくださいね!宿泊プランを確認する際には、地元北海道のこだわりの食材を使用した和洋中のバイキングも要チェックです。

名前 十勝川温泉 観月苑
所在地 〒080-0263 北海道河東郡音更町十勝川温泉南14丁目2
電話 0155-46-2001
アクセス JR帯広駅バスターミナルから十勝川温泉行きの路線バスで「観月苑前」まで約30分
料金 一泊一人当たりの目安:8,000~40,000円
公式サイトURL https://www.kangetsuen.com/

北海道おすすめ温泉地:定山渓温泉


「定山渓温泉」は、札幌の中心部から車で約1時間で行くことのできる、道内でも人気の温泉街です。年間約120万人もの人々が宿泊し、温泉のみならず、白糸の滝・湯の滝・舞鶴の瀞など四季折々の美しい自然を楽しんでいます。

また定山渓には整備された散策路もあり、手付かずの美しい自然を身近に体験することも可能。一年の中でも特に紅葉シーズンには、カラフルに色づいた渓谷を眺めようと多くの観光客が訪れます。今年の紅葉は定山渓で楽しんでみてはいかがでしょう。

定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌


「おとぎ話に出てくるような豊かな森の物語を」がコンセプトの「定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌」は、その名の通り、緑が溢れる素敵な雰囲気の漂う宿泊スポットです。二人の記念日プランや家族の記念日プラン、一人旅プランからワンちゃんプランまで、たくさんのプランが揃っているので予約が簡単なのも魅力です。

また定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌には、それぞれの宿泊客の滞在を楽しくす遊び心満載のさまざまなおもてなしがあります。森ラウンジと呼ばれる場所では焼きマシュマロが楽しめたり、幅広いジャンルの本が揃う図書ギャラリーがあったり、ステレオスピーカーのリスニングスペースやハーブの生演奏があったりと、滞在を想像しただけでワクワクしてきますね!

名前 定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌
所在地 〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目192
電話 011-598-2671
アクセス (1)地下鉄南北線「真駒内駅」から無料送迎バス運行
(2)JR札幌駅から路線バス(じょうてつバス)で約1時間10分
料金 一泊一人当たりの目安:14,000~45,000円
公式サイトURL https://www.morino-uta.com/

花もみじ


定山渓の人気温泉宿「花もみじ」は、「日本情緒と北国の感性が出会う」がコンセプトの温泉宿です。最上階にある展望風呂や掛け流しのもみじ湯、違った魅力の3つの貸切湯で湯本の温泉を満喫できちゃうのが花もみじの魅力です。

花もみじには、到着後のお茶菓子や湯巡り手形など、嬉しいおもてなしがたくさんあります。湯巡り手形とは、それを持っていれば近隣の温泉宿の大浴場にも無料で入ることができちゃうお得な手形。1階のフロントにて配布されているので、ぜひ、定山渓を訪れたからには、他の宿にも足を伸ばしてみてくださいね!

名前 定山渓温泉 花もみじ
所在地 〒061-2303 北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目32
電話 011-598-2311
アクセス (1)JR札幌駅北口から無料送迎バス運行(事前予約制)
(2)札幌市街地から車で約50分
料金 一泊一人当たりの目安:11,000~18,000円
公式サイトURL https://shikanoyu.co.jp/hana/

北海道おすすめ温泉地:洞爺湖温泉


年間約300万人の観光客が訪れる、湯量の豊富な温泉郷が「洞爺湖温泉」です。札幌や函館から車で約2時間、新千歳空港からは約1時間半と、少し離れたところにありますが、北海道有数のホテル・旅館数を誇り、100年以上も続いている温泉リゾートなのです。

日帰り入浴で気軽に訪れることのできる温泉も多い他、温泉街の周辺には無料で入れる足湯や美味しいスイーツが味わえるお店、火山の博物館まで、楽しい観光スポットがたくさんあります。4月下旬ごろから10月末まで行われるロングラン花火も見逃せないポイントです。

洞爺湖温泉 湖畔亭


「洞爺湖温泉 湖畔亭」は、洞爺湖の絶景を眺めながら露天風呂でゆったりとくつろぐことのできる、おすすめの宿泊ホテルです。館内にはカラオケやバー、卓球、エステ、売店など、ホテル内で過ごす時間を楽しむための施設が充実しており、ホテルで楽しむ時間にも旅行の思い出づくりができちゃいます。

ホテルでの食事も、さまざまな料理の中から食べたいものを食べたいだけ食べられるバイキング形式か、お部屋でゆったりとお料理を味わうお部屋食かを選ぶことができます。訪れるシーンや旅行の目的に沿って、選択できるのが嬉しいポイントですね!

