マレーシア

マレーシア
現地オプショナルツアー

東南アジアの人気観光国、マレーシアの各都市のオプショナルツアー。マレーシアの首都、クアラルンプールを始め、ボルネオ島の自然が魅力のコタキナバル、マレーシアのリゾート地、ペナン島やランカウイ島など、魅力が詰まったエリアが多数。クアラルンプールならブルー、ピンク、ホワイトなどカラフルなモスク巡りに、高層ビルから見下ろす夜景や夜の噴水ショー、バティック工場で染物体験など大人から子供まで楽しめるスポットが盛りだくさん。クアラルンプール郊外には、ヒンドゥ教の聖地と言われているパワースポット「バトゥ洞窟」にスペインやポルトガルの支配時代の歴史を残す世界遺産の街「マラッカ」、巨大な岩山の中の洞窟寺院を見られるマレーシアの古都「イポー」など、歴史ある街が点在しています。

ツアー一覧 (全79件)

マレーシアオプショナルツアーの口コミ・評判

  • 具体的で現実的な貴重な経験が出来ました

    5.0

    日本ではマレーシア移住、ロングステイに関して、やたら華やかに放送されていている昨今。現実は、そんな上手く行くかな?との想いもあり、百聞は一見にしかず、自分の肌で感じてみようと応募しました。 私自身、英語力はなく、よく学校を卒業することが出来たな〜という感じのレベル。 また、機械音痴で、スマホ操作も子供に聞きながら… ツアー申し込みも、なかなか上手くいかず、諦めかけていましたが、繋がってから、ガイド予定の方の細かい配慮もたくさんあり、安心して当日を迎える事が出来ました。 ツアーは、勿論、日本人の方で、日本人の感覚もわかって下さる方で、具体的に細かく現場を見学したり、細かい解説もして下さいました。 スーパーに行ったりもし、こんな事まで付き合ってくれるのか〜と驚きました。 治安、病院の現実、住居、金銭感覚、買い物、 水道光熱関係、自分の経験なども踏まえて、とても、わかりやすく、具体的かつ、現実的で、自分にとってのメリット、デメリットを整理する事が出来ました。マレーシアが自分にとって、とても近いものになってきました。新婚旅行以来の海外。観光ではないだけに、貴重な体験でした。絶対に、またマレーシアに行きます‼︎ロングステイを憧れで終わらせたくない方、絶対お勧めツアーです。

    続きを読む

  • 行って良かったが少し高い

    3.0

    ブルーもピンクも素敵で行って良かったです。 ランチも美味しかったし、量もたくさん出てきて、円卓でしたが遠慮なく沢山食べられました。途中船の時間に間に合わないから、順番を変更するとのことで、ランチが最後になりました。8:30集合でランチは14:30頃になり、結構な空腹感でモスクを見て回りました。元々このツアーはホテル送迎とあっりましたが、7組の参加で近い所の人達は近隣ホテルの集合となり、自分のホテルには来てもらえませんでした。更に日本語ツアーと聞いていたがモスクの説明は現地の方にバトンタッチで英語になり分からなかったです。日本語ツアーだったので参加したのに、意味が違う…連れてってくれる方は日本語で説明があり、いろんな話をバスの中でしてくれて、楽しかったのですが、肝心のモスクについては現地の方にバトンタッチされては、日本語ツアーとは言わないと思います。たまたま英語のわかる方が同じツアーにいたので教えて頂きました。そう考えると、金額が高いと思いました。

    続きを読む

  • 2大モスクを効率よく回れた!

    4.0

    クアラルンプールに行ったら、どちらも必ず行きたい場所だったので効率よく回れた! まわる順番は「アート→ブルーモスク→ピンクモスク→船→昼食→ホテル」の順。最初のブルーモスクはオープンしたてで人がいない幻想的な雰囲気の写真がとれた。熱心に話してくれるモスク専門のガイド(英語)の人で時間が押して、ピンクモスクに着いたのは12:30の見学終了時間があるが、12:10だった、ギリギリ!でもピンクモスクは確かにブルーより人気があり、人がたくさんいるが専門のガイドが付いてくれる訳でないし、ローブを着て写真を撮るだけなら20〜30分でも充分だと感じた。何よりローブがブルーモスクより厚手で重い。どちらもそうだが、髪の毛を出すと注意される。しかし、みんな前髪だしたり、テキトーな感じで写真を撮っていた。イスラム教ではないから、入れる場所も決まってるし、厳重ではないのかも。船は冷房効いていて助かった! ご飯は看板が「海鮮料理」と書かれているが、ガイドの説明通り「中華料理」日本人の口に合う中華。助かる… 1番残念なのはガイドの声が小さいから、11人位しかツアーに参加してないのに。バスの5列目程しか埋まってないのに、全く説明が聞こえなかった!一所懸命話してくれてるのに残念だった。マイクを使うなりして欲しかった!

    続きを読む