【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアー

古き良き中国へタイムスリップ

中国国家観光局があらゆる観光地に付けている等級の、最上位の認定を初めて受けた水郷「周荘」には歴史情緒あふれる心に響く光景があります。そんな周荘で運河の流れる街並み魅力満点の建造物を堪能し、風情溢れる昔ながらの中国の街並みに思いを馳せてみて下さい♪

  • 【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの画像
  • 【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの画像
  • 【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの画像
  • 【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの画像
  • 【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの画像
【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーのイチオシポイント画像

POINT 1かつての中国へタイムスリップ☆周荘

水郷古鎮という古い水のほとりの街は、都会にはない伝統的な街並みや、人々の生活風景を身近に楽しむことのできる街として、近年人気が高まっています。中でも、上海付近の水郷古鎮として周荘は欠かせないスポットです。周荘は、中国国家観光局があらゆる観光地に付けている等級の、最上位の認定を初めて受けた水郷です。ここは、元(1271年~1368年)の時代の大富豪である 沈万三が、村の北の運河から水を引いたことが起源だそうです。かつては周辺地域の水運や商業の要所として繁栄し、今でも明清時代(1368年~1912年)の建物の6割以上が残っている、歴史情緒あふれる観光地。そんな街並みの間を縫うように流れる運河の光景は、人々を魅了し続けています。さぁ周荘を訪れて、かつての中国へタイムスリップしましょう♪

【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーのイチオシポイント画像

POINT 2水郷古鎮の街並みだけじゃない♪沈庁、張庁、双橋

周荘は運河の流れる街並みだけでなく、建造物自体の魅力も素晴らしいものです。沈庁は、周荘を開いたとされる 沈万三の子孫が清の時代に建てた屋敷で、周荘の民家として最大のものです。敷地面積は2000平方メートル以上にも及び、大小100余りの部屋があり、文化財として保護されています。これは、日本の平均的な住宅20軒分なので、かなりの広さです。大富豪の子孫は、スケールが違いますね。張庁は明の時代の建物で、元々怡順堂という名前でした。しかし、張さんという人が買い取ったことから、張庁と呼ばれるようになったそうです。明の時代の寺院や塔は国内にもいくつか残っていますが、住居はとても少ないため、考古学的にも非常に貴重なものなんです!内部は、古風で優雅な家具や庭園が魅力的で、池を中心とした独特の建築は一見の価値ありです。周荘のメインと言えば、やはり双橋でしょう。これは、二つの橋が直角に交わっていることから、カギ橋とも呼ばれているます。上海の著名旅行画家が「故郷の思い出」という作品の題材にしたことから、一躍有名になりました。これは、国連が毎年発行する6種の記念切手の初日カバーのデザインに、選ばれたほどです。世界的にも評価された橋の勇姿を、見に行きましょう♪

【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーのイチオシポイント画像

POINT 3曇りが似合う!?周荘の街並み

旅行の時に曇りだったら、すごく残念ですよね?気分は上がらないし、写真はあまり映えないし…特にヨーロッパなどのキレイな街並みには、やはり晴れが似合います。ですが、この街は曇りがとても似合うんです!?みなさんは、古びた木造家屋を見て、純粋にキレイだと思いますか?風情や趣があって良いとは思うかもしれませんが、ヨーロッパのようにキレイだとは思わないでしょう。だから古き良き木造家屋が立ち並び、その中央を運河が横たわる、この周荘の街も決してキレイという言葉は似合いません。ですが、ここに流れる重厚感のような雰囲気には、キレイさは不要です。落ち着いた色で統一されている街並みに、時たま現れる赤提灯の鮮やかさが映える。そんな光景がこの街の良さなんです♪だからこそ、曇りはこの街の雰囲気をより際立たせてくれます。写真映えはしないかもしれません。ですが、心に響く光景がそこにはあります。

▶▶上海郊外観光で最も人気のツアーはこちら!

ツアーの流れ

09:00 ホテルにて待ち合わせ上海市内のご宿泊先ホテルへお迎えにあがります。ご予約時に宿泊先ホテルをお知らせください。【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの流れ画像
10:30 沈庁周荘を開いたとされる瀋万山の子孫が清の時代に建てた屋敷で、周荘の民家として最大。日本の平均的な住宅20軒分という壮大な広さを、肌で感じてみて下さい。【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの流れ画像
11:00 張庁張庁は明の時代(1368年~164年)のお屋敷です。この時代の寺院や塔は国内にもいくつか残っていますが、住居はとても少ないため、考古学的にも非常に貴重なものなんだそうです!※写真はイメージです。【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの流れ画像
11:30 双橋上海の著名旅行画家が「故郷の思い出」という作品の題材にしたことで、有名になった双橋。2つの橋は直角に交わっていることからカギ橋とも呼ばれています。国連も認めた美しい橋は、必見です♪【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの流れ画像
12:00 昼食周荘で是非とも食べて頂きたいのが、万三蹄。これは豚肉の脚の醤油煮込みで、いわゆる豚足。味付けは郷土料理らしく濃い目ですが、見た目ほど脂っこくなく、ご飯が進むこと間違いなしです。【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの流れ画像
13:00 古運河遊覧水郷の街の魅力はなんと言っても、古運河遊覧です。風情溢れる、昔ながらの中国の街並みに思いを馳せてみて下さい。そしてその後に、往路と同様のルートでご宿泊先のホテルまでお送り致します。本日はゆっくりと休んで頂きまして、明日からも引き続き滞在をお楽しみくださいませ。お疲れさまでした!【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの流れ画像
16:00 上海到着上海へ戻ってきて解散となります。夜の上海のオススメポイントなどを聞いておいて、ぜひ夜も楽しんで下さい。【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーの流れ画像

ツアー情報

ツアーに含まれるもの
【含むもの】
日本語ガイド料金、交通費
【含まないもの】
現地での飲食代
最少催行人数
1 人
持ち物
カメラ
備考
※お一人様にて参加の場合はツアー料金:27,000円となります。

上海郊外観光ツアーの一覧はこちら!
キャンセルポリシー
◆ツアー催行日(日本時間)から起算して3日前:無料
※ 手数料の550円を引いた額が旅行者に返金されます。
◆2日前より後:ツアー代金の100%が発生。
※ 当社キャンセルポリシーに基づき、返金がいたしかねます。
【周荘】沈庁+張庁+双橋+古運河遊覧ツアーのツアーのガイドの画像

このツアーの催行会社

やすし @ Shanghai

5.0

弊社は、上海への旅行者さまの旅行全般の素敵な旅をサポートしております。観光・ビジネス幅広く対応しておりますので上海のことはお任せください。お問合せは日本語にて対応させて頂きます。また、日本語ガイドがご案内させて頂きますので、言葉が不安な方も安心してご参加いただけます。まずは、お気軽にお問合せください。

※現在催行しておりません

上海のツアー一覧

上海 郊外・近郊都市 のツアー一覧

上海 郊外・近郊都市のツアー一覧
閲覧履歴が0件あります