バンコク カンチャナブリ
観光・現地オプショナルツアー

カンチャナブリ

カンチャナブリはバンコクから西に110キロほど離れた都市。映画「戦場にかける橋」に描かれた街として有名で、街にはその映画のタイトルになったクウェー川鉄橋を始め、JEATH戦争博物館や戦争中に強制労働させられていた捕虜たちが眠る連合軍共同墓地など、第二次世界大戦の面影を感じる場所です。戦時中、この街で捕虜たちを使って強制労働させていたのは日本軍。捕虜たちに作らせた旧泰緬鉄道は、戦争の悲惨さを知るスポットとしてだけではなく、スリリングな体験ができる場所として人気の観光地にもなっています。中でも、断崖絶壁のすれすれを電車が通るアルヒル桟道橋は、カンチャナブリの見どころの一つ。減速した電車で通るだけでなく、電車の通らない時間は歩いて渡ることもできます。さらには、小高い丘の上に立つ寺院、ワット・タムカオノイもぜひとも訪れたいスポット。迫力満点の仏像と、そこから見える街の景色は、きっと旅の思い出に残るはずです。

みんなのクチコミVOICES