歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>

  • 送迎付き
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
  • 歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの画像
歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーのイチオシポイント画像

POINT 1マドリードの中心地「プエルタ・デル・ソル」

マドリードを象徴する広場プエルタ・デル・ソルは、スペインのど真ん中、0km地点で、市民のお気に入りの待ち合わせの場所です。マドリード自治政府の正面玄関の歩道には0km地点表示がございます。プラド美術館にあるゴヤの大作『5月2日』で有名な、対ナポレオン非武装蜂起の舞台となりました。「祖国の自由は我が手で守らん」と立ち上がった市民たちを前に、ナポレオン軍は退却しました。その後暴動は鎮圧され、反乱に加わった者の銃殺が今は無きブエン・スセッソ修道院の中庭で行われました。広場の東側、現在写真撮影スポットとして人気のあるクマとヤマモモの像がある場所の一角がその場所です。こちらのツアーはこのプエルタ・デル・ソルをスタート地点に徒歩でマドリード旧市街地を回っていきます。

歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーのイチオシポイント画像

POINT 2マドリードの新名所「サン・ミゲル市場」

市民と観光客で常ににぎわうマヨール広場は、古く中世の時代から市民の生活の中心地でした。そのマヨール広場のお隣にあるのがサン・ミゲル市場です。この市場は20世紀に建設され、食料品が売買される市場として多くの庶民で賑わいを見せていました。しかしここ数年は改築のために閉鎖されており、2005年に待望のリニューアルオープンを果たしました。今はマドリードの新名所として市民にも観光客にも人気を博しています。市民の生活が覗ける食料品の市場として見てるだけでも楽しいのですが、市場全体がスペインのグルメが集合する「バル」のようになっていますので、ワイン片手に様々な食材を試食してみてはいかがでしょうか♩

歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーのイチオシポイント画像

POINT 3ハプスブルグ朝の面影を残す歴代国王の住まい「王宮」

マドリードの市街地にある王宮、その面積は135,000平方メートルを要し、ヨーロッパで最も大きい宮殿です。白い石で造られたその外観は、迫力のある豪華さを誇っています。現在まで、公式の王家の住居となってはいますが、実際には現在王家はマドリッド郊外のサルスエラ宮殿に居住しています。王家の一族がこの王宮に居住していたのは1931年までですが、今もなお国の公式行事などで使用されているそうです。実はこの王宮、3418室以上の部屋があるのですが、エル・グレコ、ルーベンス、ベラスケス、ゴヤ等歴史的有名画家の作品や、美しい陶器、カーペット、家具などで一部屋一部屋異なったテーマを持った装飾がなされています。王家の豪華さや繁栄が伺えますよね!王家の繁栄やその贅沢ぶりを見ると、現実とは離れた美しい別世界を味わえるかもしれません。

▶▶マドリード市内を観光する一番人気のツアーはこちら!

ツアーの流れ

ホテルにて待ち合わせ宿泊先ホテルへお迎えにあがります。ご予約時に宿泊先ホテルをお知らせください。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
プエルタ・デル・ソルへマドリードを象徴するこの広場からこちらのツアーは始まります。プエルタ・デル・ソルに立つクマの像は記念撮影スポットとして人気があります。ぜひ記念撮影をしましょう♩日本語ガイドがお撮りいたしますよ。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
デスサカス・レアレス修道院へカルロス5世の娘でフェリペ2世の妹であるフアナ・デ・アウストリアが16世紀に創設した女子修道院です。院内には33の礼拝堂があり、大階段にはフェリペ4世とその家族の肖像が描かれています。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
マヨール広場へマヨールとは「大きい」という意味です。湧き水に集まる人々によって踏み固められたこの広場は、17世紀前半にハプスブルク朝マドリードの主任建築家フアン・ゴメス・デ・モラによって5階建ての集合住宅に囲まれた広場という初めてのコンセプトを持つ広場へと変貌を遂げました。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
サン・ミゲル市場へ市民と観光客で常ににぎわうマヨール広場のお隣には、サン・ミゲル市場があります。お土産を探すのもよいですが、市場全体がバルになっているので、ワインを片手に色々な食材を試食するのもよいですね。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
ビリャ広場へ旧市街でもアウストリア(オーストリア)地区と呼ばれる閑静な地域に、町の東西を結ぶとても重要な交易路でもあったマヨール通りに面してビリャ広場は存在します。ビリャとは中世において国王に特権を認められた田舎町のことをいいます。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
アルムデナ大聖堂へ110年という長い年月を経て1993年に完成した大聖堂です。20世紀に唯一ローマ法王によって献堂式が行われました。王宮に面した広場側に付属博物館があり、完成までの歴史を学ぶことができます。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
王宮へ白い石で作られたマドリードの王宮で、オリエンテ宮とも呼ばれます。現在は国王や王族はこちらには実際には住んでおらず、郊外にあるサルスエラ宮殿で暮らしてます。しかし、国の行事ではこちらの王宮が今でも使われています。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
オリエンテ広場へ王宮と王立劇場に挟まれた広場です。ベラスケスの肖像画をもとに造られたフェリペ4世の騎馬像が中央に置かれています。歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像
ホテル到着・解散ご宿泊先ホテルまでお送りいたします。ご希望がございましたらマドリード市内での解散も可能でございますのでお気軽にお申し付けくださいませ。その場合、おいしいディナーのレストランなどご紹介させていただきますね♩歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーの流れ画像

プラン情報

ツアーに含まれるもの
・交通費
・日本語ガイド料金
・デルカルサス・スアレス修道院入場料
・アルムデナ大聖堂入場料
・王宮入場料
ツアーに含まれないもの
・お食事代金
・お土産代金
・その他の付属博物館などの入場料
最少催行人数
1 人
持ち物
・カメラ
備考
・移動は徒歩で行いますので、動きやすい服装でご参加下さい。

マドリード市内を観光するツアーの一覧はこちら!
よくある質問
Q.日本語ガイドも各スポットの中まで同行しますか?
A.基本的に、入場料がかかる各場内へは日本語ガイドは同行いたしません。日本語ガイド同行のご希望がございましたら、追加料金にて承っております。その場合、日本語で説明をしながらご案内いたします。
免責事項
1名催行の場合、23000円頂戴いたします。
キャンセルポリシー
◆ツアー催行日(日本時間)から起算して3日前:無料
※ 手数料の540円を引いた額が旅行者に返金されます。

◆2日前より後:ツアー代金の100%が発生。
※ 当社キャンセルポリシーに基づき、返金がいたしかねます。
歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>のツアーのガイドの画像

このツアーのガイド

公式

4.7

タビナカ公式アカウントです!タビナカ公式のツアーは、複数のガイド様によって催行されており、よりお客様にあったガイド様をご紹介いたしております。ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

最低価格保証
7,500
円/人

マドリード 5時間

ツアーお申し込み

マドリードのツアー一覧

マドリード マドリード市内観光 のツアー一覧

マドリード マドリード市内観光のツアー一覧

歩いて回ろう!マドリード旧市街地観光+下町ツアー<日本語ガイド付き>