名前 洞爺湖温泉 湖畔亭
所在地 〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉7−8
電話 0570-026-571
アクセス (1)JR札幌駅から無料送迎バス運行
(2)JR洞爺駅から車で約20分
(3)千歳空港から道央自動車道を通り、車で約90分
料金 一泊一人当たりの目安:5,000~15,000円
公式サイトURL http://www.toya-kohantei.com/

洞爺湖温泉 ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート


「洞爺湖温泉 ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」は、その名の通り、全室から洞爺湖の絶景を眺めることができる温泉ホテルです。全ての客室はもちろん、ホテルのロビーやレストランからも洞爺湖を眺めることができるため、綺麗な景色を見ながら滞在を楽しみたい方には特におすすめのホテル。

9階にある天空露天風呂「パノラマ露天TENQOO」と展望大浴場「EZOFUJI」からも洞爺湖が眺められる他、美肌や切り傷などに効能がある塩化物泉・硫酸塩泉・炭酸水素塩泉の混合泉を満喫できます。洞爺湖の魅力を満喫したい時にはぜひ、足を運んでみてくださいね!

名前 洞爺湖温泉 ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート
所在地 〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29−1
電話 0570-026-571
アクセス (1)JR札幌駅から無料の送迎バス運行
(2)新千歳空港からの送迎バスは有料(片道1,000円)
料金 一泊一人当たりの目安:13,000~40,000円
公式サイトURL http://nonokaze-resort.com/

北海道おすすめ温泉地:湯の川温泉


「湯の川温泉」は函館にある温泉街で、函館空港から車で約5分とアクセスの良さが人気のスポットです。歴史のある老舗旅館もあれば、現代的なオーシャンビューのホテルもあり、それぞれの函館旅行のプランにあった宿泊先を見つけることができるのが湯の川温泉の魅力です。

気軽に訪れることのできる日帰り温泉もたくさんあり、また、植物園や湯倉神社、老舗の和菓子スポットなど観光を楽しめる見どころも満載。夏には花火大会も行われているので、気になる方は時期を調べて訪れてみるのがおすすめですよ!

湯の川温泉 湯元 啄木亭


「湯元 啄木亭」は、北海道屈指の観光地として有名な函館の人気宿泊施設です。敷地内には四季を感じられる庭園があり、北海道の新鮮な食材を使ったお食事も楽しめます。また、お部屋にもさまざまな種類があり、和室・洋室・大部屋・特別室から旅行プランにあったお部屋を選ぶことができます。

ホテルの最上階には津軽海峡が望める空中露天風呂もあり、まさに非日常のひと時。花火大会やイルミネーションなど、季節のイベントが開催されている時期に訪れるのもおすすめです!

名前 湯元 啄木亭
所在地 〒042-0932 北海道函館市湯川町1丁目18−15
電話 0570-026-573
アクセス (1)函館空港から車で約10分
(2)JR函館駅から車で約15分
(3)市電「湯の川温泉」から徒歩約4分
料金 一泊一人当たりの目安:6,500~13,000円
公式サイトURL https://www.takubokutei.com/

湯の川温泉 平成館海羊亭


「平成館海羊亭」は、源泉の赤湯と透明な白湯の二つの温泉が楽しめるのが魅力的な温泉ホテルです。12階建ての上品な外見が目印で、その外見に負けず劣らずの上品なサービスとおもてなしが平成館海羊亭の人気の理由。

お部屋は和室と洋室の2種類で、くつろぎを大切にしたゆったりとした雰囲気が漂っています。また平成館海羊亭ではお料理にもこだわりがあり、新鮮な海の幸をはじめ、函館でしか味わえない、旬の味覚を堪能するためのお料理が人気。いつもとは違った雰囲気の中で、旅の疲れを癒したい方におすすめの温泉ホテルです。

名前 平成館海羊亭
所在地 〒042-0932 北海道函館市湯川町1−3−8
電話 0138-59-2555
アクセス (1)JR函館駅から車で約15分
(2)函館空港から車で約10分
料金 一泊一人当たりの目安:5,500~13,000円
公式サイトURL http://www.kaiyo-tei.com/

北海道おすすめ温泉地:支笏湖温泉


「支笏湖温泉」は原生林に囲まれた支笏湖の東岸に湧く温泉で、飲食店やお土産やさんが多いのが特徴の温泉街です。建築の規制により、4階以上の建物を建てることができないため、現存するホテルは全て3階建て以下になっており、自然の景観も大切にする心遣いがなされています。

支笏湖温泉街に位置する温泉旅館では、同じく北海道の美しい湖・阿寒湖から支笏湖に移植されたヒメマス(チップ)を使った料理が名物として有名。支笏湖を訪れた際にはぜひ、味わってみてくださいね!

しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌


「しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌」は、「水の癒し力」をテーマにした温泉施設で、温泉、エステ、食事、睡眠、情報など、あらゆる面から健康と美容をトータルプロデュースしています。

森に囲まれ空気が綺麗な支笏湖の近くで、極上のおもてなしを受けながら過ごすひとときは、忙しい毎日の生活から離れた非日常の旅行をさらに充実したものにしてくれること間違いなしです。水と森の力に癒される、新しいスタイルの温泉旅行をしこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌で満喫してください!

名前 しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌
所在地 〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
電話 0123-25-2211
アクセス (1)札幌から車で約1時間
(2)新千歳空港から車で約40分
料金 一泊一人当たりの目安:14,000~50,000円
公式サイトURL https://www.mizunouta.com/

支笏湖第一寶亭留 翠山亭


「支笏湖第一寶亭留 翠山亭」は、支笏湖の四季折々の美しさを体感できる、全29室の温泉旅館です。支笏湖第一寶亭留 翠山亭は、支笏湖ならではのトロリとした美肌の湯をはじめ、化粧水のような潤いたっぷりの温泉が人気の理由の一つです。

また、地元北海道産の和牛や千歳近郊・道南の旬の食材にこだわった料理も好評。季節を合わせて訪れれば、支笏湖で取れたチップを味わうこともできるかもしれません!支笏湖第一寶亭留 翠山亭は、都会の喧騒から離れて、静かな時間を過ごしたい方におすすめの温泉旅館と言えますね。

名前 支笏湖第一寶亭留 翠山亭
所在地 〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
電話 011-598-5252
アクセス (1)JR千歳駅から無料送迎バス運行
(2)千歳市街から車で約40分
料金 一泊一人当たりの目安:17,000~35,000円
公式サイトURL http://www.jyozankei-daiichi.co.jp/shikotsuko/index.html

北海道おすすめ温泉地:ニセコ温泉


古くから温泉が湧出していた「ニセコ温泉」は、名湯百選にも選ばれた有名な温泉です。ニセコ自体が大きな温泉地を形成しているのではなく、泉源が各所に点在しているので、それぞれの場所で違ったお湯に入ることができるのがニセコ温泉の最大の特徴です。

さまざまな温泉が楽しめるので、湯めぐりの楽しみも倍増しますね!温泉ごとに効能も異なるので、訪れる前にチェックしてからそれぞれの温泉に入るのがおすすめですよ。

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭


「ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭」は、何と言ってもお湯の良さが自慢の温泉宿です。大きな露天風呂には砂利が敷き詰められており、湧き出しの豊富な源泉を贅沢に堪能することができます。柔らかい質感のお湯なので、上がった後にお肌がモチモチになるのも人気の理由です。

また、地元の野菜やお肉を使った和食メインの創作膳で、ニセコのスローフードも味わうことができます。ニセコの地酒も用意されているので、お酒好きな方は旅行の記念に味わってみてはいかがでしょう。

名前 ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭
所在地 〒048-1511 北海道虻田郡虻田郡ニセコ町字ニセコ438
電話 0136-58-2500
アクセス JRニセコ駅から車で約10分
料金 一泊一人当たりの目安:5,000~13,000円
公式サイトURL https://www.niseko-annupurionsen.com/

ニセコ昆布温泉 ホテル甘露の森


「ニセコ昆布温泉 ホテル甘露の森」は、五感を癒すニセコの森の贅沢なひと時がコンセプトの温泉ホテルです。大自然に包まれた和風モダンなホテルでは、ニセコの四季を肌で感じることができ、毎年多くの観光客が訪れます。

ニセコ昆布温泉 ホテル甘露の森の温泉は、ホテルの近くを流れるニセコアンベツ川支流の河川敷に湧く源泉を引湯しており、大浴場にはほのかに硫黄の香りが漂っています。また、ホテルロビーにて、毎晩地元の演奏家による生演奏会「森の演奏会」も開催されているので、興味がある方は足を運んでみると良いかもしれませんね!

名前 ホテル甘露の森
所在地 〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ415 虻田郡
電話 0136-58-3800
アクセス (1)JRニセコ駅から無料送迎あり
(2)新千歳空港から車で約2時間
(3)札幌から車で約2時間(中山峠経由)
料金 一泊一人当たりの目安:7,200~41,000円
公式サイトURL http://kanronomori.com/

北海道おすすめ温泉地:層雲峡温泉


「層雲峡温泉」は、北海道の中央部にそびえる大雪山連邦のふもとにある温泉地で、年間約200万人もの観光客が訪れます。層雲峡温泉の泉質は単純硫黄泉で、ほのかに硫黄の香りがするのが特徴です。

層雲峡温泉街は、カナダの山岳リゾートをモデルにした「キャニオンモール」として整備されており、外国にいるような気分を味わうこともできちゃいます。温泉街の景観を保つために、茶色に塗られたコンビニエンスストアは密かに撮影スポットとしても人気があります。

層雲峡温泉 朝陽亭


「層雲峡温泉 朝陽亭」は、層雲峡の自然を肌で感じることのできる自然に近い温泉宿です。宿の近くには、最高の星見スポットがあったり、秋には日本一早い紅葉を楽しむこともできます。

施設内にはマッサージや売店をはじめ、居酒屋やラーメンコーナーまで揃っており、館内で過ごす時間も満喫することができます。また、何か特別な日の予約には演出のお手伝いなどのおもてなしもあるので、予約時に確認してみるのも良いかもしれませんね!

名前 層雲峡 朝陽亭
所在地 〒078-1795 北海道上川郡上川町層雲峡温泉
電話 0570-026-572
アクセス (1)札幌/旭川から無料送迎バス運行
(2)旭川空港/旭山動物園から車で約90分
(3)JR上川駅から車で約25分
料金 一泊一人当たりの目安:7,000~32,000円
公式サイトURL https://www.choyotei.com/

層雲峡グランドホテル


「層雲峡グランドホテル」は、1923年創業の、自然豊かな山の中にそびえるゆったりとした温泉旅館です。層雲峡グランドホテルの温泉は無色透明・無味無臭のため肌への刺激も少なく、老若男女問わず誰もが楽しめるのが人気の秘訣です。

層雲峡グランドホテルのホームページには、年間のイベントスケジュールも載っているので、自分が訪れる時期に行われているイベントをチェックしたり、どの時期に旅行に行こうか迷っている場合には参考にしてみるのも良いですね!また、層雲峡グランドホテルには公式マスコットキャラクターの「閣ちゃん」もいるので、訪れた際にはぜひチェックしてみてください。

名前 層雲峡グランドホテル
所在地 〒078-1792 北海道上川郡上川町字層雲峡
電話 01658-5-3111
アクセス (1)旭山動物園から車で約80分
(2)JR旭川駅から車で約90分
(3)旭川空港から車で約90分
料金 一泊一人当たりの目安:6,300~13,000円
公式サイトURL http://www.sounkaku.co.jp/

北海道の温泉で非日常の思い出を!


北海道でぜひ訪れたい人気の温泉について、おすすめの温泉地別に温泉宿をご紹介しました。行ってみたい温泉は見つかったでしょうか?宿泊する時間はないという方でも、日帰り入浴でその魅力を満喫したり、周辺の観光スポットに足を運んで雰囲気を楽しむのも良いですね!

ぜひ北海道に訪れた際には、行ってみたい温泉宿を調べ、足を運んでみてください。

RECOMMEND 日本のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 宿泊カテゴリの関連記事